• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



運動会シーズンが近づきつつある。

練習で転んだりして 『キズ』 が出来る事もある。

今回は、『キズの手当て』 について、である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------


『キズ』 の手当て


『キズ』の手当てについて、『湿潤療法』 という方法が広まりつつある。


簡単に言うと、

『キズを乾かしてはいけない』

『キズを消毒してはいけない』



例えば、転んで膝を擦りむいた時、誤って包丁で指を切ってしまった時、
消毒してはいけない。ガーゼを当ててはいけない。

傷を水道水でよく洗って、台所用のラップでも何でもいいから、
とにかく傷が乾燥しないようにする。

もちろん、出血していれば止血は必要である。


もともと皮膚には 乾燥は大敵 であり、
ましてや怪我をして外に露出した細胞を乾かすことは有害でしかない。


乾燥した状態では、どんな細胞も生きていけない。
再生出来ない。



キ○ドライをふきかけたり、バンドエイドを貼る事は本当は良くない。

乾燥させると、傷を治そうとしている細胞が死んでしまう。

そのため、常に滲出液を出して湿潤を保つか、
自らの死骸で 『カサブタ』 を形成して乾燥から身を守るのである。


また、傷口の 『ジクジク』 は、炎症を抑えたり、
傷を治す成分そのもの
 であり、
体自身が自分を治そうと必死で 『ジクジク』 させている。

要するに 『ジクジク』 した状態というのは、
傷口を治す細胞にとって 最も働きやすい状態 であり、
まさに働いている最中でもある。


『化膿している』 『ばい菌が入ってジクジクした』 訳ではない。


ガーゼでこの 『ジクジク』 を吸い取ると、治るのが遅れるし、
ガーゼが傷口にくっつくと、剥がす時に痛いし、
せっかく再生した表皮が剥がれてしまう。


さらに 『消毒』 が不要な理由としては、
もともと傷口に毎日バイ菌をなすりつけても治る、という事がある。


実際、唾も便もバイ菌だらけにも関わらず、口の中の傷もお尻の傷も普通に治る。


そもそも、傷口を 滅菌(菌を0にする事)する事は不可能 である。


滅菌するためには非常に強力な消毒方法を用いる必要があり、
とても人体には使用出来ない。

また、仮に一度滅菌出来たとしても、
傷口の周囲には無数のばい菌が存在しており、すぐに傷口で繁殖する。


つまり、普通の消毒薬の殺菌力では、傷口のばい菌を取り除けない。
しかし、その消毒薬で傷口の人間の細胞は簡単に死んでしまう。

消毒で傷口のばい菌を減らしたとしても、その効果が持続するのは数分間で、
ばい菌はすぐに増殖する。

そもそも、ばい菌は傷が治るのを邪魔していないため、
消毒は 『無意味』 どころか 『害』 となっている。


実際の方法については、
『キズ』の手当て 実際の方法 参照


形成外科専門医の夏井先生のサイト 
  『新しい創傷治療』  参照
  幼稚園など向けパンフレット



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。