• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『サラリーマン川柳』 について、である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

---------------------------------------------------------------------------

『妻の声、昔ときめき、今動悸』
サラリーマン川柳
                        2007.5.15 asahi.com
   http://www.asahi.com/life/update/0515/TKY200705150406.html

『妻の声 昔ときめき 今動悸(どうき)』 (03年)と嘆いても、
やはり気になるのは 『妻』・・・・。

第一生命保険が、20周年を迎えた 『サラリーマン川柳コンクール』 の
これまでの入選作に使われた単語を分析すると、『妻』 の登場回数が
150回とがダントツだった。2位は 『子』 (105回)で、家族が上位を占めた。

87年以来の入選作2597句を対象に集計。『上司』 の登場回数は83回で
4位だった。景気の低迷期には 『上司』 『ボーナス』 など職場が題材の
作品が減る傾向があるが、景気回復で最近は再び増えているという。

年代別では、バブル期は 『上司』 『部下』 が頻繁に登場。
バブル崩壊後の92年に 『上司』 が上位から姿を消し、
『父帰る 娘出かける 妻眠る』
『昼食は 妻がセレブで 俺セルフ』
など 『妻』 『子』 が登場数の上位に浮上した。
『iモード』 登場の99年には 『携帯』 が初登場し、
『IT化 夫婦関係 愛低下』
といった句も増えた。

また、第20回(06年11~12月募集)の入選作100句への人気投票では
『脳年齢 年金すでに もらえます』    が1位。
『このオレに あたたかいのは 便座だけ』
『犬はいい 崖っぷちでも 助けられ』

と疲れや悲哀の作品も上位だった。

---------------------------------------------------------------------------------

『サラリーマン川柳』 第一生命
http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/index.html


senryuu



その他、

『前向きで』 駐車場にも 励まされ

デジカメの エサはなんだと 孫に聞く



ダイエット関連では、

体重計 踏む位置ちょっと 変えてみる

部分痩せ したい所が 大部分

ダイエット 形状記憶で 元どおり


なかなか面白い。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。