• 01<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『妊娠中に脳内出血を起こした東京女性が7病院に受け入れを断られた問題』 について、
実際の当直体制について、である。

非常に残念な出来事で、亡くなられた妊婦さん、御家族の方々に深甚なる哀悼の意を表します。

またか・・・・と思われる方もいらっしゃると思うが、現実的には奈良事件の後、医療問題は何も
解決していない。

これは、病院のせいでも、東京のせいでもなく、全国で今後も起こるであろう問題で、
本当に何とかしないといけない事である。




その他の、『医師不足』 の記事についても、参考にして欲しい。
(もっともっとたくさん記事はあるがこれらが代表的な記事である。
 詳細は医療問題についての目次参照)

 医師不足①
 日本の医療が崩壊する?!
 地方医療の崩壊
 医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②
 医師不足 4万人
 東十条病院:来月末で全科休止





↓ クリック宜しくお願い致します。
  

-----------------------------------------------------------------------------

妊婦受け入れ拒否死亡:当直、研修医1人
2人体制維持できず--都立墨東病院

                            2008.10.23  朝日新聞
      http://mainichi.jp/select/science/news/20081023dde041040086000c.html

妊娠中に脳内出血を起こした東京都内の女性(36)が7病院に受け入れを断られた後に死亡した
問題で、最初に受け入れを断った都立墨東病院の当直医は 『シニアレジデント』 と呼ばれる
研修医だったことが分かった。10月は研修医が1人で当直する日が4日あったという。
墨東病院は6月、シニアレジデント当直の場合は 『原則として母体搬送の受け入れを制限する』
と関連団体などに文書で通知していた。

経営する都病院経営本部によると、墨東病院の産科は6月末に医師1人が退職したことから、
当直2人体制を維持できなくなった。このため関係者に対し、7月からの土・日曜と祝日の当直体制に
ついて 『1人当直である上に、シニアレジデント当直の場合もありますので、ハイリスク分娩への
対応は困難』 と、受け入れ制限を文書で伝えていた。

シニアレジデントは2年間の初期臨床研修を終え、専門医を目指してさらに研修中の後期臨床研修医。
都によると、今回受け入れを拒否した医師は免許取得から4年だった。

---------------------------------------------------------------------------

違う記事にはこう書いてある。

『墨東病院の産科医師は、7月からは常勤3人、研修医3人
で当直に当たった。平日の当直は2人だったが、週末は1人で・・・・』


つまり、スタッフは6人、半分はレジデント。

そもそも完全にスタッフが足りない。

毎日2人ずつ当直をすれば、単純に 1人月10回。


当直ってのは夜勤ではなくて、朝から出て翌日の夜まで仕事がある。

現実的には不可能であり、週末は1人体制も止むを得ないと思われる。


また、レジデントは、どこの病院でも1/3から1/2以上の仕事を行っている。

レジデントが一番働いていて、一番の戦力である病院も多い。

今の医療はレジデント無しでは到底廻らない。


言いたい事は、『医師不足』 でやむを得ない・・・・という事では決してなく、
『医師不足』 『救急医療』 の問題を、もっともっと、マスコミ・国民が本気で考えないと・・・・
という事、である。


レジデントが当直しなければ、『月20日の当直』 であり、通常業務もままならない。

レジデントが当直する事、断る事が悪いのではない。

事前の周囲への文書通達も出しており、SOSは出している。


当然、今後も同様の出来事は起こる。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
ずっと前からSOSを出していたのに
東京で子供が産めなくなる日(その2) - うろうろドクター - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/16924024.html

…今回の「東京陥落」よりずっと前から、墨東病院を始めとした東京の救急はSOSを出していたんですよね…。

マスコミ、役人、その他、「医療の事なんて俺らには関係ねえよ」という人間が、そのSOSを聞かなかったために「東京陥落」が起きた。

そして今でもなお「医者のモラルの問題」とか「全国各地で救急搬送を拒否した病院は患者を捨てた」とか言う人間が跋扈する事実…。(「医師は応酬義務を果たしていない」と味方を後ろから撃つ人間までいるし…。)

いつになったら、医療に無理解な人間による「医師叩き」「病院叩き」が無くなるのでしょうかね…。
2009/07/24(Fri) 02:51 | URL  | 都筑てんが #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。