• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『とびひ』 について、である。

特にアトピー性皮膚炎のこどもは乾燥の目立たない夏も皮脂が少ないため、
皮膚のバリアー機能が低く、 湿疹・あせも・とびひ、などが出来易い。

 『保湿剤の塗り方①』 参照。


夏も 『保湿剤』 は必要である。




↓ クリック宜しくお願い致します。
  

-----------------------------------------------------------------------------

伝染性膿痂疹 とびひ

『とびひ』 とは民間で言われる俗名で、正式病名は伝染性膿痂疹=
でんせんせいのうかしん、である。

細菌による皮膚の感染症である。

黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌(溶連菌)などが原因菌である。

接触によってうつって、『火事の飛び火』 のようにあっと言う間に広がるため、
例えて 『とびひ』 呼ばれる。

擦り傷・虫刺され・湿疹など 皮膚のバリアーの壊れた所 から
細菌が入り込み、感染が起こる。

また、鼻孔の入り口には様々な細菌が常在しているため、
幼児・小児で鼻を触る・ほじる癖があると、鼻の周囲にとびひが出来たり、
その手であせも・虫刺されなどをいじる事で、とびひになる。

黄色ブドウ球菌は、『表皮剥脱毒素』 を産生するため、
多くのとびひの始まりは 『水ぶくれ』 で始まる。

水ぶくれは簡単に破れて、赤むけ(びらん)となり、周辺に新しい病変を
作ったり、飛び火する。

tobihi2

tobihi

tobihi1


とびひは痒みが強いので、抗ヒスタミン薬の内服をさせて、
かきむしらない様に、病変の広がるのを押さえてあげる事も
大切である。

特に、夏は入浴し、皮膚を清潔にする方が良い。

とびひが発症した場合も、発熱などの全身症状がない限り、入浴させ、
泡だてた石鹸で病変部をそっと丁寧に洗う。

湯ぶねには入らず、シャワーを使う。

入浴後は、浸出液などが周囲に接触しないように、患部に軟膏の外用、
ガーゼなどの保護処置が必要である。

その他、鼻孔に指を突っ込まないように指導する、手洗いの励行、
爪を短く切る、掻かせないようにする、などして、病変を掻破・拡大しない
ようにする事が大切である。

治療して、病変部をガーゼ・包帯できちんと覆って露出していなければ、
多く場合、登園・登校する許可を得られる。

病変が広範囲の場合は休ませる方が良い。


治療は、抗生物質の内服 が基本である。

とびひは表在性の皮膚感染症である事から外用療法のみで十分である、
と言う意見もある。

確かに病変が軽くて、範囲も狭い場合は、外用剤のみで治る事もある。

しかし、とびひは小さなこどもに多く、病変に触れないように注意しても
自制出来ない事、症状も強く再発も多い事、などより内服治療が望ましい。


治療を開始して数日で改善する事が多いが、あまり早く内服を中止すると
容易に再発するため、1週間から10日続ける必要がある事が多い。

3-4日して改善傾向のない場合は、内服中の抗生剤が、細菌に対して
効果がない(耐性菌=MRSAなど)可能性があるため、
抗生剤の種類を変える必要がある。

その際、菌の培養と感受性(抗生剤が効くかどうか)の検査をする必要がある。

同じ事は、外用剤でも同様である。

ちなみに外用剤で一般的によく使われている 『ゲンタマイシン』 には、
既に60-70%位の耐性菌が存在すると言われている。


『ステロイド剤は症状を悪化させるので、使わないようにしましょう』
という指導をしている病院もあるが、アトピー性皮膚炎でバリアー機能低下
による湿疹より発生しているとびひの場合は、ステロイド剤により湿疹を
改善させないと、とびひも治らないため、適宜ステロイドも使用する。

これらは病変の程度、改善具合、などより、医師の指示に従うべきである。





今回は、いわゆる 『カゼ』 について、である。

 『カゼは空気感染?』
 『冬の病気・予防と対策 かぜ』 も参照。





 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

こどものカゼについて


小児外来を受診する7-8割のこどもは 『発熱』 のためであり、その原因の
殆どが、いわゆる 『カゼ』 = 『風邪症候群』  である。

小児一般外来は 『カゼ外来』 とも言えるが、もちろん発熱にはいろんな原因があり、
感染症・自己免疫疾患・悪性腫瘍・アレルギー、など多くの病気で発熱を伴うため、
その中から 『カゼ』 以外の重症の病気のこどもを拾い出す作業が大事である。


