• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、産科・小児科不足解消対策に首相が5月にも策定するというニュースについて、である。



その他の、『医師不足』 の記事についても、参考にして欲しい。
(もっともっとたくさん記事はあるがこれらが代表的な記事である。
詳細は医療問題についての目次参照)

 医師不足①
 日本の医療が崩壊する?!
 地方医療の崩壊
 医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②
 医師不足 4万人
 東十条病院:来月末で全科休止




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

産科・小児科不足解消へ対策、
首相が5月にも策定

                                    2008.4.14 読売新聞

福田首相は14日、産科・小児科の医師不足に伴う救急医療の問題点を
解消するための具体策
 を来月にも策定する考えを表明した。

厚生労働省が今年1月から取り組む医師不足対策の検討を加速するもので、
勤務医の待遇改善策や女性医師の継続就業の支援
などが柱となりそうだ。財源には、首相が2009年度から一般財源化するとした道路特定財源が
想定されている。

首相は14日、最先端の産科・小児科医療で知られる国立成育医療センターを視察後、
産科医や小児科医不足の対策について、『急がなければいけない。来月ぐらいにはビジョンを
まとめ、実現に向け努力したい』 と記者団に強調した。

体制強化を図るのは、昨年以来、医師不足や受け入れ態勢不備による患者の 『たらい回し』
の実態が表面化したためだ。『日銀総裁人事などの懸案が一区切りつき、自分のやりたい政策に
取り組もうという首相の意欲の表れだ』 (周辺)との見方もある。

厚労省は今年1月から、舛添厚生労働相の私的懇談会で医師不足解消に向けた 
『安心と希望の医療確保ビジョン』 策定の検討に着手しているが、首相の指示を踏まえ、作業を急ぐ。

-------------------------------------------------------------------------

産科・小児科の医師不足に伴う救急医療の問題点を
解消するための具体策
 なんてあるのであろうか?

まずは単純な 『医師不足』 ・・・・これをどうにかしないといけない。

そして、コンビニ受診の抑制 などの国民意識の変革も必要である。

 『県立柏原病院の小児科を守る会』 参照。


なかなか対策をたてても実現まではかなり遠い。

それでも国をあげて対策をやろうと言い出し、最初の一歩が進みそうな事には少し期待もある。

この流れで少しずつでも変わっていってくれる事を願う。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。