• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回も悲しいニュースである。

こんにゃくゼリーでの窒息事故についてである。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

---------------------------------------------------------------------------

こんにゃくゼリー:7歳児2人が窒息死
注意呼び掛け

                           毎日新聞 2007.5.23
  http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070524k0000m040066000c.html


一口サイズのこんにゃくゼリーを食べた7歳の男児2人が3、4月に相次いで
窒息死していたことが分かった。国民生活センターが23日発表した。
同センターは 『こんにゃくゼリーの安全性が確認できない。被害が集中している
子供や高齢者はこんにゃくゼリーを食べるのを控えてほしい
と呼びかけている。

同センターによると、3月23日に東海地方の7歳男児が、学童保育でおやつとして
提供されたこんにゃくゼリーを食べて窒息死した。
4月29日には、甲信越地方の7歳男児が祖父母宅でこんにゃくゼリーを食べて
のどに詰まらせ、6日後に亡くなった。

こんにゃくゼリーは、ダイエットブームを背景に登場した商品で、
幅数センチのミニカップや袋に入っているものが多い。
ほかのゼリーに比べて硬く、弾力性があるため、のどに詰まりやすい。

同センターによると、窒息事故は95年以降、約40件 起きている。
特に95、96年に多発し、1~6歳の乳幼児5人と60~80代の高齢者3人の
計8人が死亡。その後、99年にも40代の女性が死亡した。
このほか03年、川崎市内の3歳児が窒息死し、病院の受け入れ態勢をめぐって
裁判になった例がある。

同センターは死亡事故などを受けて95年10月から昨年11月まで計7回の
注意情報を出し、農林水産省や業界団体に改善を要望。
メーカーも消費者がよくかんで食べるよう注意表示を分かりやすくしたほか、
商品を小さくしたり、形を変えるなどの改善を進めていた。

一方、海外では米食品医薬品局(FDA)が、こんにゃくゼリーの危険性の警告や
商品の回収 を実施しているほか、欧州連合(EU)も03年、
ゼリー菓子への こんにゃくの使用を禁止 している。

同センターの島野康審議役は 『日常的に子供が口にする商品で、
これだけ死亡するということは相当の問題。今後、さらに調査を進め、
改めて業界や行政に改善を要望したい』 と話している。
農水省食品産業振興課は 『詳細を調べ、対応を検討したい』 としている。

子どもの誤飲事故に詳しい小児救急医学会理事長の市川光太郎
(北九州市立八幡病院副院長)

本来なら気道の異物を除去しようとしてせき込むなどの反射が起こるはずだが、
かまずに食べたゼリーが気道に粘着して完全に覆ってしまい、
反射も起きない状態になったのではないか。
気道はその人の小指より心持ち太い程度で、過去には1歳児がイクラを食べて
窒息死した例もあった。メーカーは、一口サイズではなく大きめの容器に入れ、
さじですくって食べる形に改める必要がある。
保護者ら大人の側も自分が食べている物をそのまま子どもに与えないよう
注意してほしい。

---------------------------------------------------------------------------

以前、こんにゃくゼリーは窒息の危険があるため、形が変わったりしたが、
実はその後も事故は起きていたようである。

というか、起き過ぎ である。


こどもはゼリーが好きである。

普通に手に入るゼリーを、こどもは普通に口にする。


海外ではもっと厳しい対応をしている。


FDAでは、こんにゃくゼリーを 見かけたら連絡 するよう
呼びかけている。

EUではこんにゃくゼリーを 禁止 している。


今流行している 『麻疹』 などと同様に、国として責任感が違う

これ以上痛ましい事故が無いように十分に対策して欲しいものである。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コンニャクゼリー
妊娠中、体重管理に毎日よく食べていました。
確かに弾力があってよく噛まないと飲み込めないものですが・・そもそも小さいお子さん(1~5歳くらい)は自分でスーパーで買い物はできないので、親御さんが買って与えてるんだと思います。
死亡例が出た時点で子供やお年寄には買わない・与えないようにすればいいだけだと思うのですが・・・。
買ってはいけない・売ってはいけないというのは生き過ぎなような気がします。
それよりタバコを禁止するのが先のように思います。
2007/05/25(Fri) 23:13 | URL  | すもも #-[ 編集]
> すもも さん

ありがとうございます。

仰るとおりです。啓蒙活動が最も重要だと思います。
親御さんに、老人の家族に、そして販売会社に。

事故が無くなる事が第一ですので、それに近づくように活動して欲しいものです。

アメリカのような訴訟社会では会社として、売るのは危険なのかも知れません。

またお願い致します。

2007/05/30(Wed) 21:43 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
カップ入りゼリーについて
お世話になっております。
65万アクセスおめでとうございます!これからもよろしくお願いします!

今日はカップ入りゼリーについて質問させてください。

こちらの記事で先生がこんにゃくゼリーの危険性をわかりやすく書いて下さり、とても参考になりました。欧米では回収やゼリーへのこんにゃく使用禁止をするほどのものなのですね・・・。気道がそんなに細いものだということもしりませんでした!

とこらでこんにゃく入りではないカップ入りゼリーもたくさん市販されていますが、これらは安全なのでしょうか?

幼稚園の給食でも、日によってデザートとしてミニカップのゼリーが入っていることがあるそうです。

ゼラチンや寒天で固めてあるものは、確かにこんにゃく入りのものよりは遥かにやわらかいですが、本当に大丈夫なのか?とちょっと心配しています。

よろしくお願いします。
2009/04/03(Fri) 11:34 | URL  | トンカツ #AGEAQMwE[ 編集]
Re: カップ入りゼリーについて
> トンカツさん

ありがとうございます。
安全かどうかは難しいですね。
毎年正月には何人ものご老人が餅で亡くなってます。
パンを早食い競争して亡くなる小学生も居ます。
むしろ食べ方の指導が大切ではないでしょうか。
またどうぞ。
2009/04/18(Sat) 23:19 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
ありがとうございます
お忙しいなかご回答ありがとうございます。
しばらく更新もコメントもなかったので、多忙のあまり先生が体調を崩されているのではないかと心配になっていました。お元気なようで良かったです!
“食べ方の指導が大切”とのこと、本当にそうですね。
よく噛む・座って食べる・口に詰め込み過ぎない・口に食べ物が入っている状態でおしゃべりしないということは繰り返し言っているのですが、なかなか完全にはいかないです・・・。
カップ入りミニゼリーはスプーンで食べるようにしたほうが良いと思うのですが、お友達の家でそのまま出されることもしばしば。ちょっぴりずつチュルチュルと口にいれるんだよと言い聞かせようかと思います。
また何かありましたらよろしくお願いします。
2009/04/24(Fri) 11:58 | URL  | トンカツ #JJwcMvNk[ 編集]
Re: ありがとうございます
> トンカツ さん

ありがとうございます。
最近更新はおろか返事も出来ず申し訳ありません。
新型インフルとかなんやらかんやらで・・・。
またどうぞ。
2009/05/12(Tue) 13:38 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。