• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



fukushima_red (1)


この記事は、『新小児科医のつぶやき 2.18企画』 に賛同した記事である。




 ↓ポチッとクリック宜しくお願い致します。
  

--------------------------------------------------------------------------------


『大野事件』 については、下記の2つのサイトが非常に詳しい。

『周産期医療の崩壊をくい止める会のホームページ』
『ある産婦人科医のひとり言』


フリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』 にも出てきている。
福島県立大野病院産科医逮捕事件



簡単に書くと、

2006年2月18日、福島県立大野病院 産婦人科医師が福島県警に逮捕拘留された。

逮捕のきっかけは全前置胎盤のため帝王切開を行った所、癒着胎盤となっており、
担当医師は最善を尽くしたが、妊婦さんは亡くなられたというものである。

癒着胎盤は稀な疾患であるが、担当医師はその対処法を誤った訳ではない。

当初、死因は出血が多い事によるものと思われていたが、どうも手術中に
突然起こった致死性不整脈により亡くなられた可能性が高いようである。

出血のコントロールは出来、血圧も安定後の不整脈と見られている。

この事故について、予見が不可能である、胎盤を剥離する事は適切な処置、
大出血に際して適切な処置を行っている、などの理由により、医療関係者の
間の意見では、過失は存在しないと考えてられている。

むしろ手術をしていなかったら、母子共に救命出来ていないとも考えられている。

この事件により、少ない人数の産婦人科では分娩を中止する、産婦人科の
希望者が減る、医療への不信感が高まる、などにより、『お産難民』 が
多くなる事態が加速している。

この事件により、明らかに 『医療崩壊』 が加速度的に増している。




その他の、医療問題についても、たくさん書いてあるので参考にして欲しい。

 ・医師不足①
 ・地方医療の崩壊
 ・『奈良の妊婦死亡問題』 から
 ・医師不足②
 ・全国の8割 『産科医不足』 小児科、へき地医療も深刻
 ・日本の医療が崩壊する?!
 ・医師の偏りまざまざ 東北不足深刻
 ・産科医不足、大阪の都市部でも深刻
 ・分娩取り扱い終了のご案内 オーク住吉産婦人科
 ・奈良・大淀病院、分娩対応中止へ
 ・『お産ピンチ』 首都圏でも
 ・崩壊の瀬戸際 減る産科医
 ・医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②
 ・医師不足 4万人
 ・妊婦搬送遅れ1千件超
 ・産める病院が1年半で1割減

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
医療崩壊
ホントに、この事件以来、医療崩壊が加速しちゃいましたよね。
すごく残念です。
2008/02/18(Mon) 22:13 | URL  | Dr.I #sSHoJftA[ 編集]
> Dr.I 先生

あるがとうございます。
またどうぞ。
2008/02/18(Mon) 22:23 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
賛同します
都会とはいえ産科に一人医長という、非常に危ない橋を渡っているものです。

それでも私が辞めれば周りの産科医に負担がかかる事を思うと、辞めるに辞められません。

ベストを尽くしたのに、それでも逮捕され、罪を問われる。彼の未来はすべての産婦人科医の未来でもあるのです。
2008/02/20(Wed) 13:02 | URL  | 山口(産婦人科) #pSJ6Fihk[ 編集]
> 山口 先生

ありがとうございます。

先生のような『自分が辞めたら患者が・・・・』『周りの先生が・・・』と考えられ頑張っておられる先生達で今の医療は成り立ってます。
僕自身もその責任感というか使命感で頑張っている事もあります。
ただ、その気持ちが揺らぎ出した先生が多いのは事実で、さらに医療崩壊へと進んでおります。

一部の感謝してくれない患者さん、不信感いっぱいの患者さんに出会うとどっと疲れますし、辞めたくもなると思います。

何とか良いシステム、良い医療になっていって欲しいものです。

なにとぞ頑張って下さい。
またお願いします。
2008/02/20(Wed) 23:26 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
福島人
わたくし、福島県民です。
あの事件、専門的なことはよくわかりませんが、出血が多くなる事を予想して、胎盤を隔離する前に子宮を摘出するとか、輸血準備をしておくとかそういうことは考えなかったのかしら?とも思いました。
どうなんでしょう?

ドクターも怖いでしょうが、
患者も怖いです^^;。
なんとか安心して医療を受けられるように国でも整備していただきたいと心から思います。
ドクターも看護士さんも負担が軽減してゆったりした気持ちで診察ができるようになるとよいですね・・・。
今はきっと疲れもとれない状態ではないでしょうか・・?


2008/02/23(Sat) 22:07 | URL  | すもも #-[ 編集]
> すもも さん

ありがとうございます。

前置胎盤との事で輸血も用意していましたが何せ20000mlもの出血ですから・・・・。

胎盤を隔離する前に子宮を摘出する?・・・時間的にどうかは難しい所ですが、胎盤を剥がせば出血は止まるという事でやられる事は間違ってなかったと思います。子宮は温存したいものです。

詳しい事は当然解りませんが、発表されている時間の経過では子宮全摘までの時間が確かに長い気はしますが、実際胎盤剥がす+子宮全摘までしっかり完行し、輸血で一旦状態は立ち上げているようですので、手は尽くされていると思ってます。

あの事件で辞められた先生も多く、さらに負担が増えた先生も多く、悪循環に完全にはまってます。

何とかなると良いのですが・・・。
2008/02/24(Sun) 21:24 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。