• 10<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



一般的に病院で、『アレルギーの血液検査をしましょう』 と言われる場合、
殆どの場合、『IgE抗体値』 を検査している。

今回は、その 『IgE』 について、である。



 ↓ポチッとクリック宜しくお願い致します。
  

----------------------------------------------------------------------------

IgEについて

IgE とは、免疫グロブリン(immunoglobulin=Ig)と呼ばれる抗体の1種で、
異物が身体に入ってきた時に迎え撃つ武器の1つであり、
主にアレルギーに関係する抗体である。

抗体 とはダニ、ホコリなどの抗原に対して、生体を防除する物体の事である。

体内に異物(抗原)が侵入した時に作られ、
再び侵入してきた時にその抗原を認知してアレルギー反応を引き起こす。

IgEは、『肥満細胞』 という粘膜に多くある細胞に結合し、
アレルギー反応を引き起こす様々な化学物質を放出する。

寄生虫などの敵が居る場合は 『やっつけて終了』 となるので良いのだが、
どこにでもある花粉やダニなどを敵と勘違いした場合は、
常に戦いに備え、化学物質を過剰に放出し続ける事になる。


IgEが高い程、アレルギー反応を起こしやすいと考えられるが、
IgEが正常でもひどい症状の場合
あるいは、IgEが1万を超えても無症状 の場合もあり、
IgEの値だけで判断するのは危険である。


IgE抗体検査は、更に、ダニ、ハウスダスト、ランパク、などの
ある特定の抗原(アレルゲン)のみと結合する 『特異的IgE抗体』
という物を測る事も出来る。


IgEは、アレルギー体質かどうかを考える上では有用で、
また、蕁麻疹などの原因を確認するのには向いていると思われる。


IgEの解釈で気を付ける点が幾つかある。

一つは、前述した通り、IgEが正常でもひどい症状の出る場合、
あるいはIgEが著明に高値でも無症状
 の場合がある事である。

食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、喘息などの診断には、
症状が最優先され、不必要な食物制限、
不必要な治療は避けるべき
 である。

特に、食物アレルギーにおいては、こどもの消化能力の発達
などにも左右される。

基本的に、IgEは 即時型反応、つまり、早い反応に関わる抗体であり、
1-2日後の湿疹の悪化、下痢の悪化、などには関与していない。


もう一つは、幼少な児ほどそもそものIgEの産生が低く、
年齢により正常値が異なると考えられる事
 である。

生まれた直後はIgEは極めて低く、
通常 年齢が上がるにつれ上昇 していく。

同じように特異的IgE抗体も幼少なほど陽性にはなり難い。


また、幼少なほど、ダニ、ハウスダストなどの 環境アレルゲンに対して
IgE産生が低く、卵白、牛乳などの 食物アレルゲンに反応し易い

つまり、乳幼児期では、ダニ、ハウスダスト、スギなどの特異的IgE抗体が、
上がっていないから大丈夫、では無くて、
アレルギー体質・家族歴のある場合は、乳幼児期より、
ダニ、ハウスダスト、スギ、カビ、などの環境アレルゲンに気を付ける必要がある。

既に乳幼児期から環境アレルゲンに対する
『感作』 は始まっている
 のである。


『感作』 とは、アレルゲンに頻繁に接触する事で、
そのアレルゲンに対し、敵と勘違いして、IgE抗体を作り出す事である。


総IgEの正常値は施設、報告者によって多少異なるが、
大体これ位と考えてもらえば良いだろう。

   6ヶ月未満  5 U/ml以下
    1歳未満  10 U/ml以下
    1-3歳  20 U/ml以下
    3-5歳  40 U/ml以下
    5歳以上 100 U/ml以下
    成人   170 U/ml以下


10歳までは、『IgE値= 年齢×10以下が正常』
と言っておられる先生も居て、覚え易い。


つまり、例えば、 9ヶ月の場合は、9/12×10=7.5以下、
3歳の場合は3×10=30以下、が正常値となる。


症状とIgEの検査値が一致する場合、
アレルギーの診断は容易である。



IgE値に惑わされてはいけないが、有用な検査である。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/01(Tue) 16:11 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。