• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



小児科に限らず、『かかりつけ医』というものは重要であるが、
小児科の場合はさらに重要である。

『かかりつけ小児科』を探した方が良い。


かかりつけ小児科 としては、


①小児科の先生である。

『内科・小児科』 などと複数の科が書いてある病院、
『○×医院』 などと診療科がはっきり書いてない病院などは、
小児科専門の先生で無い事があるので、一度確認してみた方が良い。

  『標榜科』とは 参照。


実際の臨床で、
小児科医で無い医者がこどもを診る機会は極めて少なく
経験と言う意味では、若い小児科医にも劣る事が多い。


また、小児科医は小児全般が診れるが、特に専門分野を持っている事が多く、
こどもに基礎疾患がある場合、その分野の専門家である方がなお良い。


所属学会、取得している専門医、経歴、などで大体解るが、
直接、先生に聞いても教えてくれるはずである。



②こども、親御さんともに先生に信頼感を持てる。

医者も人間、患者さんも人間、こどもも人間。
やはり、合う・合わないはある。

はっきり言う先生が良い人 (人によっては怖いと言う)、
優しい先生が良い人 (はっきりしないと言う人も居る)、
老・若・男・女の先生、何となく苦手なタイプ、など、いろいろ理由はあると思う。


こどもにとっても、好きな先生、怖い先生、居るはずである。

『良い小児科とは』 も参考にして頂きたいが、親御さんが相談しやすい先生が良い。

もちろん、こどもの症状を話せなければ診断は付かない。


その他、

・いつでも気軽に診察してくれる。
・聞きたい質問に嫌がらずに答えてくれる。
・最新の治療についてもよく勉強している。
・専門的な治療が必要になったときには、適切な医師を紹介してくれる。

などがある。


かかりつけを勧める理由は幾つかある。


まず、こどもは病気の時だけでなく、健診・予防接種など、必ず小児科にかかる。

病気の時は、かかりつけに通う事で、今までの病気を理解してくれているし、
他の先生より僅かな変化を見抜くかも知れない。

こどもが慣れていて、診察に協力的 である事さえある。


また、こどもはいろんな病気にかかるが、何科に行けば良いか、解らない事も多い。


小児科はこどもの病気を全て何でも診れる訳ではないが、
こどもの事は大抵解る 事が多く、大きなケガで無ければ、
皮膚科・耳鼻科・眼科などへ勝手には行かず、
まずはかかりつけ小児科にかかる事を勧める。

その先生の判断により、他の科への受診が必要かどうか決めてもらったり、
専門の先生に紹介してもらったりすれば良いと思う。


よく病院を転々とする患者さんが居るが、ちゃんと先生に質問したり、
不安を打ち明けたりせずに、転々としている事が多い。


『良い医者』 にめぐり合ってなければそれも仕方無いかも知れないが、
よほどの専門的な病気で無い限り、
まずかかりつけ医で一貫した方針で治療して頂いた方が早く治る近道だと思う。

 『良い小児科医とは』 参照。


その結果、なかなか治らない、なかなか診断が付かない、となれば、
専門の先生を紹介してくれるはずである。

まずは信頼出来る小児科探しが重要 である。





 ↓ クリックで救える命もあります。宜しくお願い致します。
    


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
新設の小児科にいくと、新生児~幼稚園くらいの人ばかりで、小学生が行くのもためらわれる雰囲気だったりします。小児科の学会をみても6歳までの救急ページがあったりして、本当の乳幼児対象が小児科なのかと思ったりしました。中学生をつれて行っても診ていただけるとこちらのブログに書いてあって、なんだかホッとしました。
現在は小児科のかかりつけを探してウロウロしています。先生との相性だけでなく、自宅を出てから帰ってくるまでにかかる時間もけっこう大きなウェイトを持っていると感じます。
子供をまるごと診ていただける小児科の先生には本当に感謝しています。ブログがんばってください できればおねしょのことも書いてほしいかもです^^; 長々と失礼しました。
2006/10/12(Thu) 16:27 | URL  | あざみ #BB/vX.UQ[ 編集]
ありがとう御座います。

日本小児科学会では、成人まで小児科で診ようとうたってます。
現在、喘息、てんかん、心臓病、など成人まで持ち越す病気は15歳を過ぎても、小児科で診ている事が多いです。

ただ、赤ちゃんと中学生は起こす病気も大分違うので、先生によって、得意・不得意があると思います。
思春期のこどもは難しいですので。

『おねしょ』については、またそのうち書かせt頂きますね。

それでは、また。
2006/10/12(Thu) 21:11 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
かかりつけ小児科医について
初めまして。新しい地域に引越したばかりで、かかりつけ小児科医を探している途中で、ブログを拝見しました。
1歳の娘は、入院したことがあり、その時、近所の総合病院の小児科で大変お世話になりました。そこのS先生は、若いのですが非常に熱心で親身になって診て下さるので親子ともに信頼がもてます。でも、総合病院ですので、いつもS先生が診て下さるとは限らず、予約も前日までにしなくてはなりません。また、お薬も、1週間ぐらい出されてこまめに診てもらうことができません(その先生が担当なのが、週2回のこともあり)。
一方、近所の小児科医はかかりつけ医にしようかと数回行っているのですが(評判はよいお医者様です)、何となく質問しづらく、親子ともにいつも緊張しながら受診しています。ただ、健診や予防接種も考えると、総合病院のS先生より、こちらの先生をかかりつけにするほうがよいのではとも思っています。

