• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



秋篠宮妃紀子様が本日9月6日 8:27に帝王切開術で男児を出産された。
母子共に御元気なようで何よりである。

いくつか『思った事』を書いてみる。
本当に今日感じた事だけで何の参考にもならないが・・・・。

-------------------------------------------------------------------------------


1つ目は、『こどもの産み分け』である。

恐らく、今回の御出産に関して、男女の赤ちゃんの 『産み分け』 について、
何か特殊な措置はとっていないと思う。


以前、『愛子様』 が御生まれになった時に、

『今の日本の医療技術では、
男女の産み分けは無理なんだ』


と、しょうもない事を感じていた。


『産み分け』 にはいろんな方法があり、
人によっては80-90%の確率で成功すると言っているが、
もし実際にそれ位の確率で出来るなら、
あの時、『男児』 が生まれていただろう。


今回は 『産み分け』 で男児が出来たとすると・・・・そんな事を考えると
何かミステリアスで興味深い。


もう1つは、御生まれになる前に御両親は、

『性別も障害の有無も知りたくない』

と仰っていたという事である。

そんな事は関係無く自分の児を愛する、という意味だが、やはり感慨深い。



さらに、臍帯血バンク にも臍帯血も提供された。
 

臍帯血は、白血病患者さんなどにとって移植は最終治療の事が多く、
その移植に臍帯血が使用出来るため、バンクに多数登録される事は、
これらの患者さん達には大きな意味を持つものであり、
これにより普及すると良いと思う。



もう1つ、『やっぱり愛育病院の先生は手術が上手いんだな』 と思った。

部分とはいえ、『前置胎盤』 の妊婦さんの、
しかも 『秋篠宮妃紀子様』 のお腹を切り出して、
僅か4分 で御出生である。


こんな事を感じた御出産であった。




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
再びコメント
2度も失礼します^^;。
とても興味深い記事ですね。
本当にどの記事も大変勉強になります。
紀子様ご出産に関しては同じような時期に妊娠中だった私はとても関心がありました。
私個人としては、紀子様ご夫婦は「産み分け法」実行したのではないかと思っていました。皇室という特殊な世界に嫁いだ以上、男子を産むのは暗黙の了解で、それは次男の嫁としても有りなのではないかと・・・。
雅子様がお気の毒にもああいう状態である以上、紀子様にも白羽の矢が飛んだのでは・・(汗)。。

ただひとつ言いたいのは、女性は子供を生む道具ではないということ。
皇室を見ていると、どうしてもそう思ってしまい切なく思う今日この頃です(話がずれてしまいました^^;)
実は男性不妊が多い昨今、子供ができない原因が女性だけにおもわれがちなのが遺憾なのでした。

雅子様・・・早く良くなってくださいね~!
2007/01/17(Wed) 23:56 | URL  | すもも #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/01/08(Wed) 20:23 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。