• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、10代のインフルエンザ患者さんが 『タミフル』 服用なしで
飛び降りてしまった、というニュースである。

インフルエンザそのものに 『せん妄』 という異常行動があり得るので、
特にニュースでは無いが、マスコミにかかるとこうなってしまう。


インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、
 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』
 『転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知』
 『中2がタミフル服用後に転落死 仙台』
 『タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば』
 『タミフル 10代の使用制限』 
 

その他のインフルエンザ関連の記事では、
 『インフルエンザ』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

インフルエンザ14歳男子、タミフル服用せず飛び降り
                             2007.3.23 読売新聞
        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000301-yom-soci

西日本で先週末、インフルエンザにかかった男子(14)が、自宅2階から
飛び降り、足を骨折していたことがわかった。
タミフルは服用していなかった

主治医によると、この男子は15日、38度の熱があり、翌日いったん熱が下がったものの、
17日未明に自宅2階から飛び降りたとみられ、玄関先で倒れているところを発見された。

病院搬送時に熱があり、検査で B型インフルエンザ に感染
していたことがわかった。男子は 『夢の中で何かに追われ、飛び降りた』
と話しているという。

タミフル服用後の 『飛び降り』 事例が相次ぎ、薬との因果関係が
疑われているが、服用していない患者の飛び降り例はこれまで
あまり報告がない という。このケースは来月、厚労省研究班会議で
報告される予定。

----------------------------------------------------------------------------------

インフルエンザそのものによる『せん妄』 『異常言動』 は以前から
知られている。

現場では、『熱せん妄』 と 『脳症』 の区別が非常に難しく、
困惑するケースが多い。

『タミフルを服用していない患者の飛び降り例はこれまであまり報告がない』
と言うが、誰がどこに、内服してない患者さんが異常行動を起こしたと
報告するのだろうか?

タミフルが悪いと決め付ける前に、異常行動そのもののデータをきちんと
とって欲しいものである。

これは、全くニュースになる記事ではない。

まさか、『タミフルは悪くない』 なんて論調にはならないであろうし、
薬の恐怖をあおる、今度はインフルエンザの恐怖をあおる、一体そんなに
患者さん・国民を振り回してどうしたいのか?


さらに、次の記事 『タミフル服用10歳未満でも異常23件』 に続く。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。