• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、しばらく封印していたが、『医師不足』 のニュースについて
である。


その他の、『医師不足』 の記事についても、参考にして欲しい。

 ・医師不足①
 ・地方医療の崩壊
 ・医師不足②
 ・日本の医療が崩壊する?!
 ・医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②
 ・医師不足 4万人





 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

---------------------------------------------------------------------------

東十条病院:新患、救急の受け入れ拒否
日大が医師引き揚げ、来月末で全科休止

                             毎日新聞 2007.9.29
  http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070929dde041040035000c.html



東京都北区の総合病院 『東十条病院』(馬場操院長、350床)が、
医師不足により 来月末で全16科の診療を休止 することが
分かった。27日から新規患者と救急搬送の受け入れも拒否している。
常勤医の9割以上を派遣する日本大が医師の引き揚げを決め運営が困難に
なったためといい、医師不足問題が都心部の拠点病院の運営を直撃した形だ。

同病院によると、常勤医は30人で、うち28人が日大からの派遣。
今年6月に日大から 『大学病院に医師が足りないので派遣を中止したい』 
との申し出があった。病院は代わりの常勤医を見つけられず、27日に
『新患の患者さまは受け入れることができません』 とする張り紙を玄関前に
掲示。通院、入院患者にも他の病院を紹介するための診察しかできないと
通知した。現在61人いる入院患者の転院先は確保できる見通しとしている。

同病院は23区内に約40カ所ある災害拠点病院にも指定されている。
毎月の外来患者は約15000人。都は28日、病院側に患者への適切な対応を求めた。

----------------------------------------------------------------------------

産経新聞には、
『医師不足による休診・閉院は地方で深刻化しているが、
都内で総合病院が一度に全科を休診するのは異例』


『9月末で8人が退職、3月までに更に10人が順次退職することが決まった』
と書いてある。


全科休止・・・来月末で・・・

どの位事前に解っていたか解らないが、来月末って実質一ヶ月しか無い。


東十条病院のHPに病院の 『基本方針』 の1として、

急性期医療の提供
当院は、現在のところ 北区内唯一の200床以上の病院
として、急性期医療を中心とする一般病床で維持してまいります。

と書いてある。


東京の 『北区唯一の200床以上の病院』 が全科休止になる・・・。

診療科が16科もある、外来患者が月15000人の病院が休止になる・・・。


東京の地理は詳しくないが、北区の人口は、331,827人

普通の市のレベルである。

それが、大学の意思のみで、全科休止になるのである。

朝日新聞には、日大医学部庶務課のコメントで、『医局で派遣人数の調整は
あると思うが、組織的に一斉に引き揚げているわけではない。
閉院状態になると知らされたのは数日前だった』 とのコメントがあるが、
聞かされていても状況は変ってなかったと思う。


現在では、1つの診療科の引き上げ・撤退は日常茶飯事になりつつあり、
『産科が・・・』 『小児科が・・・』 というレベルでなく、全科休診、
病院倒産、の時代に入ってきた・・・。

都会も例外でなくなってきている。


恐ろしい時代である・・・。

何とかならないのであろうか・・・。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
こんばんは。新聞の地方版には、産科廃止などをちらほら、見つけていましたが、今回は特にショックですね・・・。
日大が、東十条病院には派遣できないほど、若い医師をとどめて置けないということなのですよね。これは、日大だけでなく、ほかの大学(病院)でも同じことが起きるということでしょうか。
これは、若い医師らが「待遇のいい市中病院」に行ってしまっていることの裏返しと想像しますが、自分で選べるのは医師の方にとっては、技術の向上につながるということになると聞いたことがあります。そういうのは、長い目で見れば、理想的なことなのでしょうか・・・?質問ばっかりですみません。お考えをお聞かせください。
2007/09/30(Sun) 21:58 | URL  | レイカ #TrgG7DgU[ 編集]
> レイカさん

ありがとうございます。

もちろん、日大だけでなく、全国の大学で同じ傾向があると思います。

『若い医師らが待遇のいい市中病院に行ってしまっている』というのは少し違うかも知れません。というのは、若い医師は待遇よりも症例の集まる都会の大きな病院に行きたい人も多いからです。そして、一部には、比較的楽な科・楽な病院に行きたい人も居ますが、給料だけで田舎に行きたがる人は少ないですね。人を集まるために田舎の方が給料は良いですが。

確かに専門的な知識・技術のレベルは上がるかも知れませんが、大病院にはない総合的な能力、家庭医的なつながり、なども学ぶ必要はありますので、大きい病院・中規模病院・小規模病院などいろいろ廻る方が良いのではないかと思います。

今が悪いとは言いませんが、行きたい所で行きたい事だけする、というのはどの職種でも良い事ばかりとは思えませんが。

もちろん、忙しい所ばかりでなく、時間のある病院に行くというのも視野が変って良い事だと思います。

こんな感じで考えてますが・・・どうでしょう?

今後も宜しくおねがいします。
2007/10/01(Mon) 21:29 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
言葉足らずでした「待遇の・・」には、楽とか高給だけでなく先生のおっしゃる症例が多いとか技術の向上が見込めるとか、そういう意味も込めてたつもりでした。ごめんなさい。
しかし、そういう人気病院こそ大学病院だとばっかり思ってました。そこが不思議ですね!医局とか入り組んでて大変なんでしょうか。
「いろいろ廻る」が大切とのご意見、納得いたしました。
「医龍」また始まりますね。ドラマですから世の中あんなにうまくいかないんでしょうね。今から楽しみですが!
今後もよろしくお願いします。
2007/10/02(Tue) 14:22 | URL  | レイカ #TrgG7DgU[ 編集]
> レイカ さん

ありがとうございます。
大学病院は専門化し過ぎて、また小回りもきかないので、一般の方にとっては最終兵器でしょう。
また宜しくお願いします。
2007/10/03(Wed) 23:43 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。