• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、時間外に病院にかかる場合に特別料金が発生する、
という事にについて、である。

時間外患者の抑制のためであるが・・・。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

時間外救急:軽症者から8400円特別徴収
埼玉医大計画

                          毎日新聞 2007.11.11
  http://mainichi.jp/select/science/news/20071111k0000m040118000c.html

埼玉医科大総合医療センターが、夜間・休日の軽症救急患者に対し、
時間外特別徴収金として、8400円を自己負担 してもらう計画を
進めていることが10日分かった。従来は健康保険から徴収
していた時間外料金を全額患者の自己負担にかえ、受診者数を抑える狙い。
軽症患者急増で診療体制が維持出来ない ことが背景にあるという。
専門医は 『救急では聞いたことのない制度。必要な医療を受けられない
恐れ
 もある』 と批判している。

同センターによると、時間外の救急患者は94年に年間約1万人だったが、
06年は約4万人に増加した。診療体制がパンク寸前になったため、
軽症の受診者数を減らす方法を模索。その結果、紹介状がなく、
入院を必要としない患者に対し、特別料金の徴収で負担を増やし、
受診者数を絞ることにした。既に張り紙などで周知を始めている。

ただ、『緊急性』 などを巡り一律に線引きするのは難しい面もあり、
現在、院内で基準作りを進めている。例えば、入院しなくても 『緊急性あり』
と診断された患者には、特別徴収金を求めない。一方、救急車で搬送された
患者でも軽症なら徴収する予定。数カ月後の運用開始を目指す。

厚生労働省は、時間外診療について、病院の裁量によって健康保険を適用せず、
特別料金を上乗せできる制度を設けている。地元の社会保険事務局に届け出れば
実施でき、同センターは今年3月、埼玉社会保険事務局の了承を得たという。

日本救急医学会の山本保博代表理事は、個人的見解としたうえで、
『本当に必要な患者が治療を受けられなくなる心配がある。
(誰もが健康保険で治療を受けられる)国民皆保険を揺るがす問題だ』
と指摘している。

▽厚生労働省保険局の話
特別料金を徴収できる制度は、時間外受診の希望や保険で決められた
回数以上の検査など患者の多様なニーズに応えるためのもの。
受診抑制を目的とされると趣旨と合うか微妙だ。

--------------------------------------------------------------------------------

時間外救急:埼玉医大の特別徴収
医療体制維持に苦肉の策

                             毎日新聞 2007.11.11
  http://mainichi.jp/select/science/news/20071111k0000m040120000c.html

埼玉医大総合医療センターが、時間外の軽症患者に、特別徴収金を自己負担
してもらう背景には、過酷な勤務を嫌う医師が病院を辞める
『医療の危機』 や 『医師不足』 がある。
同センターは、受診者数を減らして体制を守る苦肉の策と強調するが、
素人が軽症と重症を見極めるのは難しく、混乱も予想 される。

同センターが診療した時間外救急患者は、昨年、約4万人に達した。
仕事などで昼間受診できない人たちが夜間に訪れる 『コンビニ化』 現象
なども進み、受診者が急増しているとみられる。4万人のうち、入院が必要な
重症患者は約2800人(約7%)だった。

救急対応のため医師は 月に5~7回 の泊まり勤務をこなし、
一晩で40~60人を診療。続けて眠れるのは2時間程度 という。
同センター救急委員会委員長、田村正徳教授(小児科)は、
『重症患者を助けて外来に戻ると、大勢の軽症患者に遅いと責められる。
それで若手医師は 『辞めて開業したい』 と言い出す。
患者が増えれば救急病院の役目を返上せざるを得ない。問題はあるが、
追いつめられていることを理解してほしい』 と訴える。

だが患者には、軽症か重症か自己診断するのは難しい。
しかも、徴収するかどうかの診断基準も公開されない見通しだ。
基準に沿ってうその病状を申告されたら困るからだという。
経済的な苦しさから受診を控えて処置が遅れる可能性もあり、議論を呼びそうだ。

-------------------------------------------------------------------------------

大変デリケートで難しい問題である。

ただ、過酷な勤務をしている医師の事も考えて頂きたい

根本にあるのは、『患者教育の不足』 『医師不足』 である。

医師不足だから、患者教育が出来ないのも当然あるが。

『医師不足』 の記事についても、参考にして欲しい。

 医師不足①
 日本の医療が崩壊する?!
 地方医療の崩壊
 医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②
 医師不足 4万人
 東十条病院:来月末で全科休止


こういう時は病院に来なさい、こういう時は家庭でこう対処しなさい、
という事について、話す時間がないのが現実である。


『患者には、軽症か重症か自己診断するのは難しい』

→その通りであるが、それを皆に理解して頂き、教育していかないと
日本の医療の未来はない。


『徴収するかどうかの診断基準も公開されない見通しだ。
 基準に沿ってうその病状を申告されたら困るからだという』

→本末転倒である。『こういう症状の時は緊急性があるから来なさい』
と基準を発表する方が良いと思う。嘘の症状を言って、患者さんにメリットは
どれ位あるのだろうか?診察した後にと特別料金を請求するのだから、
嘘は解ると思うのだが。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
フリーアクセスばかり重視しても・・・
 夜間の救急までもフリーアクセスを維持したいのであれば、それなりに人を手当せねばなりません。現状ではそうなっていないため「医療崩壊」が続いているのであって、コールセンターなどで患者さんの症状によっては、翌日受診へと振り分けたり、症状にあわせた「合理的」な分別が欲しいところですね。
 今後この問題は「患者さん」の声ばかりを重視せずに、現場をもっとさぐって報道して欲しいですね。
2007/11/13(Tue) 01:39 | URL  | skyteam #.7kYjqzU[ 編集]
> skyteam先生

ありがとうございます。

人資源に限りがある以上、有効に効率良く使うべきなのは、どの職種でも同じだと思います。

昼間は昼間で夜以上に忙しく、手を抜く事は許されないですし。

何とか世間の方々に理解されて、良い風に廻っていく事を期待します。

またお願い致します。

2007/11/13(Tue) 21:32 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。