『カゼ』 は、一般的に、上気道 (鼻・咽頭・喉頭など)の急性炎症を
呈する疾患の総称である。

kaze2


『カゼ』 は独立した病気ではなく、鼻から気管支にいたる気道粘膜の
急性炎症の総称で、厳密に言うと、『急性鼻炎』 『急性喉頭炎』 など
の病名となるが、それらは殆ど同時に症状が現れるため、区別も難しい。

つまり、原因の種類に関係なく、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・喉の痛み・
咳・痰などに加え、発熱・頭痛・全身倦怠感・食欲不振などの全身症状
を伴うものを一括して 『風邪症候群』 としている。


カゼの原因の 80-90%以上はウイルス である。



kaze




『カゼ』 といっても、咳・鼻水・下痢・発疹など、症状が多彩 であり、
そもそも 『ウイルス』 といっても、麻疹・手足口病・プール熱・
流行性耳下腺炎、などと病気自体の 種類も非常に多彩であり、
咽頭炎、腸炎、肺炎、髄膜炎、などと、ウイルスの好きな・攻める
部位も多彩 である。


『ウイルス』 には 200種類以上 あり、ウイルスの種類により
若干症状の特徴が見られる。


『ウイルス』 には、種類が多いため、いろんな種類の 『カゼ』 を
何回もひく
 羽目になる。



そもそも、感染症は大まかに言うと、『細菌』 と 『ウイルス』
の2大原因に分かれる。

 『細菌とウイルスの違い』 参照。


その他、カビ(真菌)、原虫とかも居るが、日常の発熱の原因としては少数派である。


『カゼ』 の原因の殆どはウイルス感染であり、
抗生剤は効かない。


 『細菌と抗生物質』 参照。


抗生剤は 『細菌』、いわゆる 『ばい菌』 にのみ有効である。

重症な細菌感染症の場合は、点滴による抗生剤治療の対象となる。



抗ウイルスの薬があるのは、インフルエンザウイルス、水痘(ヘルペスウイルス)、
HIV、サイトメガロウイルス、位であり、その他の数百種類のウイルスには
特効薬が無い


いつも、本人の治癒力で治している。


生命を脅かすウイルス感染症で無い以上、『待てば治る』
という考え方で良い。


ただ 『カゼ』 で弱って、細菌感染症を併発する事はある。


『カゼ』 は万病のもと ではある。


ちなみに、『カゼ薬』 は咳・鼻水などを抑えるのみの対症療法であり、
普通の点滴には 糖分と水分 しか入っていない。


点滴で脱水症の改善は図れるが、ウイルスは倒せない

 『点滴について』 参照。


『カゼ』に抗生剤は効かない、
カゼ薬・点滴では『カゼ』は治らない、
   のである。





インフルエンザが流行中である。

今回は、インフルエンザと 『タミフル』 『リレンザ』 についての簡単なまとめ、である。



インフルエンザの情報については、

 『インフルエンザ』 
 『インフルエンザ 感染の予防』  


インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、

 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』  
 『14歳男子 タミフル服用せず飛び降り』
 『タミフル服用10歳未満でも異常23件』
 『タミフルで異常行動、インフルエンザ無関係』 
 タミフル:異常行動との因果関係 決着つかないまま


その他のインフルエンザ関連の記事では、

 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『リレンザと異常行動』           など参照。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

インフルエンザは 『カゼ』 の1種であるが、全身症状が強い。

高齢者、呼吸器・循環器などに慢性疾患を持つ患者さん、免疫機能が低下している患者さんでは、
原疾患の増悪とともに、呼吸器に二次的な細菌感染症を起こしやすくなる事が知られており、
入院や死亡の危険が増加する。

小児では、中耳炎の合併、熱性痙攣、気管支喘息発作を誘発する事もある。

確かに要注意なウイルスではあるが、健康な成人・こどもの場合は、基本的に 安静 で
乗り切れる。

もちろん、脱水、細菌の混合感染などには注意しないといけないが。

全身症状が強くてグッタリ、基礎疾患があるなどの場合は、抗インフルエンザ薬の適応となる。

抗インフルエンザ薬には、内服薬の 『タミフル』 と 吸入薬の 『リレンザ』 があり、
『リレンザ』 は 5歳以上 の適応がある。

『タミフル』 は異常行動の危険があり、10代の使用は原則控える 事になっている。

当初の動物実験結果より 1歳未満も安全性が認められていない
(最近実験結果が誤っていた事が発表されたが適応については今の所そのままとなっている)

『タミフル』 が異常行動を起こすかどうかははっきりしていないが、インフルエンザ感染単独で
異常行動を起こす事が知られており、『タミフル』 が異常行動を後押しする可能性は否定出来ない。

