• 03<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、驚愕のニュースである。

ずさん過ぎて悲しくなる・・・・。

善良な市民の税金が・・・。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

生活保護費詐取、タクシー補助で2億円超
滝川市側甘く

                           読売新聞 2007.11.22
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071122it08.htm

札幌市のタクシー会社役員らが、生活保護受給者が通院時に支給を受けられる
タクシー料金の補助制度を悪用し、生活保護費をだまし取っていた事件で、
不正受給の総額は今年10月までの1年半で、約2億3300万円
にのぼることがわかった。

北海道警は、窓口となった北海道滝川市のチェック体制の甘さにつけ込み、
受給者で詐欺容疑で逮捕された元暴力団組員片倉勝彦容疑者(42)らが
請求額をつり上げていったとみて調べている。

片倉容疑者らが請求で使用した介護タクシー会社は、札幌―滝川間の
標準料金を5万円 としていた。しかし、片倉容疑者は1回当たり、
往復25万円 を超す料金を請求していた。
走行経路などはすべて虚偽だったが、滝川市が全額支給を認めたため、
昨年10月ごろから要求がエスカレート。『担架付き特別車両を使用』
『貸し切り料金だった』 『夜間の通院のため深夜料金』 などとして、
1か月当たり2000万円 近い架空請求を行い、全額支給
が認められていた。

滝川市は、介護タクシーの 標準料金を把握 していたが、片倉容疑者
らの請求をうのみにしており、『料金が高いとは思っていたが、
今ではチェックが甘かったと言うしかない』
 としている。

この事件で道警は、片倉容疑者と、生活保護を受けていた妻ひとみ容疑者
(37)、札幌市の介護タクシー会社 『飛鳥緑誠介』 役員、板倉信博
容疑者(57)ら4人を詐欺容疑で逮捕している。

----------------------------------------------------------------------------

夫婦で2億円超だまし取る
生活保護制度を悪用

                       スポーツ報知 2007.11.24
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071124-OHT1T00159.htm

北海道滝川市の夫婦が生活保護制度を悪用し、多額の交通費を自治体から
だまし取っていた詐欺事件。無職片倉勝彦(42)と妻ひとみ(37)の
両容疑者は昨年4月から今年10月までの約 1年半 に、同市から
約 2億円以上を不正に受給していた。

市は 『不正は分からなかった』 と釈明するが、
異常な額を認めていた市の甘いチェック態勢に批判も強まっている。

2人はともに身体障害者として認定され、生活保護を受けていたが、
生活保護受給者は 自家用車の所有が認められていない
ため、通院が必要な場合、自治体が審査した上で実際に掛かった交通費が
支給される仕組みになっている。

両容疑者は、札幌市の介護タクシー会社役員板倉信博容疑者(57)らと
共謀し10月26日からの1週間に6回、自宅から約 100キロ離れた 
札幌市の病院に通院したとの偽書類を作成、1往復当たり25万円、
計150万円をだまし取った疑いで道警に逮捕された。

昨年度、滝川市が交通費を支給したのは60人。その中でも両容疑者の
高額さは突出していた という。両容疑者は自宅のほかに、
札幌市中央区内で 温泉付きの高級マンションを賃借
さらに 高級車を乗り回し、高級レストランでの飲食
も繰り返していた。

道警はだまし取った生活保護費の多くを、こうした派手な生活につぎ込んでいた
とみる一方、一部は片倉容疑者とつながりのあった暴力団に流れ、
資金源になっていた可能性が高いとみて慎重に裏付けを進めている。

札幌市の業者によると、介護タクシーの札幌―滝川間の往復料金は通常、
3万円程度。 『25万円なんて金額はあり得ない
不正に気付かなかったのか』 とあきれ返る。

滝川市は当初 『職員が自宅を何度も訪問するなど調査は十分に行った。
だまされただけだ』 と釈明。強まる批判で、ようやく
『落ち度はあったかもしれない。もっと早期に気付くべきだった』
と不備を認める姿勢に。

捜査を担当した道警幹部も 『行政のずさんさが付け込まれた結果だ』
と話している。

-----------------------------------------------------------------------------

1回25万円・・・、週何回もの100kmの通院・・・

1年半で2億3300万円・・・

そのお金で働かずに 自宅、高給マンション、高級外車、食事・・・


行政も行政である。

1回の金額も多過ぎであるし、通算2億円以上も請求されて気付かない
はずがない。


医者という職業柄、『生活保護』 の方が自家用車を持ってたり、
裕福な暮らしをしているのは、よく見かける。


その一方で、本当に必要な方が貰えず、自宅でひっそり亡くなっている
という事件もよくある。

そういう事件が起きても誰も責任は取らず、泣き寝入りである。

やはり、もう少し頑張って頂きたいものである。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
生活保護搾取
この記事は昨年の11月ですが東京で話題になったのはつい最近です。それにしてもひどい話ですね。誰もが思うのは役所の担当は何をしていたのかという点。社会保険庁と同類とはいいませんが一部公務員の志のなさは目を覆うばかりという感じです。このお金は滝川市民が払ったものだけでなく大半は全国の納税者が払ったもの。こんないい加減な形で北海道のやくざとそれを許した公務員の給料に使われていたとは! 公金でなくとも民間会社であったら当然重い懲罰が科せられるはず。高級官僚や政治家の無駄遣いがよく言われますが実は庶民レベルで巨大な無駄遣いが日常的に行われていることに我が国の将来を憂えます。(このようなえせ福祉に使われる金額はずっと多い)
2008/02/16(Sat) 22:45 | URL  | 梁山泊 #-[ 編集]
> 梁山泊 さん

ありがとうございます。

そうですね。
何とかなると良いですが。
正直者が得をする世の中であって欲しいものです。
2008/02/18(Mon) 21:30 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。