• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アトピー性皮膚炎を引き起こす原因としては、様々なものが考えられる。

それらは、大きく分けると 『遺伝因子』 と 『環境因子』 である。

アトピー性皮膚炎は、
もともと 『遺伝因子』 (体質)のある人に、
『環境因子』が加わって発症し、悪化する
 と考えられる。


『遺伝因子』

『遺伝因子』として、現在2つの要因が考えられている。

1つは、『皮膚のバリア機能が弱い』 、
もう一つは、『免疫を調節する機能に問題がある』 である。



『皮膚のバリア機能が弱い』

『皮膚のバリア機能』とは、皮膚の一番外側にある角層が皮膚を保護したり、
水分を保持したりする働きの事である。

アトピー性皮膚炎の患者さんは角質細胞の中の天然保湿因子や、
角質細胞と角質細胞の間にあるセラミド(保湿機能をもつ脂質)の量が
普通の人に比べて少なく、バリア機能がもともと弱い事が解っている。

そのため、皮膚が汗等の刺激を受け易く、また、
細菌等の異物が侵入し易い状態になっている。

q




『免疫を調節する機能に問題がある』

一般にアトピー性皮膚炎の患者さんは、IgE抗体を作り易い体質を持っており、
炎症の経過が長くひどいほど、血液中にIgE抗体が増える傾向にある。

ただし、これはアトピー性皮膚炎の患者さん全員にみられる事ではなく、
また特定のIgE抗体が増えても、症状が悪化しなかったり、
症状が良くなってもなかなかIgEが減少しなかったり、
と症状の経過と一致しない事も多い。

アトピー性皮膚炎におけるIgE抗体は病気を引き起こす直接の原因でなく、
結果をみているだけなのかも知れない。

しかし、診断の参考にはなるので、『有用』 ではある。



『環境因子』

『環境因子』は 『アレルギー反応が関与しているもの』、
『アレルギー反応が関与していないもの』 に分かれる。


『アレルギー反応が関与しているもの』 には、
ダニ、ハウスダスト、食物、細菌、カビ、などの特定の抗原に対する
アレルギー反応、かぶれ、などがある。


『アレルギー反応が関与していないもの』 としては、
汗の刺激、強い乾燥、シャンプーや石鹸などの化学的刺激、
引っ掻くなどの物理的刺激、精神的ストレス、などがある。

これらはいずれもアトピー性皮膚炎を引き起こしたり、
悪化させる原因となるため、『悪化因子』とも呼ばれる。


その他の、『アトピー』 関連の記事も参照して頂きたい。

 『アレルギー アトピー 目次』 参照。





 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
はじめまして、開業獣医師をしています。
現在の小児科医療における「犬、猫の飼育状態とアレルギー性疾患について」の見解をお教え願えますか?。
普段から
「子供がいるが猫を飼ってもよいか?」
「この度子供が生まれるが、既存の動物と共生するに当たって注意する点はあるか」
「アトピーになるのではないか?」
「産婦人科で猫を手放すよう言われた」
などの相談を受けます。
公衆衛生上の問題や寄生虫(特にトキソプラズマについて)は説明していますが、ことアレルギー疾患については年毎に新しい見解が出てくるようです。
「生後数ヶ月の間に猫と接触していた子のほうが猫のフケ、毛に対する反応が少ない」
「犬、猫、ウサギを飼育している環境を比べると猫、ウサギの飼育環境がある方が犬の飼育環境とくらべると優位にアレルギー疾患を認める」
と…
小児科の先生の現在の見解はどのようになっていて、親御さんにどのように説明しているのでしょうか。
ご教授いただけないでしょうか。
2006/09/26(Tue) 11:32 | URL  | islay #h/zMdj96[ 編集]
ありがとうございます。

はじめまして。
忙しくてお返事が遅れました。

「犬、猫の飼育状態とアレルギー性疾患について」ですか・・・。
大変難しい問題です。

御指摘の通り、ペットを飼う事でアレルギーの発生が多くなる・少なくなる、そのどちらも報告があります。
結論が出てないだけに、コロッと言う事が変わったりします・・・・。

ただ、「アトピーになるのではないか?」は、
アトピーとは遺伝・環境要因から来るため、飼うだけでアトピーになるとは思えません。

「産婦人科で猫を手放すよう言われた」
こどもについて言えば、ペットも、優しさ、愛情、豊かな心などの『教育』には必要では無いかと考えます。
今居るペットを手放すのは良くないですので、明らかに遺伝的な、またはこれまでのアレルギー歴がある子供では、極力飼わない、もし飼っているなら、こまめに洗う、寝室には入れない、などの工夫が必要です。

現時点では、毛のあるペットについては、恐れすぎず、でも、すでにアレルギーがある、アレルギーが家族に強い、場合は避けるほうが無難、としか言えません。

あいまいなお返事で申し訳ありません。

また新しい知見が出たら、記事を書きます。

2006/09/29(Fri) 21:57 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。