• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『小児科医』になった理由は大きく分けて2つある。

1つは、『欲張り』 なため、
もう1つは、『こどもが好き』 だからである。


『欲張り』 と言っても、金銭的な問題では無い。
むしろ小児科は儲からない。しかも大変忙しい。

全人間的に診療したい からである。


耳鼻科、眼科の場合、専門性は高いが、専門以外の疾患は診れない。
(診ない? と言った方が良いか)

内科でさえ、大抵の病院では細分化され、
咳は呼吸器内科、腹痛は消化器内科、貧血は血液内科、
などと回されることが多い。

つまり、科自体が変わってしまうのである。


もちろん、小児科でも、手術 とか、
白血病などの専門性の高い重症な病気 になれば、
その後に、外科・耳鼻科など手術をして頂ける科、
より高度な小児医療の出来る病院に転院する事はあるが、
通常の場合、こどもであれば
健診でも尿路感染症でも先天性心疾患でもカゼでも診てあげられる。


目やにでも湿疹でも頭をぶつけたこどもでも何でも診る。

とりあえず、小児科にかかってもらっている。

こどもであれば、全部診る事が出来る。


研修医時代の話だが、中年の女性で下腹部痛の患者さんが来られた。

原因がはっきりせず、内科に相談したら 『外科疾患はどうか?』 と言われ、
外科に相談したら 『婦人科疾患は否定してあるのか?』 と・・・。
婦人科に相談したら 『泌尿器科かも?』 、
泌尿器科に相談したら 『内科でしょう』 と・・・・。


小児科なら、とりあえず、引き受けて診てあげれる。


これも小児科にしようと思った1つの理由である。


しかも、生まれたての赤ちゃんから大人のような中学生まで、
体重で言うと、500gの未熟児から80kgを超える中学生まで診る事が出来る。


また、『こどもが好き』 じゃないと、小児科医などやってられないと思う。


泣き声を聞く事も多いし、病気のこどもは言う事も聞かない。

自分を犠牲にして重症の児に何日もその児のベッドサイドに付き添うのも、
『好き』だからこそ頑張れると思う。


また、こどもには未来がある


治してあげれれば明るい未来が待っているし、
そういう意味でも責任は重い。




 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   




はじめに

自己紹介

自分は、総合病院 小児科に勤務している小児科医である。

現在は、ある市内で最も大きな小児科の規模を誇り、
小児救急とNICUを掲げている病院で働いている。


仕事は大変忙しいが、その分やりがいも多い。

以前の病院は、かなり忙しく、幾多の修羅場をくぐってきて、
様々な病気も診てきたつもりである。

世界で何例かしかない病気も診る事が出来た。


専門領域は、『感染・免疫・アレルギー』、『新生児』、『救急医療』、であるが、
いわゆる市中病院(大学病院、小児病院以外の病院)では、
あらゆるジャンルのこども達を診ている。

要は 『何でも』 診なければならない。


救急処置で、文字通りこどもを 『救命』 する事も大事で、
実際、1000g以下の超低出生体重児、重症な新生児仮死のこども、
心肺停止・痙攣重積のこども、などは 『助けた!!』 という感が強い。


しかし、時間的には 『緊急の疾患』 でなくても、
どうしたらいいか悩んでいる患者さん、親御さんは、
それ以上に何十倍も何百倍も多いはずである。

その人達の助けになる事は、もっともっと大事だと考える。


このブログの記事が何かその助けになれば幸い、と言う事で書き出した。


なので、

何か聞きたいこと、分からない事があれば、
御気軽にコメントまで。





 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。