• 01<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、乳児に多い 『先天性股関節脱臼』 について、である。




 ↓ 応援して頂けると嬉しいです。クリック宜しくお願い致します。
   

---------------------------------------------------------------------------

先天性股関節脱臼

股関節がずれたり、外れたり、などの脱臼の症状を起こす病気で、
完全に外れている完全脱臼、関節が外れかかっている亜脱臼、
股関節の屋根に当たる部分の発育が悪い股関節臼蓋形成不全、の3種類がある。

一般的に、先天性股関節脱臼は 女児 に多く、男児の約10倍の頻度で起こる。
また遺伝性があるといわれている。

我が国において、以前は先天性股関節脱臼の発生率は2%程度であったが、
オムツや意識の変化などで現在では 0.2~0.3% と推定されている。

先天性股関節脱臼を発症した赤ちゃんを出生した月別に検討すると、
6月が最も少なく、11月から2月の 冬場 に産まれた赤ちゃんに発生率が高い
事が明らかになっている。これは寒い時期には赤ちゃんに 厚着 をさせるため、
下肢の自由な運動が妨げられている事が影響していると考えられる。

先天性股関節脱臼が発見されるのは3~4ヵ月の乳児健診の時が最も多い。

赤ちゃんは脱臼が起きても、痛みもなく、泣いて訴えるという事はない。

痛みはないが、放っておくと関節が変形する事もある。

一般的には、左右の太もものシワの数などで、気付かれる事が多い。


症状 としては、

・膝を曲げた状態で股を拡げた時に股関節にポキポキ、コリッという音がする。
・両足を曲げて、膝が外側を向くように拡げてみると、開きが悪い
・両足を揃えると太もも・お尻の シワの数が左右で違う
 左右の足の長さが違う
・歩き始めが遅い。足を引きずるように歩く。


なお、両側とも脱臼がある場合は、これらの症状は、はっきりしない。


『先天性』 という名がついているが、9割以上は後天的なものである。
生まれた時、既に脱臼が完成している場合は少ない。

生後間もない赤ちゃんを裸にしてあおむけに寝かせてみると、
膝を曲げ、股を開いてカエルのような格好をしている。
股を中心に M字形 になっている、このスタイルが赤ちゃんにとって
一番無理のない、自然な姿勢 である。

赤ちゃんはもともと関節が緩いので、股関節も外れ易く、無理に真っすぐに
させたり、この姿勢を妨げるような形のおむつ・衣類を付ける事で、
股関節の脱臼が起こりやすくなる。

新生児時から股関節を自然な格好に保つ事で、ある程度は脱臼が予防出来る。

cdh


股関節脱臼かどうかはレントゲン写真撮影で解る。

超音波による先天性股関節脱臼の診断も拡まってきていて、
まだ骨に成長せず軟骨が殆どの乳児には有効な診断法である。

早くに見つかった軽度の脱臼・脱臼が疑わしいという程度の場合は、
当面、おむつの当て方・赤ちゃんの抱き方に気を付ける。

オムツ変えの時は赤ちゃんの両足首を持って持ち上げたりせず、
おしりの下に手を入れて腰から全体を持ち上げるようにする。

完全脱臼の場合・オムツ・抱っこの注意だけでは治らない場合は、
治療用の装具をつける。

この装具は、『リーメンビューゲル』 といい、簡単なバンドを肩から
足にかけてつるし、自然に脱臼が治るように工夫されたものである。
装着期間は平均3~4カ月で、生後3~6カ月の間にこれをつければ、
関節がはずれかかっているだけの亜脱臼で100%、完全脱臼でも90%が治る。

装具をつけてもよくならない場合は、牽引といって、足を引っ張る治療をする。

それでも治らない場合は手術が必要になるが、頻度は低い。

歩き始めてからの治療は一般に難しく手術が必要になる場合も少なくない。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
はじめまして。ここにコメントを書き込んでいいのか分からず・・・一応駄目もとで書き込みます。
うちの息子は2才9か月です。1才を過ぎた頃からよく夜から夜中にかけて膝が痛いと訴え泣くようになりました。成長痛かとも思いますが、余りに酷く泣き、夜中も痛みで目が覚めるのか2・3回泣いて起き、痛みを訴えます。
一度病院で診てもらった方がいいのでしょうか?
2008/01/27(Sun) 01:47 | URL  | はるまみぃ #-[ 編集]
> はるまみぃさん

ありがとうございます。

膝は昼間は痛くないのですよね?
腫れてはいないですよね?

夜だけで腫れが無ければ変な関節炎の可能性は低いですが、持続する・悪化する痛みはいわゆる『成長痛』ではありません。

『成長痛』の原因は不明で他の病気が否定されても痛む場合にそう診断します。基本的には痛みは夜間中心で、びっこを引いたりせず、腫れも無く、悪化もしないものです。

年齢的には少し早い気もしますが、精神的な膝痛という意味では成長痛の部類に入るかも知れません。

前からあって悪化無く、関節の腫れもなく、痛みも強くなく、昼間に運動が出来ている状態なら心配要らないでしょう。

もちろん、変な関節の病気もあるので、悪化する・持続する時は一度整形外科にかかられる事をお勧めします。

お大事にして下さい。
2008/01/28(Mon) 23:28 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
こんにちは。先天性股関節脱臼を検索していてこちらのブログにたどり着きました。質問ばかりになって申し訳ございませんがもしよろしければ聞いてください。
現在3ヶ月半の男の子です。2ヶ月ぐらいから太もものしわの位置と深さが違うのが気になりだしてきました。右のほうが深くて左のほうが浅く短く膝よりにあります。
逆子で産まれたため、産まれてすぐはMの形をしていました。足の開きや長さは大丈夫そうですが、右の足を伸ばしていることが多いです。ただいつもというわけでもなく両足を持ち上げたり立たせたりしている時もあります。
寒い季節だったこともあり、家の中でもおくるみを使っていましたし横抱きを多くしてしまい脱臼してしまったのではないかと心配です。
脱臼の可能性はあるでしょうか?
市の健診は3ヶ月はなく4ヶ月健診なのであと半月ほどありますが、その前に整形外科を受診したほうがいいでしょうか?
2008/01/31(Thu) 18:41 | URL  | しまうまま #-[ 編集]
> しまうまま さん

