• 04<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こどもの 『発熱時の対処法』 は非常に重要な事であるが、その具体的な方法
については、外来診療中に細かく指導出来ていないのが現状である。


今回は、『発熱時の対処法について』 である。





 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

-----------------------------------------------------------------------------

こどもが発熱したら


こどもが発熱した時は、暖めず、むしろ、着ている服を脱がせて
薄着 にする。

『寒そう』 と気を利かせて、おばあちゃんがたくさん服を着させてくれたりするが、
こどもにとって 逆効果 となる事が多い。


汗をかく事で熱が放散されて、一時的に体温が下がる事も多いが、

汗をかく事による体力の消耗、
熱がこもって余計に体温が上昇する、
水分蒸発による脱水の危険、
  などがある。


こどもは薄着にして熱を外に逃がすだけで、体温が下がる事も多い。


暖めなければいけないのは、病気に伴い体温が上がりかけの時で、
悪寒(震え)がある時、こどもが寒がっている時、だけで良い。


その場合もいったん体温が上昇してしまい悪寒が無くなれば、
また薄着にしてあげる。その繰り返しとなる。


アイスノンなどで冷やす場合は、
大腿(太もも)、脇の下、首の周り、などを冷やすと
大きな血管が走っていて効果的
 である。


おでこを冷やしても殆ど体温は下がらないが、こどもが
『ひんやりして気持ち良い』 と言うなら、してあげれば良い。


あとは、しっかり水分を取らせる。
休養を取らせる。安静にする。




解熱剤は元気なら必要無い。

  『解熱剤について』 も参照。


これも汗をかかせる事と同じで、
病気が治るまでは座薬で熱を下げても
その後また体温が上がってくる事が多く、
体温の上げ下げが体力を奪う。



通常の熱そのもので頭がおかしくなる事は無い。


真夏の車中に長い時間、閉じ込められた、などで、
体温が43℃以上になったという事態とかは別である。


熱そのもののせいではなく、熱の原因が髄膜炎・脳炎などによるもの、
あとはひどい痙攣、ショックなどが重なると頭に障害が残る事がある。

これらは症状が強く、すぐ判別が付くと思われる。


こどもの発熱時は、
元気かどうか、水分が充分摂れているか、
嘔吐・咳・痛みなどが強くないか、
今までに出た事が無い症状(発疹、出血など)が無いか、

などに注意する。


発熱時の入浴については、『発熱時の入浴』  を参照。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。