• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、インフルエンザウイルス感染とその治療について、である。



インフルエンザの情報については、

 『インフルエンザ』 
 『インフルエンザ 感染の予防』  


インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、

 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』         
 『14歳男子 タミフル服用せず飛び降り』
 『タミフル服用10歳未満でも異常23件』
 『タミフルで異常行動、インフルエンザ無関係』


その他のインフルエンザ関連の記事では、

 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』           など参照。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

インフルエンザが流行ってきている。

例年より早いペースであり、年末年始が心配である。

インフルエンザの治療の基本は、他のカゼと同様に 安静 である。

基礎疾患の無い普通のこどもなら、グッタリ、意識が怪しい、脱水に陥る危険がある、
咳などが酷い、という事で無ければ、安静と水分・栄養補給でしのげる。

今年の前半に騒がれた 『タミフル』 については、未だ添付文書において、
10歳以上の未成年 の患者においては、因果関係は不明であるものの、
本剤の服用後に異常行動を発現し、転落等の事故に至った例が報告されている。
このため、この年代の患者には、合併症、既往歴等からハイリスク患者と判断される場合を
除いては、原則として本剤の使用を差し控える こと。
また、小児・未成年者については、万が一の事故を防止するための予防的な対応として、
本剤による治療が開始された後は、(1)異常行動の発現のおそれがあること、
(2)自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間、保護者等は小児・未成年者が
一人にならないよう配慮することについて患者・家族に対し説明を行うこと。
なお、インフルエンザ脳症等によっても、同様の症状が現れるとの報告があるので、
上記と同様の説明を行うこと』 となっている。

『タミフルと異常行動』 でも書いた通り、タミフル内服無しでも
1割ほどに異常行動 が起こるとされている。

当然、10歳未満にも起こる

インフルエンザの流行時期は、発熱時は、こどもの言動に充分注意する必要がある。


10代のこどもでグッタリ気味の場合は、抗インフルエンザウイルスの対象となる事もあるが、
その場合は、『リレンザ』 を選択する事が多くなる。

『リレンザ』 の弱点は、吸入がちゃんと出来るかである。

グッタリしたこどもには、なかなか難しい。

 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』   参照。


しかし、リレンザもタミフル同様、処方が多くなれば、そのうち、マスコミに叩かれる・・・。

事実は別として、インフルエンザの患者さんに使えば、一定頻度で異常行動は起こる
のであり、その場合に使用されていた薬剤は 『クロ』 にされる可能性がある。


まず、安静・・・・つらそうなら、1歳から4歳までは 『タミフル』、
5歳以上は 『リレンザ』 が現実的な対応であろう。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
こんばんは
いつも、参考にさせていただいております。以前、コメントさせていただいたものです。


今日、

「リレンザ服用が原因と思われる異常行動があった」

という話を耳にしました。インフルエンザはかからないに越したことはないのですが、万一かかってしまったときに薬を服用させるのが不安です。

タミフルやリレンザを使用したときの異常行動と、インフルエンザ脳症になる確立はどちらのほうが高いのでしょうか?

失礼な質問でしたら、申し訳ありません。
2007/12/09(Sun) 01:44 | URL  | ゆうくんまま #tHX44QXM[ 編集]
> ゆうくんまま さん

ありがとうございます。

記事にもしましたが、リレンザも叩かれるのは時間の問題でしょう。

個人的にはインフルエンザ治療薬を使用中と内服無しでは異常行動の率が著明に大きく差があるとは思っていません。

実際タミフルが悪影響である可能性はあるとは思いますが、タミフルの使用量を考えると頻度はかなり低いですし。

使わないに越した事はないですが、仰る通り、では、脳症との関係はと言われると実はよく解ってなく、今の所、脳症予防の効果はあまり無いと言われています。もちろん、脳症の疑いがあればどんどん使うのですが。

全身状態とか水分摂取とかが今ひとつであれば、薬は使っていって良いと思ってます。そういうこどもは異常行動出ても危険な程は動けないですし。

参考になったでしょうか?
またお願いします。


2007/12/09(Sun) 23:33 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
ありがとうございます
とても参考になりました。

以前インフルエンザにかかったときに、近隣小児科では、

「飲んだほうがいい」

の一点張りでしたし、かかりつけの総合病院の小児科の先生はいつも忙しそうで聞きにくかったので、ここで詳しいお話が聞けてよかったです!!

ありがとうございました。また、なにかあったらよろしくお願いいたします。
2007/12/10(Mon) 10:19 | URL  | ゆうくんまま #tHX44QXM[ 編集]
> ゆうくんまま さん

ありがとうございます。

皆一緒の画一的な治療はやはり良くないでしょう。
同じインフルエンザでも症状の個人差、勢い、基礎体力・基礎疾患の差などありますから。

お役に立てて良かったです。
また何かありましたらどうぞ。
2007/12/10(Mon) 23:27 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。