• 05<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、10代 の患者さんに対する 『タミフル』 の 使用制限
についての記事である。


 『タミフル服用10歳未満でも異常23件』 も参照。



インフルエンザ治療薬 『タミフル』 については、
 『インフルエンザ治療薬 タミフルについて』
 『タミフル:インフルエンザの季節控え、多用ご注意』 
 『タミフルと異常言動』
 『転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知』
 『中2がタミフル服用後に転落死 仙台』
 『タミフル:転落死との因果は未解明 では、どう付き合えば』    


その他のインフルエンザ関連の記事では、
 『インフルエンザ』
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』
 『乳幼児のインフルエンザワクチン』
 『インフルエンザ 感染の予防』           など参照。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

タミフル服用後の飛び降り・転落の報告は15件 厚労省
                              2007.3.21
    http://www.asahi.com/special/070320/TKY200703210225.html

厚生労働省は21日、インフルエンザ治療薬 『タミフル』 服用後、
自宅2階から飛び降りて大けがをする事故が新たに2件発生したとして、
輸入販売元の 『中外製薬』 に対し、添付文書の警告欄に
10歳以上 の未成年の患者に、原則として 使用を差し控える こと』
を書き加え、医療関係者に緊急安全性情報を出して注意喚起するよう指示した
と発表した。事実上、10代の使用を制限 する措置となった。

また同日までに同省に報告された10代の飛び降り・転落事故は 計15件
あることも判明した。

厚労省は21日午前0時から、同省で緊急記者会見を開いた。中外製薬幹部も同席した。
10代に区切って使用制限したことについて、体の大きい子どもの異常行動を
親らが抑えることが難しいため、などと説明した。

指示のきっかけになった2件の異常行動は20日、同省に報告された。
12歳の男児が2月7日、37.8度の発熱があり、医療機関でインフルエンザB型と
診断された。昼と夜にタミフルを飲み、8日午前2時ごろ、素足で外に出て、
近くの駐車場へ走り出した。父親が家に入れたが、2階の窓から飛び降り、
右ひざを骨折した。入院後、独り言や、突然笑い出すなどの症状があったという。

別の12歳の男児は3月18日に発熱。19日、インフルエンザB型と診断され、
2度タミフルを服用、同午後11時半ごろ、家で就寝したが、約30分後に
突然2階に駆け上がり、母親に連れ戻された。その後もう一度2階に上がり、
家族が追いかけたが間に合わず、ベランダから飛び降りた。右足のかかとを
骨折した。

いずれも、命に別条はないものの、本人に飛び降りた時のはっきりした記憶は
ないという。

同省は 『タミフルカプセル75』 と 『タミフルドライシロップ3%』 の
添付文書の警告欄の改訂を指示した。使用制限のほかに、自宅にいる際には
少なくとも2日間、保護者は未成年者が1人にならない配慮
をするよう患者・家族に説明する』 とも加える。

医師ら向けの緊急安全性情報の配布を同省が指示するのは04年3月以来。
中外製薬の上野幹夫副社長は 『指導にもとづき速やかに実行したい』 と話した。

一方、21日に明らかになった15の飛び降り・転落事故例のうち、同省が公表
していたのは死亡の4例を含む6例。他のケースを公表しなかったことについて、
『愛知県、仙台市で連続して転落死が起き、注意喚起をした2月28日以前の事故
だったため』 と説明している。

------------------------------------------------------------------------------

tamihuru


中外製薬のHPにも 緊急安全性情報 が出ている。

『緊急安全性情報 タミフル服用後の異常行動について』
http://www.chugai-pharm.co.jp/html/info/070321.html


厚生労働省からの、10代のインフルエンザ患者さんへの 『タミフル』 の
使用制限の勧告である。

基礎疾患が無ければ、『タミフル』 は使用すべきではない、というもので、
10歳以下の患者さんの親御さんにも抑制がかかると思われる。

『タミフル』 を避けて、『リレンザ』 の使用が増えていけば、
同様な事が 『リレンザ』 でも起こると思われる。

 
 『インフルエンザ治療薬 リレンザについて』  も参照。


やはり、抗インフルエンザウイルス薬は、全身状態、基礎疾患 に応じて、
使用すべきである。




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
<タミフル>保護者も不安…医療機関で混乱も3月21日22時3分配信 毎日新聞 原則として10代への処方は控えることが決まったインフルエンザ治療薬「タミフル」。21日休日診療となった医療機関では、保護者からの要望で処方するなど混乱もあった。被害者遺族は厚生労働省.
2007/03/22(Thu) 04:46:18 |  The Perch of Information
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。