• 01<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『Hibワクチン』 について、である。

現在、需要が供給を上回り、結構、品切れ状態となりつつある。

希望の方は早期にお申し込みされる方が良い。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------
Hibワクチン

Hib(ヒブ)とは、『ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型』 という細菌のことである。

インフルエンザ菌には、カプセルがあるものとないものがあり、カプセルがある菌にはa型からf型の
6種類があるが、髄膜炎、敗血症、肺炎などの重篤な全身性疾患を引き起こすものは殆どが
カプセルのあるb型菌である。

インフルエンザ菌は中耳炎を起こすことも多いが、中耳炎を起こすのは、殆どがカプセルのない
タイプである。

Hibは冬に流行するインフルエンザの原因であるインフルエンザウイルスとは全く別のものである。
この菌が発見された時には、冬に流行るインフルエンザの原因と誤って考えられていたので
インフルエンザ菌という名前がついたが、後になってインフルエンザの原因はこの菌ではなく
ウイルスだということが解った。

2008年12月19日に、ついに、日本でもこのHibに対するワクチンが発売された。

『ついに』 というのは、海外では、10年以上も前からHibワクチンを定期接種として接種し、
現在ではアジア、アフリカの国々を含む120カ国以上で広く使用され、Hibワクチンを導入した
国々では、ヒブによる深刻な病気は100分の1程度に激減している。
WHO(世界保健機関)でも乳児への定期接種を推奨する声明を出している。

日本では細菌性髄膜炎の 60%程度 はHibが原因であるが、
欧米ではHibの髄膜炎は過去の病気になりつつある。
欧米では細菌性髄膜炎の2大起因菌のもう一つの肺炎球菌のワクチンも定期接種しており、
日本であれば8割もの髄膜炎患者が罹患しなくなるはずである。

日本では、年間600人ものこどもがHibによる髄膜炎に罹患している。

髄膜炎にかかるこどもの殆どが 2歳未満で、
約半数は生後6ヶ月から1歳 
までである。

より早期の治療が望まれるが、抗生物質などによる治療にも関わらず、5%で亡くなり、
25%前後に聴覚障害、発達遅延などの後遺症
 が残っている。

近年ではさらに、抗生物質の効きにくい 耐性菌 が増え、
髄膜炎の治療が非常に難しくなってきている。

現在の所、Hibワクチンは残念ながら 任意接種 (自費接種)である。

将来的には定期接種になる可能性はあるが、全然予定はたっておらず、
各自治体単位で補助を検討しており、その補助の僅かである。

Hibワクチン接種には、病院によっても異なるが、1回6000円から8000円 程度かかる。

Hibワクチンの望ましい接種スケジュールとしては、生後2~7ヶ月で開始し、4~8週あけて3回、
その1年後に追加接種1回の 合計4回接種 である。

生後7ヶ月~1歳未満でHibワクチンを接種する場合は、初回接種としては4~8週間隔で2回、
1年後に追加接種を1回の合計3回接種となる。

1歳以上5歳未満でHibワクチンを接種する場合は、1回のみの接種となっている。
5歳以上の子どもや大人には、Hibワクチンは不要とされている。

より早期に打ちたく、3種混合ワクチンとほぼ同様の日程のため、
同じ日に接種 する医療機関も多い。

Hibワクチンの副反応としては、他のワクチンと同様、最も多くみられるのは、
接種部位の赤み・腫れである。発熱も数%に起こる。
非常にまれであるが、ショック、けいれん、血小板減少性紫斑病も報告されている。
(これらはどのワクチンでも報告有り)

Hibワクチンが他のワクチンと異なるのは、製造の初期段階にウシの成分が使用されている
ことである。ウシの中枢神経は用いておらず、HibワクチンによってTSE(伝達性海綿状脳症)が
伝播する可能性は極めて低いと考えられている。これまで既に100カ国以上で使用され、
発売開始からの14年間に約1億5000万回接種されているようであるが、TSEにかかったという
報告は無い。

ワクチンのメリットは明らかにデメリットを上回っているが、自費接種であり、
4回打つとなるとかなりかかるのが難点である。

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
さっそく特集してくださりありがとうございます。
BCGの次の3種混合と一緒に受けようと思います。
それともうひとつ、もし家庭用に常備したほうがいいという薬などあったら教えてください。
先日虫刺されの薬を用意していなくてあせりました!!
現在3か月の赤ちゃんがいるのでいざというときに家にあったほうがいいものが知りたいです。
2009/02/09(Mon) 15:18 | URL  | なお #-[ 編集]
はじめまして。
Hibワクチンは、5歳以上の子どもや大人には不要との事ですが、その理由を教えて下さいませ。
5歳になる息子がいるのですが…
おととしの夏に原因不明の多発性関節炎で二週間ほど入院し、投薬などせずに自然治癒いたしましたが不安は未だに残っております。
去年はロタウイルスで入院いたしまして…。
7歳の長女と比べると、何かと病気がちの息子なので、Hibワクチンの存在が
とても気になります。
宜しくお願いいたします。
2009/02/11(Wed) 23:25 | URL  | まみ #-[ 編集]
> なおさん

ありがとうございます。
取り置きの薬は便利ですが、なかなか医者としては勧めづらいですね・・・。
ネット販売も駄目になってますし。
また考えときます。
またどうぞ。
2009/02/16(Mon) 21:31 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
> まみさん

ありがとうございます。
ただ単に疫学的に5歳未満が多いという事でしょう。
実際海外では乳児期に済んでますし。
自費ですので5歳以上でも打てますが、メリットは減っていくでしょう。
またどうぞ。
2009/02/16(Mon) 21:44 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。