『リレンザ』 での異常行動の報告もあるが、吸入薬であり、理論的には 『タミフル』 より
全身性の副作用は少ない可能性はある。

しかし、処方数が増えれば、『リレンザ』 も異常行動の報告は増えるであろう。
(タミフルは延べ3600万人もに処方されている)


実際問題、抗インフルエンザ薬は、使用のメリットがあると考えられる場合に限り、
使用する方が良い。

そもそも、 『タミフル』 の有効性が低いと考えられているのは、
発症してから48時間以上経っている場合インフルエンザB型
などであり、『リレンザ』 は 『タミフル』 よりインフルエンザB型にも効くとされる。

『リレンザ』 は しっかり吸入出来るか も問題となる。

基礎疾患のない健康なこども、全身状態が良好な場合 は、
抗インフルエンザ薬を使用するメリットは低い。

ただし、全身状態の評価というのは、主観が入るため、かなり難しい。


まとめると、

・インフルエンザは抗インフルエンザ薬無しでも大抵は治る病気である。
グッタリする、全身症状が強い時に 抗インフルエンザ薬の使用を考える。
10代にはリレンザが無難、5歳以上でしっかり吸入出来れば使用を考える。
・異常行動は薬の使用の有無に関わらず要注意である。脳症にも注意である。




今回は、インフルエンザウイルス感染とその治療について、である。



インフルエンザの情報については、

 『インフルエンザ』 
 『インフルエンザ 感染の予防』  


インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、

 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』         
 『14歳男子 タミフル服用せず飛び降り』
 『タミフル服用10歳未満でも異常23件』
 『タミフルで異常行動、インフルエンザ無関係』


その他のインフルエンザ関連の記事では、

 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』           など参照。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

インフルエンザが流行ってきている。

例年より早いペースであり、年末年始が心配である。

インフルエンザの治療の基本は、他のカゼと同様に 安静 である。

基礎疾患の無い普通のこどもなら、グッタリ、意識が怪しい、脱水に陥る危険がある、
咳などが酷い、という事で無ければ、安静と水分・栄養補給でしのげる。

今年の前半に騒がれた 『タミフル』 については、未だ添付文書において、
10歳以上の未成年 の患者においては、因果関係は不明であるものの、
本剤の服用後に異常行動を発現し、転落等の事故に至った例が報告されている。
このため、この年代の患者には、合併症、既往歴等からハイリスク患者と判断される場合を
除いては、原則として本剤の使用を差し控える こと。
また、小児・未成年者については、万が一の事故を防止するための予防的な対応として、
本剤による治療が開始された後は、(1)異常行動の発現のおそれがあること、
(2)自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間、保護者等は小児・未成年者が
一人にならないよう配慮することについて患者・家族に対し説明を行うこと。
なお、インフルエンザ脳症等によっても、同様の症状が現れるとの報告があるので、
上記と同様の説明を行うこと』 となっている。

『タミフルと異常行動』 でも書いた通り、タミフル内服無しでも
1割ほどに異常行動 が起こるとされている。

当然、10歳未満にも起こる

インフルエンザの流行時期は、発熱時は、こどもの言動に充分注意する必要がある。


10代のこどもでグッタリ気味の場合は、抗インフルエンザウイルスの対象となる事もあるが、
その場合は、『リレンザ』 を選択する事が多くなる。

『リレンザ』 の弱点は、吸入がちゃんと出来るかである。

グッタリしたこどもには、なかなか難しい。

 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』   参照。


しかし、リレンザもタミフル同様、処方が多くなれば、そのうち、マスコミに叩かれる・・・。

事実は別として、インフルエンザの患者さんに使えば、一定頻度で異常行動は起こる
のであり、その場合に使用されていた薬剤は 『クロ』 にされる可能性がある。


まず、安静・・・・つらそうなら、1歳から4歳までは 『タミフル』、
5歳以上は 『リレンザ』 が現実的な対応であろう。






今回は、細菌に対する抗生物質の作用について、である。

何故、抗生物質は人の細胞を壊さないのか?


