• 04<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



けいれん発作は、見た目に派手で、御家族の方は命の危険を感じる。

発熱に伴うけいれんの多くは、『熱性けいれん』 という事が多い。


熱性けいれんについては、『熱性けいれんについて』 を参照。

今回は、『けいれん時の対処法について』、である。

------------------------------------------------------------------------

単なる熱性けいれんのみで頭に障害が残る事は無く、
けいれん時間が長い、髄膜炎・脳炎によるけいれん
誤嚥による窒息、など重症な病気の場合に危険がある。


はじめての熱に伴うけいれんの場合、
単なる熱性けいれんか、髄膜炎・脳炎か、しっかり判別しなければならない。


そもそもけいれんの症状としては、

・意識が急に無くなる。
・白目をむく(眼球上転)、目が一方を向く(偏視)、一点を見つめる(凝視)。
・顔色が悪くなる・唇が青紫になる(チアノーゼ)。
・全身が硬直する、手足がピクピク・ガクガクと周期的に震える。

などが多い。


通常は数分でおさまり、大きな発作の場合、その後寝てしまうことが多い。

意識があり、小刻みに震えているものは高熱による悪寒戦慄の可能性があり、
震えが手で押さえて止まる のは悪寒戦慄である。


意識があるが口や手など体の 一部分のみ が無意識に動いてしまう(単純部分発作)、
一瞬のみ意識を失う(欠伸発作)、ようなけいれんもある。


赤ちゃんの場合は、同じような動きを繰り返す
例えば、変な目つきで、手を羽ばたかせるのを繰り返す、クロールのような手の動き、
自転車のペダルをこぐような足の動き、を繰り返す、というけいれんが多い。


けいれん時の対処としては、

 ①けいれん自体はすぐにそれのみで危険というものではないから、慌てない。
   子どもの体を揺すらない。
 ②子どもを傷つける恐れのあるものが側にある場合は、遠ざける。
 ③口の中の損傷、窒息の恐れのため、割りばし、タオルなどを絶対に
   口に詰め込まない。
 ④抱きかかえると喉がしまるので、静かに寝かせる。
   呼吸しやすいように衣服を緩くする。
 ⑤けいれん発作の性状(持続時間、眼球の位置、チアノーゼの有無、
   けいれんの部位・左右差、けいれん後の状態、等)、
   発熱の有無、などを観察する。
 ⑥顔を横向きにして、嘔吐しても気管に吸い込まないようにする。
 ⑦過去に痙攣を起こしている場合はダイアップ座薬などの再発予防に配慮する。


緊急に受診が必要な状態は、

  a. けいれん発作が10分以上続く時。
  b. 短い間隔でけいれん発作が繰り返し起こる時。
     1日に2回以上起こす場合。
  c. 半身のみ、身体の一部のみ、左右差・部分差があるけいれん発作。
  d. 初回のけいれん発作、特に1才未満の場合。
  e. 意識障害、麻痺、等の他の神経症状を伴う時。    

である。


このような場合は、けいれんが長引く、けいれんを繰り返す可能性が高く、
脳炎・髄膜炎なども考えなくてはならない。





 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。