先日、ちょっと両方をウロウロしてしまい、お薬を変えられたりしたため、今後は一箇所に定めたほうがよいかと悩んでいます(娘は、風邪を引きやすく、すぐに喘息症状が出るのでお医者様にはかかりやすいです)。

長くなってしまいましたが、アドバイスを頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。
2007/08/07(Tue) 10:43 | URL  | hana #-[ 編集]
> hana さん

ありがとうございます。

基礎的な疾患がなければ、入院する事・救急にかかる事が多くなければ、あえて総合病院でなくても良いと思います。

やはり、先生との相性、通い易さ、待ち時間・予約取れるか(これは開業医さんのと総合病院の差が以前ほど無くなってきている)、などで決めると良いと思います。

確かに大きな総合病院ではいつも同じ先生でない事も多いですので、同じ先生が見てくれるメリットはありますね。

僕は先生を信頼出来るか、が1番であると思ってます。

またお願いします。
2007/08/07(Tue) 22:33 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
ありがとうございました。
どうもありがとうございます。まずは近所の開業医の先生を信頼して、いろいろご相談してみようと思います。今後も拝読させて頂きますね。どうぞ宜しくお願い致します。
2007/08/07(Tue) 23:31 | URL  | hana #-[ 編集]
病院の選び方
はじめまして。10ヶ月の娘が下痢で調べてて、拝読させていただいてます。
今、病院をどうするか迷っていて、相談したく、書かせていただきました。

娘の水下痢(約10回/日)とお尻のただれ(びらん)が始まり、総合病院小児科でビオフェルミンと亜鉛華軟膏を処方され一週間、症状変わらずのまま発熱(38.5℃)し、痛み(排便前と排便後)が伴いはじめ、同じ病院で抗生物質をもらいました。
熱は三日で下がったのですが、下痢とただれは変わらず、同じ薬でそのまままた一週間が過ぎ、さすがに不安になり、町の医院(内科・小児科・皮膚科などなど記載してある)に行きました。
そこではあまりにもただれがひどいということで、ビオフェルミン+下痢止めとリンデロンが処方され、毎日処置のため通いました。
三日目ぐらいから皮膚ができてきて、下痢も回数がへりました。
病院を変えて一週間、その医院に月に2回くる皮膚科の先生にも見ていただいたところ、はじめて、顕微鏡で調べてもらいカビがいると言われ、リンデロンをやめ、今アズノールを塗っています。
先に傷を直してから、カビを直そうと言われました。

オムツかぶれとカビはわかりずらいと書いてあったりするので、もしかして最初からカビだったのかなと思うと、早く皮膚科に連れて行くべきだったのか、下痢が治らない以上
しかたないのか・・・
下痢は一週間落ち着いていたのですが、昨日からまた始まり、今日は一回血が混じっていました。
今の医院の先生は話しやすい先生なのですが、たぶん、専門は内科だそうで、9ヶ月検診もまだなので、専門小児科を探したほうが良いのか、悩んでしまいます。

長々と書いてしまいすみませんでした。お時間ある時に読んでいただければと思います。どうぞよろしくお願いします。
2008/06/26(Thu) 01:30 | URL  | あおい #-[ 編集]
> あおいさん

ありがとうございます。
大変そうですね。
カビは慣れていない先生には難しいかも知れません。ただ、見慣れてなくてもステロイド治療への反応が悪いのでそういう事で判断出来ます。
小児科の先生をかかりつけとする事をお勧めしますが、なにぶん通い易い立地条件、先生との相性、など重要ですので。
他のお友達の事を聞くとか、大変でなければいろんな先生に診てもらって探すのも良いでしょう。
お大事にどうぞ。
2008/06/27(Fri) 22:25 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
はじめまして!
ブログ楽しく拝読させていただいております。周産期医療センターでの理学療法士勤務経験あり、現在双子ママのBambyuと申します。

かかりつけ小児科医、見つけたいのは山々なのですが、私の偏見か近所にたまたまそう言う開業医しかいないのか分かりませんが、①すぐ抗生物質を出す②こどもの事全般はあまり分かってくれない、その方の専門分野ばかり語りたがる、という医院ばかりで、結局信頼できる小児科医はかつて一緒に仕事をしていた小児科医で、その先生に診てもらうべく車を1時間飛ばす、という羽目になります。全国的にはどうなのか分かりません。あくまで私個人の印象ですが。。

一言で小児科といってもやはり大人と同じで全ての分野が存在するわけですから、小児~科、と傍標して患者側がもっと細かく選択できるようにするのも有りかなと思います。

長々となってしまって申し訳ありませんでした。後、もし差し支えなければリンク貼らせて頂いてもよろしいでしょうか?よろしくお願いいたします。
2008/08/07(Thu) 14:02 | URL  | Bambyu #-[ 編集]
> Bambyuさん

ありがとうございます。
リンクはどんどんどうぞ。
開業医さんいとっては『サービス業』的になっていて、自分の得意分野に持っていき、信頼を勝ち取ろうとするのも止むを得ないかも知れません。
また、何かあると訴えてやるという御家族も増えてきて過剰診療になっているのも事実です。
Bambyuさんのように不要な抗生剤を嫌がるような患者さんは少なく、みんな希望するのも悪い点です。
少しずつでも正確な知識・対応、受診方法などが広まると良いですね。
ただ、かかりつけの一番大事な点は疑問はちゃんと聞ける事であると思いますので、薬が不要と思えば聞けるような先生が居ると良いですね。
今後もどうぞ。
2008/08/12(Tue) 21:16 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。