 『細菌とウイルスの違い』 も参照。





 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

細菌と抗生物質

細菌は自分の細胞を持っているので、抗生物質でやっつける事が出来る。

抗生物質は、細胞の構造を利用して作用するため、細胞がないウイルスには効かない。

抗生物質は、多細胞生物である人間が真核細胞(遺伝子が膜で覆われている)
であるのに対し、細菌が原核細胞(遺伝子が膜で覆われていない)であるため、
両者の間の多くの異なる点を利用して 細菌にだけ効く ように
作られた薬である。

つまり、抗生物質は体内に居る病原微生物のみを殺すための薬であり、
人間の細胞には害を与えず、病原微生物のみに作用しなければならない。

そのため、抗生物質は、病原微生物のみに存在する構造や代謝経路に
働きかけて、それを破壊するものである事が望ましい。

ペニシリンなどのβ-ラクタム系抗生物質と呼ばれる薬は、細菌の
細胞壁を作る働きを止める 事によって効果を発揮する。

人などの動物の細胞には細胞壁は無い。

抗生物質の作用で細胞壁を合成出来なくなった細菌は、分裂しようとする時、
細胞壁の編目をきちんと作り上げることが出来ないため、浸透圧に
耐え切れず破裂する。

細菌により細胞壁の構成が異なるため、抗生剤の効果に差が出る。


それ以外にも、様々な抗生物質の作用機序がある。


・蛋白質合成系へ作用する抗生物質。

全ての細胞は遺伝子によって支配され、遺伝子は蛋白質を合成するための
情報を細胞内に送り出すことによって機能を発揮している。

細胞内で遺伝子からの情報にもとづいて蛋白質を合成するための装置が、
リボソームという粒子であるが、細菌のリボソームは、30Sと50Sという
粒子から成り、動物細胞のリボソーム(40Sと60Sのサブユニットから成る)
とは異なっている。

その違いを利用して、細菌を倒す薬剤である。



・DNA複製阻害する抗生物質。

細菌のDNAは、動物と違い閉じた環状の分子であり、DNAを複製するため
の仕組みが動物と違っているため、その違いに作用する。



・葉酸合成阻害する抗生物質。

葉酸はアミノ酸を作るために必要な補酵素である。
動物は体外からビタミンとして摂取した葉酸を使って生きているが、
細菌は自分で葉酸を作らなくてはならない仕組みになっているため、
葉酸合成の代謝経路にある酵素を阻害する事で細菌を倒せる。





けいれんの対処法については、
『けいれん時の対処法について』 参照。

こどものけいれんの原因で最も多いのは、『熱性けいれん』 である。

今回は、『熱性けいれん』 について、である。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

熱性けいれん


熱性けいれんは日常よくある病気である。


ただ、けいれん発作は見た目に派手で、親御さんは命の危険を感じる事も多いが、
単なる熱性けいれんのみで頭に障害が残る事は無く、
けいれん時間が長い、髄膜炎・脳炎によるけいれん
誤嚥による窒息、など、重症な病気・重症なけいれん発作の場合にのみ
危険がある。


初めて起こす、熱に伴うけいれんの場合、
単なる熱性けいれんか、髄膜炎・脳炎か、
しっかり判別しなければならない。



症状としては、発熱に伴い、意識が急に無くなり、白目をむき(眼球上転)、
唇が青紫になり(チアノーゼ)、全身が硬直、
手足がピクピクと周期的に震える事が多い。


通常は2-3分でおさまり、その後寝てしまうことが多い。


意識があり、小刻みに震えているものは高熱による悪寒戦慄の可能性があり、
震えが手で押さえて止まる のは悪寒戦慄の事が多い。


頻度は、日本では、7-10% と言われ、10-14人に1人に起こる

大体、こどもの 10人に1人 くらいはけいれんを起こす。

その内、70-80%が熱性けいれん である。

qw



生後6ヶ月~5歳で見られる事が多い。


60-70%の児では再発せず1回だけで終わり、
30%は2回、9%が3回以上の再発をする。


多くの児では1回だけであるが、
2回起こしたこどもでは、3回以上起こすと考えた方が良い



1年以内に70%、2年以内に90%が再発する。


再発の危険因子として、熱性けいれんの家族歴がある、熱性けいれん複雑型、
熱性けいれん発症以前の神経学的異常・発達遅滞、等がある。

熱性けいれんの場合、年齢が進めば発作は無くなる。


熱性けいれん複雑型とは、

・けんれん発作が6ヶ月未満・6歳以上、
・部分発作(身体の一部だけ)・左右対称でない、
・20分以上の発作持続、
・24時間以内にけいれんを繰り返す、
・てんかんの家族歴がある、
・発作終了後に意識障害がある、
  などである。


特に、熱性けいれん複雑型の場合は、
再発の可能性・てんかんの可能性も高く、
脳炎・髄膜炎によるけいれんかどうかもしっかり見極める
必要がある。



熱性けいれんからてんかんへの移行率は2-4%、
一般人口におけるてんかん有病率0.5%に比べると少し高くなる。


ただし、熱性けいれんを起こすとてんかんになる訳ではなく、
てんかんを発症するような素因を持つこどもでは
幼児期に熱性けいれんを起こし易い、または発熱により、
てんかんのけいれん発作が誘発されている、

