• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



しまじろうの中で、『かぜばいきん』 という言葉があった。

『カゼ』 の原因の殆どが 『ウイルス』 であり、『ばいきん』 =細菌
とカゼは結び付かない。

 『いわゆる 『カゼ』 について』 参照。


イメージとしては良いのだが、こういう事で、『カゼ』 は 『ばいきん』
でなると思ってしまうのであろう。


今回は、『細菌』 と 『ウイルス』 との違いについて、である。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

ウイルスと細菌の違い

細菌とは、一般に 『ばいきん』 とも言われている微生物である。

細菌は細胞を持ち、自己複製能力を持つ。
一つの細胞しか持っていないので単細胞生物である。

細菌は、栄養・水分・温度があればいくらでも自己増殖出来る。

つまり、細菌は自分で増殖する能力を持つ


ウイルスは、蛋白質の外壁と内部に核酸(DNA、RNA、つまり遺伝子)を
持った単純な構造体である。

ウイルスは人間の体の中に入ると、細胞の中に入り込み、その細胞に、
自分のコピーを作らせる。

細胞の中で自分のコピーが大量に作られると、やがてその細胞は破裂する。

破裂した時に細胞の中から大量のウイルスが飛び出し、他の細胞に入り込む。
こうしてウイルスが大量に増えていくのである。

ウイルスは、自分自身で増殖する能力はなく、生きている細胞の中でしか
増殖出来ない。

つまり、他の生物を宿主にしないと増殖出来ない


ウイルスの大きさは 20-100nm (ナノメートル)程度と非常に小さく、
細菌は 1-5μm (マイクロメートル)と、ウイルスの 10-200倍程度
大きい
(1nm = 1/1000 μm、1μm = 1/1000 mm)

細胞に取り付くため、ウイルスが小さいのは当然である。


細菌の場合は自分の細胞を持つため、細菌をやっつける薬を造る事が出来る。

『抗生物質』 は、細菌を攻撃する事が出来る薬である。

『抗生物質』 は、細胞の構造を利用して作用するため、
細胞がないウイルスには効かない

もしも、薬剤でウイルスを攻撃しようとすると、ウイルスが入り込んでいる
人間の細胞をも壊してしまう恐れがある。

特定のウイルスの増殖をおさえる薬は存在するが、ウイルスを消滅させる薬はない。

抗ウイルス薬があるのは、インフルエンザウイルス、水痘(ヘルペスウイルス)、
HIV、サイトメガロウイルス、位であり、その他の数百種類のウイルスには
特効薬が無い


日本人の中には風邪にかかると病院へ行き、薬を飲めばカゼが治ると
勘違い している方が大勢居るが、それは全くの間違いである。

ウイルスは、いつも、自分の治癒力で治している。



細菌に対する抗生物質の効果については、

 『細菌と抗生物質』 参照。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
風邪薬
風邪薬って、厳密にはないんですよね。
もちろん、注射も。

でも、「風邪の点滴なんてない」って外来で患者に言っても、信じてくれないんですよねー。
どうやって理解させれば良いんでしょうかね。
2007/12/02(Sun) 20:58 | URL  | Dr.I #sSHoJftA[ 編集]
> Dr.I 先生

ありがとうございます。

少しずつ啓蒙していくしかないでしょうね。
マスコミで言えば一発なんですけど、そういう事には無関心です。
カゼの救急受診者が減れば、もっともっと、重症患者さん、昼間の患者さんに手厚く診療が出来ると思うのですが。

またお願いします。
2007/12/02(Sun) 22:34 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。