• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、いわゆる 『夏カゼ』 の中の 『手足口病』 について、である。




 ↓ クリック宜しくお願い致します。
   

-----------------------------------------------------------------------------

手足口病

手足口病(hand, foot and mouth disease:HFMD)は、その名が示すとおり、
口腔粘膜・手・足などに現れる水疱性の発疹を主症状としたウイルス感染症で、
幼児を中心に夏季に流行が見られる。

コクサッキーA16、Aコクサッキー10、エンテロウイルス71、などの
エンテロウイルスの仲間により起こる。

幼児中心に流行し、2歳以下が半数を占めるが、学童でも流行がみられる事がある。

また、学童以上の年齢層の大半は既にこれらのウイルス感染を受けている
場合が多いので、成人での発症はあまり多くない。

3~5日の潜伏期をおいて、口腔粘膜、手掌、足底、足背などの四肢末端に
2~3mmの水疱性発疹が出現する。

HFMD1

HFMD2

HFMD3


時に肘、膝、臀部などにも出現することもある。

手、足、口の全ての部位に発疹が出現する割合は小さいこどもほど高い。

口腔粘膜では小潰瘍を形成する事もあり、口内炎がひどくなると痛くて
食べられなくなる事もある。

特に舌周縁部のものは痛みが強い。

発熱は約1/3に見られるが 軽度 であり、38℃以下の事が殆どで、
出ても大体、3日間以内で下がる事が多い。

その他に、鼻水、咳などの感冒症状、口が痛いために生じる食欲不振、
よだれの増加などがみられる。

通常は3~7日の経過で消退し、水疱が痂皮を形成する事はない。

稀には髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系合併症、心筋炎、などを
生ずる事もある。


鑑別診断としては、口腔病変はヘルパンギーナ、ヘルペスウイルスによる
歯肉口内炎、アフタ性口内炎などが挙げられる。

手足の発疹に関しては、水痘の初期疹、ストロフルス、伝染性軟疣腫
などが鑑別の対象となる。


刺激にならないよう柔かめで薄味の食べ物を勧めるが、何よりも
水分不足にならないようにする 事が最も重要である。

スポーツ飲料などで水分を少量頻回に与えるよう努める。

時には経静脈的補液も必要となる。


 『こどもの脱水について』 『経口補液療法について』 参照。


元気がない、頭痛、嘔吐、高熱、意識障害、などの場合には髄膜炎、
脳炎などへの進展を注意する。


感染経路は、飛沫感染に加えて、夏カゼのウイルスは腸で増殖するため、
喉・鼻の分泌物以外に糞便からもよく感染する。

予防としては患者に近づかない、手洗いの励行、などである。

手足口病は、学校で予防すべき伝染病1~3種に含まれていない。

主症状から回復した後もウイルスは 長期にわたって排泄 される事が
あるため、急性期のみ登校登園停止を行って、学校・幼稚園・保育園などでの
流行阻止を狙っても、効果はあまり期待が出来ない

通常の流行状況での登校登園の問題については、流行阻止の目的というよりも
患者本人の状態によって判断すれば良いと考えられる。

が、実際は殆どの幼稚園・保育園で、登園許可証が必要となっている。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
手足口病
元保育士の私は、28歳で手足口病に感染しました^^;。
まあ大人なんで症状は軽く済みましたが、手と足の裏がチクチクして喉もなんとなくイガイガしていました。

そうなんですよねぇ・・・。
登園するしないでは父兄ともめました。
古い先生ほど、「休ませるべき!
他のお子様に移っては大変」と言う考え。
しかしながら、もう感染した頃にはまんえんしてるんですよね?
それほど重病になる病気でもないですし、1週間保育園を休ませるほどでもないのでしょうけど、いちおうあの頃は伝染病扱いだったんですよね。
親も仕事1週間近くも休めませんし、なかなか難しいところです。
2007/07/30(Mon) 19:33 | URL  | すもも #-[ 編集]
> すもも さん

ありがとうございます。

手足口病とまではいかなくても夏カゼはよく口内炎が出来て痛いです。

手足口病だけが伝染するわけではなくて、どのカゼも一緒なのですが、ポツポツ出来てばれやすい事、結構痛くて食べられなくなったりして可哀想な事、から隔離とする園が多いようです。

現実的には、カゼというものは症状が改善してもある程度の期間はべたべたすればうつるはうつるので治癒証明書は何を持って治癒とするかは難しいですね。

僕は出来るだけ早く園に言って欲しいので証明書はすぐ書きます、というか手足口病と診断せずに、『夏カゼ』とごり押す事もあります。

またお願いします。
2007/08/07(Tue) 22:21 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
うちの子の園でも流行っています~。ちなみに許可書はいらない事になってます。
実際は許可書がいらないからと熱があっても、食べられなくても連れてあずけている方が多いようです。皆さん忙しいので、許可書がいらないから行ってよいと都合良く判断してしまう方もいるようですね。
朝、熱があってもあずけてしまって後は迎えにいけませんと言ってしまえばいいのよ~と話す方を前にどうなのかなって思います~。
2009/08/04(Tue) 10:07 | URL  | りんご #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。