• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アトピー性皮膚炎は遺伝的な体質が関係しているため、
一生治らない病気と思い込む患者さん、親御さんも居る。

実際、短期間で治る病気ではなく、
気長に付き合う覚悟は必要 である。

しかし、アトピー性皮膚炎の患者さんの多くは、乳幼児期に発症するが、
小学校高学年・中学生位までには殆ど症状が無くなる。

思春期に再発したり、新たに発症する患者さんも居るが、
その場合はストレスなどの新たな悪化因子が加わったという場合が多い。


治療の原則はしっかりスキンケアなどの治療をしながら、
自然治癒を待つ事である。



皮膚症状がひどい時期があっても、
大部分のこどもは成長により自然治癒する事が多い。



多くのこどもは、次の 2パターン で改善が見込める。


第一は、1-2歳頃 である。

消化管の機能が強くなり、それまで腸粘膜が未熟なために通過・吸収させていた
卵白のような食物性抗原を通過させなくなるにつれ改善する。

これ以後は、食物性抗原が原因というよりは、
ダニ、ハウスダスト、などの環境性抗原、汗などが悪化因子となる事が多い。


第二は、10-13歳頃 である。

男性ホルモンの作用で皮脂腺から皮脂が分泌され、それまでのカサカサから、
むしろ脂ぎった皮膚となり、皮膚バリアー機能が自然と高まり、
ドライスキンが解消されるためである。


症状があるのは一生ではなく、当分の間と考え、
しっかり治療を継続する事が大切である。


皮膚が痛んでしまうと、時期が来ても治り難くなってしまう。

この辺は、『喘息』 の治療とも似ている。





 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。