• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『医師不足』 のニュースについてである。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

---------------------------------------------------------------------------

医師不足:『4万人』 診療体制、非常勤頼み
厚労省の統計分析

                          毎日新聞 2007.6.1
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070601k0000m040164000c.html

常勤医だけで現在の診療体制を維持するには、少なくとも約4万人
の医師が足りないことが、厚生労働省の統計を基にした東北大研究チームの
分析で分かった。全国の医療機関が報告した診療に従事する医師数の合計が、
実際の医師数を約4万人上回っていた。報告は非常勤医も常勤医とカウントしており、
常勤医の不足をアルバイトで診療にあたる大学病院の医師らが補っているため
とみられる。日本は 大幅な医師不足 の状態にあることが、
国の統計から裏付けられた形だ。

分析は、医師が2年に1回、勤務先などを届け出る 『医師・歯科医師・薬剤師調査』
と、医療機関が3年に1回、勤務医数(非常勤医師も常勤医師に換算)などを
報告する 『医療施設調査・病院報告』 を基に、診療に従事する医師数を
比較した。

その結果、02年度の調査では、全国の医療機関が報告した医師数は
計29万286人だった。しかし、医師調査によると、保健所勤務など診療に
従事していない人を除いた医師数は24万9574人で、4万712人の差があった。
診療現場では 約29万人の医師が必要 にもかかわらず、
約25万人しかいない ことになる。

さらに、過去の両調査を分析すると、96年にも4万7028人
90年にも4万6674人の差 があり、同様の医師不足が続いていた
ことが分かった。

研究チームの伊藤恒敏教授は、
国は長年にわたって医師不足を放置してきた ことになる。
非常勤医師は当直業務に当たることが多いが、当直も常勤医でこなすのが
本来の姿。日本の医師不足は深刻 で、非常に不健全な状態だ』
と指摘している。

----------------------------------------------------------------------------

1990年から4万人不足が続いている・・・

少なくとも、『医師不足』 になってから、もう17年経っている。

『今更』 なのかも知れないが、やはり何とかしないといけない。

このままでは、本当に崩壊してしまう。




その他の、『医師不足』 の記事についても、参考にして欲しい。

 ・医師不足①
 ・地方医療の崩壊
 ・医師不足②
 ・日本の医療が崩壊する?!
 ・医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。