• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



タバコを誤飲する事故はかなり多い。

今回はタバコ誤飲について、である。




 ↓ポチッとクリック宜しくお願い致します。
  

-------------------------------------------------------------------------------

タバコ誤飲

日本中毒情報センターへのタバコ誤飲の問い合わせは年間に 5000件
1日平均13-14件で、これは総相談件数の16-17%に相当する。

タバコ誤飲の 70%は0歳児 で、大体生後5-6ヶ月以降にみられ、
8ヶ月児に最も多くみられる。

誤飲したタバコが置かれていたのは、
床から50cm以下の場所が8割を占めている。


赤ちゃんと同じ部屋に居て誤飲した場合をみると、
『テレビを見ていた、居眠りをしていた、電話中』 など、
ほんの一瞬目を離したスキ に起こっている。

赤ちゃんと別室に居た場合は、『台所仕事、後片付、洗濯、掃除』 などが多い。


タバコ誤飲が恐れられるのは、ニコチンの致死量が成人で40-60mg、
乳幼児で10-20mgと毒性が極めて高いためである。

タバコを温水に1時間浸潤するだけで、含有ニコチン量の70%が溶出し、
しかも肺、皮膚、消化管かのいずれもからも、容易に吸収される。

タバコの箱に記載してあるニコチン量は、
火をつけてフィルターから回収出来る量で、実際の含有量は10倍以上であり、
市販の紙巻きタバコ1本のニコチン含有量は16-24mgで、
乳児の致死量は、1/2-1本 である。


しかし、現在まで、タバコ誤飲による 死亡例の報告はなく
重篤例もきわめて稀なケースとされている。


その理由として、乳児がタバコを口にしても実際の誤飲量が少ない事、
誤飲しても強酸性の胃液中では水と異なり、
タバコからニコチンの溶出が遅れるためニコチンの 吸収に時間がかかる 事、
吸収されたニコチンは強い催吐作用を有するため、
嘔吐により摂取量の大半が体外に排除 されるため、である。

溶出したニコチンの吸収は、
胃液のような酸性液の中ではゆっくりで、
15分で3%しか吸収されない。

危険なのは、空き缶などを灰皿代わりにして、
タバコが水に浸かっているような液体を飲んだ場合で、
速やかに吸収され重篤な中毒症状を示す可能性がある


タバコ誤飲の中毒症状の出現頻度は14%程度で、
最も頻度が高い症状は、嘔気、嘔吐である。


嘔吐は10~60分以内にみられる。
その他の症状も殆どは 2-4時間以内に出現する。



その他の症状として、主要成分であるニコチンが、自律神経系作動薬であるため、
白律神経・中枢神経・骨格筋などの各神経に対して作用し、
少量のニコチンでは刺激作用により、血圧上昇、頻脈、皮膚蒼白、発汗、
興奮などが発生し、大量となると中枢神経抑制により呼吸停止となる。


日本小児科学会『タバコ誤飲に対する処置について』 では、

気づいた時点ですぐに吐かせるのが原則。
しかし、消化管中で吸収されるのを阻止するため、
タバコの葉や吸い殻を誤飲した場合は、水や牛乳は飲ませない

誤飲したタバコの長さが2cm以下の場合は用手催吐以外の処置は不要、
また、誤飲した量が不明の場合であっても、ニコチン中毒症状、嘔気、嘔吐などを
認めない時には、2cm以下の場合と同じ処置でかまわない』 となっている。

つまり、タバコの葉を
2cm以下誤飲した場合には、特に処置を必要とせず、
4時間観察して症状が出現しなければ問題ない。


何らかの症状がみられたり、
タバコの葉を2cm以上、
あるいはタバコが溶け出た水を飲んだ場合は

医療機関を受診する必要がある。


タバコの誤飲予防の一番良い方法は、
こどもの環境からタバコを一切無くす 事である。


タバコの害については一般に良く知られているが、
もし、どうしてもタバコを無くせない場合は、生後5ヶ月を過ぎたら、
タバコの誤飲が起こり易い事、タバコを床から1m以下の場所に置かない事、
空き缶などを灰皿代わりに使わない事、を絶対に守らなければならない。

 『こどもとタバコの害①』 参照。

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。