と考えられている。


熱性痙攣の予防は、
基本的に2回目発作以降より予防となる。

家族の希望が強い、熱性けいれん複雑型の場合は、
1回目の発作から使用する場合もある。

実施期間は通常 2年間、もしくは4-5才までを目標とする。


ダイアップ座薬予防投与は、タイミングさえ逸しなければ、
熱性けいれんの再発予防には極めて有効である。


副作用として、眠たくなる、一過性のふらつき、興奮を認める。


解熱剤の坐薬を併用して使用する場合は、ダイアップ座薬投与後、
少なくとも30分以上間隔を空けて使用する。


万が一のけいれん時に使用する為に、予備としてダイアップ座薬を処方
することもある。






今回は、乳児に多い 『先天性股関節脱臼』 について、である。




 ↓ 応援して頂けると嬉しいです。クリック宜しくお願い致します。
   

---------------------------------------------------------------------------

先天性股関節脱臼

股関節がずれたり、外れたり、などの脱臼の症状を起こす病気で、
完全に外れている完全脱臼、関節が外れかかっている亜脱臼、
股関節の屋根に当たる部分の発育が悪い股関節臼蓋形成不全、の3種類がある。

一般的に、先天性股関節脱臼は 女児 に多く、男児の約10倍の頻度で起こる。
また遺伝性があるといわれている。

我が国において、以前は先天性股関節脱臼の発生率は2%程度であったが、
オムツや意識の変化などで現在では 0.2~0.3% と推定されている。

先天性股関節脱臼を発症した赤ちゃんを出生した月別に検討すると、
6月が最も少なく、11月から2月の 冬場 に産まれた赤ちゃんに発生率が高い
事が明らかになっている。これは寒い時期には赤ちゃんに 厚着 をさせるため、
下肢の自由な運動が妨げられている事が影響していると考えられる。

先天性股関節脱臼が発見されるのは3~4ヵ月の乳児健診の時が最も多い。

赤ちゃんは脱臼が起きても、痛みもなく、泣いて訴えるという事はない。

痛みはないが、放っておくと関節が変形する事もある。

一般的には、左右の太もものシワの数などで、気付かれる事が多い。


症状 としては、

・膝を曲げた状態で股を拡げた時に股関節にポキポキ、コリッという音がする。
・両足を曲げて、膝が外側を向くように拡げてみると、開きが悪い
・両足を揃えると太もも・お尻の シワの数が左右で違う
 左右の足の長さが違う
・歩き始めが遅い。足を引きずるように歩く。


なお、両側とも脱臼がある場合は、これらの症状は、はっきりしない。


『先天性』 という名がついているが、9割以上は後天的なものである。
生まれた時、既に脱臼が完成している場合は少ない。

生後間もない赤ちゃんを裸にしてあおむけに寝かせてみると、
膝を曲げ、股を開いてカエルのような格好をしている。
股を中心に M字形 になっている、このスタイルが赤ちゃんにとって
一番無理のない、自然な姿勢 である。

赤ちゃんはもともと関節が緩いので、股関節も外れ易く、無理に真っすぐに
させたり、この姿勢を妨げるような形のおむつ・衣類を付ける事で、
股関節の脱臼が起こりやすくなる。

新生児時から股関節を自然な格好に保つ事で、ある程度は脱臼が予防出来る。

cdh


股関節脱臼かどうかはレントゲン写真撮影で解る。

超音波による先天性股関節脱臼の診断も拡まってきていて、
まだ骨に成長せず軟骨が殆どの乳児には有効な診断法である。

早くに見つかった軽度の脱臼・脱臼が疑わしいという程度の場合は、
当面、おむつの当て方・赤ちゃんの抱き方に気を付ける。

オムツ変えの時は赤ちゃんの両足首を持って持ち上げたりせず、
おしりの下に手を入れて腰から全体を持ち上げるようにする。

完全脱臼の場合・オムツ・抱っこの注意だけでは治らない場合は、
治療用の装具をつける。

この装具は、『リーメンビューゲル』 といい、簡単なバンドを肩から
足にかけてつるし、自然に脱臼が治るように工夫されたものである。
装着期間は平均3~4カ月で、生後3~6カ月の間にこれをつければ、
関節がはずれかかっているだけの亜脱臼で100%、完全脱臼でも90%が治る。

装具をつけてもよくならない場合は、牽引といって、足を引っ張る治療をする。

それでも治らない場合は手術が必要になるが、頻度は低い。

歩き始めてからの治療は一般に難しく手術が必要になる場合も少なくない。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。