• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『赤ちゃんの鼻づまり』 を心配されて受診される事は多い。

小さい赤ちゃんが苦しそうにしているのが忍びなくて受診されるのであるが、
今回はその 『赤ちゃんの鼻づまり』 についてである。

-------------------------------------------------------------------------------

乳児期早期の赤ちゃんは、発熱も咳も無いのに鼻がズコズコ言ったり、
寝苦しそうにしたり、不機嫌になったりする事がよくある。


赤ちゃんの鼻の穴は細く、鼻の粘膜も敏感である。


ちょっとした空気の乾燥、気温の変化などの刺激で鼻の粘膜が腫れ易く、
また分泌物・鼻水も出易く、すぐ鼻づまりを起こす。

鼻水・鼻づまりがある=カゼ、でない事が多い。


また、赤ちゃんは生後1ヵ月頃までは主に 鼻で呼吸 をしている。

これはミルクを口から飲む時にも呼吸が出来るという新生児特有の利点である。

しかし、ひどく鼻づまりを起こすとすぐに呼吸が苦しくなったり、
ミルクが飲めなくなったりする。


発熱、咳などが無くて、ミルクもよく飲めるなら
少し様子を見ても大丈夫な事が多い。


鼻づまりがひどくない場合、鼻を暖める、鼻水を吸い取る、などの対処法がある。


鼻を暖めるには、
①赤ちゃんが嫌がらない程度の熱さの蒸しタオルで鼻の頭を暖める。
②熱や咳が無く鼻づまりだけであれば、湯冷めさせないよう注意して、入浴する。
③乾燥に注意して部屋を暖める、または冷やし過ぎないようにする。
 長時間のエアコンは部屋が乾燥するので、必要に応じて加湿器を併用する。

鼻水を吸い取るには、
スポイトなどの鼻水を吸い取る器具を用いて鼻水を吸い取ったり、
ベビ-用の綿棒などで鼻を掃除する。

鼻水を吸い取る器具は薬局などで購入出来る。


スポイトや綿棒を使う時は、鼻の奥に入れ過ぎたり、一生懸命やり過ぎたりして、
粘膜を傷付けない様 にする。

粘膜を傷付けると、鼻の粘膜がむくんだり、鼻出血をしたりして、
余計に鼻づまりがひどくなる。


次の場合は小児科にかかるほうが良い。

 ①発熱、咳などが出てきた時。
 ②鼻づまりがひどくて母乳・ミルクの飲む量が減った時。
 ③鼻づまりがひどくて呼吸が苦しそうな時。
 ④鼻水がだんだんひどくなったり、汚い鼻水に変わったり、長く続く時。

汚い鼻水は副鼻腔炎などの感染の合併を、
鼻水が長く続く時はアレルギーの関与を疑って検査・治療する必要がある。

ただし、カゼの治りかけでも汚い鼻水は出る事があるため、
必ずしも、汚い鼻水=ばい菌ではない


最近は1歳位のこどもでも、アレルギー性鼻炎の症状を示す事がある。




 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。