• 03<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『AED』 について、である。



 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
    

---------------------------------------------------------------------------

打球直撃で心肺停止 AEDで助かる
大阪の高校野球

                        2007.5.1 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070501ik0f.htm


大阪府岸和田市の私立飛翔館高校で30日に行われた春季近畿地区高校野球大会
府予選の試合中、飛翔館投手の2年○○さん(16)の左胸に打球が直撃、
○○さんはその場で倒れ、心肺停止状態になった。

観戦していた同市消防本部の救急救命士、岡利次・消防士長(39)らが
学校に備え付けの自動体外式除細動器(AED)を使うなどしたため、
一命を取りとめた。○○さんは約1週間経過入院するが、診療した医師は
『AEDがなければ危険な状態だった』 と話している。

関係者によると、事故が起きたのは午前10時20分ごろ。
勤務が休みだった岡消防士長は、同高野球部の奥野恵立監督(49)らと
心臓マッサージや人工呼吸も実施、119番通報で7分後に救急隊員が駆け付けた
時には、○○さんは自発呼吸を始めており、呼びかけにも応じたという。

岡消防士長は 『息子も少年野球をしているので人ごととは思えない。
助かって本当によかった』 と生徒の回復を喜び、○○さんの母、
愛美さん(41)は 『救助してくれた皆さんに感謝したい』 と話している。

AEDは、けいれんした心臓を電気ショックで正常に戻す装置。
2004年7月から一般市民も使えるようになり、学校現場などへの配備が進められている。

---------------------------------------------------------------------------


自動体外式除細動器 AED Automated External Defibrillator

AEDは、心臓の突然の停止(心室細動)の際に電気ショックを与え(電気的除細動)、
心臓の働きを戻すことを試みる医療機器である。

心停止となった場合には、脳は 3-4分間 で血流停止による損傷を受ける。

心室細動による心停止後の退院にいたる救命の可能性は、
1分ごとに7-10%低下 し、5分後には約50%といわれている。

AED

心停止に対する対処は、短時間での処置が救命の重要な要素である。

このため、2004年7月に厚生労働省は 『非医療従事者 による
AEDの使用のあり方検討会報告書』 に基づき、それまでは医師や救命救急士などに
限り使用することが認められていましたAEDを、救命の現場に居合わせた
一般市民が行える ものとし、併せて積極的な普及活動を進めることとなった。


AEDをさっと使える人は少ない。

いざと言う時になかなか体が動く人、冷静に対処出来る人は少ない。

すごいと思う。


心臓マッサージなどの救命処置を含め、AEDの使用などにより、
より救命出来る可能性が上昇する、後遺症を減らせる、事を考えると、
是非とも皆が出来る・使えるようになって欲しい。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。