ありがとうございます。

実は太もものひだの左右差は正常でも結構あるので難しいものです。

男児には少ないのですが、左右の差が大きいとなると可能性はあります。

しかし、緊急に週間を争う病気ではありませんので、健診でしっかり見て頂けば良いと思います。

お大事にして下さい。
2008/01/31(Thu) 21:50 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
早速のコメントありがとうございました。とても参考になりました。健診までまってみたいと思います。本当にありがとうございました
2008/02/01(Fri) 09:52 | URL  | しまうまま #-[ 編集]
初めまして。生後3ヶ月と1週間の息子がいます。

生後2週間健診の時に股関節が硬いと言われ股関節脱臼の疑いがありました。
その後1ヶ月健診で柔らかくなってきてるから脱臼の疑いは低くなったとの事。

しかし、最近おむつ替えの時ポキポキなったり、左右の太ももの皺の数が違っていることに気づき、本日近所の整形外科へ行ってきました。

触診とすると、やはり硬いとの事。なのでレントゲンを撮りました。
1枚目は真っ黒になってしまったので計2枚撮りました。
結果、脱臼はしていなく安心したのですが母親に話すと、小児科に行かなかったの?しかもレントゲン平気なの?と言われ心配になってしまいました。
小児専門の整形外科ではなく昔ながらの整形外科へ行きました。

生後3ヶ月で股関節のレントゲン(2枚)は何か影響ありますでしょうか?
また普通の整形外科より小児科に行くべきでしたでしょうか?
2008/02/01(Fri) 22:26 | URL  | mame #BqEwgRj.[ 編集]
> mame さん

ありがとうございます。

先天性股関節脱臼は整形外科の病気です。
小児科医が見つけたら整形外科に紹介します。
赤ちゃんの診察に慣れているかどうかは気になりますが、整形外科にかかる事は間違ってませんよ。

レントゲンも2枚では全く問題になりません。自然に浴びる放射線のレベルです。
200枚だと被爆が心配ですが・・・。
そういう次元です。

お大事にして下さい。

2008/02/02(Sat) 22:13 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
お返事どうもありがとうございました!
とても安心しました。
また1ヶ月後にチェックしに行きます。
本当にありがとうございました。
2008/02/05(Tue) 21:04 | URL  | mame #-[ 編集]
臼蓋形成不全
初めまして。1歳になる娘が8ヶ月健診で股関節がやわらかすぎるといわれ、小児整形に行ったところ、臼蓋形成不全と診断されました。
その日からリーメンビューゲルを装着し、約4ヶ月たちますが、まだつけています。
私もmameさん同様、今までに3回、今後も2ヶ月に1度とるレントゲンの影響が心配なのですが、その程度ならそんなに心配ないと理解してよろしいでしょうか?
質問が重なってすみません。
2008/02/07(Thu) 15:07 | URL  | さきママ #-[ 編集]
> さきママ さん

ありがとうございます。

記事を書いてみましたが、全く問題ないと思います。

通常生殖腺を防護してくれますし、数ヶ月で数十枚単位でなければ影響ないと思われます。
指示に従って検査して頂ければ良いと思います。
お大事にして下さい。
2008/02/07(Thu) 23:51 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
初めまして。
私は4ヶ月の娘を持つ母親です。今年1月初めに3ヶ月健診で小児科に行きました。
元々皮膚がガサガサだったので健診のついでにそのことを聞いてみよう。と気楽にいたら、先生に股関節脱臼かもしれないなぁ。整形外科紹介するから一応検査してみて。と、言われました。
その後すぐ整形外科を訪れレントゲンを見たところ左足が完全脱臼しているとのことでした・・・
その一週間後からリーメンビューゲルを装着させています
上の方の質問にもありますがレントゲンが心配になったりします。。
この約1ヶ月?以内で4枚くらいは撮っています(各2枚づつです)
まだ小さいので大丈夫なのかなと不安になるんです。
また左足が完全脱臼とのことで骨の位置も離れているようです
程度としては重症の方かな。と先生に言われ落ち込んでいます。
ベルトを装着すると早い子(軽度の場合)で3~4日でくっついてしまう子もいる。と言われました。
娘の場合リーメンビューゲルを付けてから2週間ですがまだはまっていません。この先治るのか不安になってしまいました。。
治るのでしょうか。。。?。
弱音ばかりですみません。
2009/01/29(Thu) 23:45 | URL  | えみ #-[ 編集]
はじめまして。
生後2ヵ月になる娘がいます。生まれたときから、右に向いて寝る癖がありオムツを変えていても右に片むいている感じです。足を伸ばして見ると左足が地につきません。後姿を見ると、お尻の位置もずれてるししわの数も違います。明らかに、股関節脱臼の可能性があるように思われます。整形外科に行く予定をしていますが、2ヵ月でも何か治療できるんですか?
2011/04/11(Mon) 13:32 | URL  | バナナの親子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。