• 03<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ステロイド軟膏を中止すると 『リバウンド』が起こる?


ステロイド否定派の人が言う『リバウンド』は、
『ステロイド軟膏を中止すると湿疹が悪化する 』という事であるが、
もともとアトピー性皮膚炎の患者さんは、
ステロイドで湿疹などの症状をある程度抑えているため、
中途半端でステロイド軟膏をやめたら当然悪くなる。

これはもともとのアトピーの症状の『再燃』であり、
『ステロイドのリバウンド』ではない。

ステロイドの中止の仕方が適切でなかったために、
単に元に戻っただけである。



『ステロイドのリバウンド』 とは、
主にステロイドの内服・注射での治療をしている時に、突然中止する事により、
もともとの病気の症状以外に、全身的な強い症状が現れる事である。

ステロイドを多量に、長期間に、使用する事で、
副腎機能が低下してしまうために起こる事が多い。


塗り薬で副腎の機能を落とすには、
相当量を連日塗らないと無理である。


こどもではリンデロンVG軟膏クラスで1日1本以上である。

ステロイドの乱用は決して良くないが、
誤解により必要以上にステロイドに対する恐怖感をあおられないで欲しいと思う。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
ステロイド外用剤のリバウンド
そんなことは無いですよ。
当方のブログ御参照ください。
http://blog.m3.com/steroidwithdrawal/20091021/_Dr.Cork_
2009/10/23(Fri) 20:51 | URL  | moto-tclinic #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。