• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



一般の人には馴染みが無いかも知れないが、医者は大抵、
大学の医学部の 『医局』 というものに属している。


『医局』というものが親会社で、各病院が子会社のようなもので、
『医局』 から医者は派遣されている。


公立病院・私立病院、大きい病院・小さい病院、などの関係無く、
『医局』 が 『関連病院』 として医者を送っている。


『医局』の良い所は、その病院の特性、医者個人の特性・専門性を
ある程度把握しており、足りない部分を補うべく人事異動が出来る点である。

ある先生が開業されれば、人数・レベルを補うべく医者を派遣する事が出来る。

もちろん、代わりが居れば、だが。

また、こういう病院に行きたい、こんな研究がしたい、ここら辺に行きたい、
などという希望が言える事もある。


ただ、今はその医局制度が破綻している。


どこの 『医局』 も医者が足りないのである。

 『医師不足①』『医師不足②』 参照。


ある病院に医者が足りなくなっても、
代わりの医者を送れない 『医局』 ばかりである。


医者が1人減れば、他の人がその分を補うが、限度を越えるとそれも破綻する。

そうすると、医局の医者が全員引き上げる、
いわゆる『引き上げ』 『撤退』 という状況となり、
その病院にその科の医者が一人も居なくなる、という最悪の事態となる。

これは医局制度の弊害である。


最近は、個人でその病院と契約している医者も多くなってきているが、
良い病院になればなる程、症例も医者も集まり、個人の負担も少なく、
経験がたくさん積める。すると、また集まってくる。


1回人気が下火になると、患者さんも医者も集まらなくなり、
個人の仕事の負担も増え、過労のため1人辞め、また一人辞め、
ある科が無くなり、科が無くなればまた患者さんも医者も来なくなり、
またまた違う科が無くなり・・・・という悪循環となる。


『引き上げ』ギリギリの産婦人科、小児科は多い。


現在は何とかもっているが、一人医者が居なくなれば潰れる可能性がある、
という病院が多い現状である。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。