• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『仮性アレルゲン』 について、である。


 『食物アレルギーとは』
 『食物アレルギーの診断』
 『食物アレルギーの治療』 なども参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

仮性アレルゲン

食物アレルギーでは、抗原をキャッチした肥満細胞などから、
『ヒスタミン』 『アセチルコリン』 などの化学物質が放出されるが、
食物自体にヒスタミンなどを多量に含んでいるものもある。

これらを多量に食べると、皮膚が痒くなるなどアレルギーに似た症状が
引き起こされる事がある。

これは、免疫反応を介さない反応であるが、食物アレルギーと似かよった症状を
示すので、一般に 仮性アレルゲン と呼ぶ。


通常は、一度にたくさん食べなければ心配ないので、少しずつ食べる、
食べる頻度を少なくする、などとすれば良い。

ゆでこぼしをする と仮性アレルゲンを減らす事が出来る、
魚介類では鮮度が落ちると仮性アレルゲンの量が増える、と言われている。

体調が悪い時 には、こうした食品は、避けた方が良い。



仮性アレルゲンの食品例

ヒスタミン
ホウレンソウ、トマト、ナス、トウモロコシ、セロリ、タケノコ、エノキダケ、
ジャガイモ、豚肉、牛肉、鶏肉、チーズ、鮮度の悪い青魚、など。

アセチルコリン
トマト、ナス、タケノコ、ピーナッツ、ヤマイモ、サトイモ、ソバ、栗、など。

セロトニン
トマト、バナナ、パイナップル、キウイフルーツ、メロン、など。


その他、冷凍のタラなどに含まれるノイリン、甲殻類などにに含まれる
トリメチルアミン、などといった仮性アレルゲンもある。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。