• 09<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『粉薬の飲まし方』 について、である。

こどもの薬一般については、『こどもの薬について』
こどもの薬の飲まし方については、『こどもの薬の飲まし方』 参照。

今回は、苦い薬を何と混ぜると飲み易くなるかに焦点を当てる。



 ↓ クリック宜しくお願い致します。
  

-----------------------------------------------------------------------------


苦い粉薬の飲まし方


①ゼリー状オブラート

kusuri


クラリシッド、ジスロマックなど薬によってはむしろ苦味が増す事もある。

少しコツが要る事、値段が高い事、が難点である。



②薬を溶く飲み物を工夫する

苦い薬も溶く飲み物を工夫すれば飲み易くなる。

大体の薬は下の表に載っているが、飲み難くいこどもが多いのは、
クラリシッド、ジスロマック、アレジオン、タミフル、などである。

セフゾン、オノン、などはそのままでいけるこどもが多い。

最近は、シングレア細粒、クラリチンDS、など、1日1回で、味も良いアレルギーの薬もあり嬉しい。


kusuri3

◎:飲みやすい ○:問題なし ●:飲みにくくなる △:吸収等に影響あり -:不明

アルバ薬局 処方せん豆知識
こどもの薬 ~飲ませ方と注意点~ より



苦い薬も一応はコーティングしてあるので、グリグリ混ぜると 余計に苦くなる

ひどく苦い薬は味をごまかすというより、はさんで紛らわす要素の方が強い。

アイスは冷たくて感覚も鈍って、かつ水分で飲むよりは量も少なくていけるのでなお良い。



子供がおいしく粉薬を飲むためのヒント も参考。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
私は粉薬をうまく練ってあげる事が出来なくて子供が小さい頃はいつも苦労していました。
薬によって合う飲み物が違うというのは聞いたことがありますがこのように表になってると分かりやすいですね。
このような表を調剤薬局などに張っておいてくれるといいのになと思いました。
うちの息子も朝晩にオノンと頓用でアレジオンを飲んでいます。
やはりオノンは問題なく飲んでくれるのですが、アレジオンは初めに薬局で少量味見させてもらったらとても後味が悪くしばらく口の中が苦かったです。
息子は乳児期に食物アレルギーで乳製品の除去をしていたせいか、牛乳もヨーグルトも嫌いなので仕方なく我慢させて飲ませてました。
今は錠剤にしてもらったので、かなり飲みやすくなったみたいです。
錠剤は誤飲の危険性などから小児にはなかなか適応出来ないところもあるのでしょうが、長期に服用しなければならない薬などはもう少し飲みやすくなってもいいのになと思います。
2008/08/28(Thu) 11:22 | URL  | 友坂美佐子 #-[ 編集]
カテゴリー違うのですが、先生の意見を聞かせて下さい。
日本脳炎のワクチンについてです

最近、国内での豚の感染が確認されたと 聞きました。また媒介する蚊については、昨今のここは赤道直下か?と思うような猛暑、スコールのような雨。蚊が増えそうな環境。
麻疹のように、受けてない若者への大流行を考えると…
副反応にたいする裁判がきっかけで中止、見送りされてると聞きましたが、副反応がないワクチンなんて現実には有り得ないと考えてます。
小児科医の中でも意見が分かれるでしょうが、先生はどうお考えでしょうか?
また、実際最近、副反応のでる頻度はやはり高いのでしょうか?

正直、受けさせるか?うけるなら何歳になってからか?迷ってます。

よろしくお願いします。
2008/08/29(Fri) 22:19 | URL  | ままん #-[ 編集]
> 友坂美佐子さん

ありがとうございます。

おっしゃる通りです。
飲み方は指導頂けると良いですね。

アレジオンは良い薬ですが、なかなか苦いです・・・。
オノンも良い薬ですが、こっちは比較的飲みやすいです。
ただ今はアレジオンの代わりにクラリチンDS、オノンの代わりにシングレア細粒があり、ともに1日1回ですので、かなり重宝してます。
まだ2週間以上処方できないのがネックですが。
お大事にどうぞ。
2008/08/31(Sun) 22:42 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
> ままんさん

ありがとうございます。

この質問はよくありますので記事に書いても良いですね。

実際問題、小児科医で接種を勧めない先生が居るとは思えません。
積極的には勧めずらいですが、日本脳炎豚は殆どの地域に居ます。
接種後の急性散在性脳脊髄炎、ADEMはどの予防接種でも起きますし、日本脳炎後もそう確率は高くありません。
自然なウイルス感染、いわゆる風邪の後になる確率の方が高いですので、予防接種とは無縁でなっている患者さんの方が多い病気です。
是非打って頂きたいと思いますが、在庫は殆どの地域でなくなりつつあります。
新型のワクチンはまだまだ先ですので・・・。
なかなか困ったものですね。
お大事にどうぞ。
2008/08/31(Sun) 22:48 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。