• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『乳幼児医療』 が患者負担無し、という次元を越えて、
大幅にこどもの医療費を完全無料にするという記事について、である。




 ↓ 応援して頂けると嬉しいです。クリック宜しくお願い致します。
   

---------------------------------------------------------------------------

医療費完全無料、
中学生までの大幅拡大相次ぐ 愛知県

                          asahi.com 2007.9.5
   http://www.asahi.com/life/update/0905/NGY200709050002.html


愛知県内で、子どもの医療費無料化を、来年4月から 中学卒業まで
大幅に拡大すると表明する自治体が相次いでいる。
特に 財政力の高い西三河 8市のうち豊田、岡崎、安城、刈谷の
4市が一斉に実施する予定だ。同県内で 現在実施 しているのは
1市2村だが、来年4月には中学卒業までの 入通院医療費無料化
7市2村 まで広がる見通しで、今後さらに増える可能性もある。

岡崎市では5日午前、柴田紘一市長が9月定例市議会の一般質問で、
『子育て支援策』 として来年4月からの実施を答弁した。刈谷市は
7月の市長選で初当選した竹中良則市長が、4日の市議会で引き上げを表明した。

両市と豊田、安城の4市は現在、小学校入学前までの未就学児を医療費無料の
対象としているが、一気に9歳分引き上げることになった。

同県内では、すでに弥富市、飛島、豊根両村で中学卒業まで無料。
大府市が今年10月から実施する。豊田、日進の両市は今年8月、来年4月からの
実施を表明したばかりだ。この結果、来年4月には同県内 7市2村 で
中学卒業までの医療費が完全に無料化される見通しだ。

この背景には、神田知事が知事選公約で、来年度から県の助成制度
現行の4歳未満児から 通院は就学前、入院は中学卒業まで
と大幅に拡大させる方針を打ち出したことがある。

これまでも、財政力の豊かな自治体 を中心に県の助成に上乗せした
医療費無料化が実施されていたが、県の助成の大幅拡大 が
自治体の無料化拡大を後押しした形だ。

特に、西三河地域を中心に、自動車関連産業の好景気 で
子育て世代の人口も大きく伸びている。財政余力が大きく、入院では
中学卒業まで無料としている自治体もある。子どもの医療費無料化を
近隣市と競ってきた経緯もあり、さらに追随の動きが出ることも予想される。

西三河では、今年3月にいち早く表明した安城市の神谷学市長は
『子育て支援は最重要課題の一つ。医療費無料は、市民の要望も強い』
と話している。

--------------------------------------------------------------------------------

乳幼児を越えて、中学生までが無料!!

小児科にかかるこどもは検査しても、入院 しても、みんな無料!!

もちろん、時間外で深夜に受診 しても無料、である。


さすが、『トヨタ』・・・。

しかも、『村』 でも出来るものなのか、と感心する。


親御さんの負担が無くなる事は、非常に良い事である。

こどもを持つ親としては羨ましい・・・。


医療費として薬も検査も何かと高い。実際問題、経済的な負担
のために、治療を遠慮しているこどもは居る。

そういうこども達に恩恵があるのは大賛成である。


心配なのは、不必要な受診、不必要な検査、不必要な薬などを含め、
時間外受診なども増えて、小児科医の負担が増えないか
という点である。

『ただなら行っとこう』
『とりあえず、薬もらっとこう』


医師の勤務は現状で 破綻 しかかっている。


薬の乱用による問題、医療費の更なる増大、なども気にかかる。


親御さん達の 『育児力』 が衰えていくのも心配である。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
医療費無料でも入院時にはお金がかかる?
医療費無料でも子供(1歳)が入院したときには結構お金がかかりました。

大部屋以外を自分で選択した場合のベッド代の差額が有料なのは分かるのですが、私が罹っている個人病院では、大部屋は6床からのため、その部屋に割り当てられてもベッド代(1500円位)がかかります。そのときの説明では、無料なのはもっと沢山のベッドがある病院といわれました。
大学病院に幼児を入院させたお母さんの話では、子供が入れる病室が2人部屋(一日2万位)と3人部屋(1万位)しかなくて、とてもお金がかかったそうです。

実際、入院費無料とは云っても、子供のベッド代がただになることは少ないのでしょうか?
2007/09/19(Wed) 12:02 | URL  | みかん #-[ 編集]
> みかん さん

ありがとうございます。

基本的には入院費も無料です。

食事代、服代、オムツ代などはかかりますが、個室代・差額ベッド代などはないはずです。

個室などの特別室は、

・患者の自由な選択と同意に基づく。
・医療機関が料金を請求できるのは、患者側の希望がある場合に限る。
・救急患者や手術後など、治療上の必要から特別室へ入った場合は料金を請求できない。
・医療機関は特別室の設備・料金などについて説明し、同意書に患者の署名が必要。

となっています。

説明無しに料金が発生する、病院の都合で特別室を利用される場合に患者さんの希望無しに料金が発生してはいけないと思われます。

と、考えてますが・・・。

またお願い致します。
2007/09/19(Wed) 21:33 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。いつも参考に見ています。
医療費の窓口無料化をした自治体には、厚生労働省が補助金を削減するという記事を読んだことがあります。それをおしてまで踏み切るというのは、よほど子育て政策に手厚いとみていいのか、はたまた他に意図はないのかとかんぐってしまいます。(選挙対策とか・・)
私も、小児科過剰受診による医療破綻と親の育児力低下を誘わないか心配です。せめて時間外・休日は有料にするとかしないと・・・。(でもきっと文句が来るのでしょうね)
医療崩壊を防ぐために、一般人のわれわれも知恵を絞り、できることはしないとならないといつも思ってます。この国の医療状況は、厚生労働省やマスコミも悪いけれど、患者も、自分の行動が医療崩壊を助長してないか考え、直さないとならないと思っていますので・・・。
今後もよろしくお願いします。
2007/09/20(Thu) 10:57 | URL  | レイカ #TrgG7DgU[ 編集]
> レイカ さん

ありがとうございます。

おっしゃるとおりです。
皆が医療についてもっと考えないと、この『医療崩壊』は止まりません。最近『医療ネタ』を書いていませんが、あまりにも問題が多過ぎて、またマンネリ化してきて、書いてません・・・・。

どうすれば変っていくのか、本当に将来を心配してます。

最初の志で『医療情報を提供したい』と思ってましたが、その中には育児情報も含みますが、『医療崩壊』を防ぎたい気持ちもありました。

何とか頑張りたいものです。

またお願いします。
2007/09/20(Thu) 21:47 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。