• 10<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回から数回は、『食物アレルギー』 について、である。

まずは、『食物アレルギーとは』、その後、『食物アレルギーの診断』
『食物アレルギーの治療』、などと続いていく予定である。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------

食物アレルギーの定義

『原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して生体にとって不利益な症状
(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシーなど)が惹起される現象』


食物アレルギーの症状

  皮膚症状   :そう痒感、じんましん、血管運動性浮腫、発赤、湿疹
   眼症状   :結膜充血・浮腫、そう痒感、流涙、眼瞼浮腫
口腔咽喉頭症状:口腔・口唇・舌の違和感・腫張、喉頭絞扼感、
            喉頭浮腫、嗄声、喉の痒み・イガイガ感
 消化器症状  :腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便
 上気道症状  :くしゃみ、鼻汁、鼻閉
 下気道症状  :呼吸困難、咳嗽、喘鳴

 全身性症状  :アナフィラキシーショック
            頻脈、虚脱状態(ぐったり)・意識障害・血圧低下


即時型食物アレルギーの最も頻度が高い症状は皮膚症状であるが、
呼吸器症状を呈する例ではアナフィラキシーショックに至ることもあるので、
注意が必要である。


『食物アレルギーの診断』 の所でも述べるが、1回蕁麻疹が出たら、
すぐに食物アレルギー、原因食物、という訳ではない。

蕁麻疹はカゼなどでも引き起こされるし、消化機能は体調にも左右される。

つまり、普段は大丈夫でも、体調不良時には蕁麻疹が出る食物もある。

繰り返し症状が出る食物は、まず間違いなく原因であり、除去する方が良い。

ただし、アナフィラキシーなどの強い症状を呈した場合は、疑わしい段階でも
除去せざるを得ない場合が多い。


乳児の食物アレルギー患者の多くは、アトピー性皮膚炎を合併 している。

このような食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎では、
治療ガイドラインに即したアトピー性皮膚炎の治療と食物アレルギーに対する
治療を並行して行う必要がある。

ただし、年長児になるにつれ、食物が原因で湿疹が悪化する事は少なくなり、
環境要因 が主体となる。

むやみに、食物制限をすべきではない


食物アレルギーの疫学

わが国における食物アレルギー有病率調査は諸家の報告より、
乳児が5-10%学童以降が1.3%程度 と考えられ、
全年齢を通して、わが国では推定1-2%程度の有病率であると考えられる。

欧米では、フランスで3-5%、アメリカで3.5-4%、3歳の6%に既往がある、
とする報告がある。


グラフ1

                    【全年齢における原因食物】



        表1

                    【年齢別主な原因食物】



グラフ2

                        【症状】



           『今井孝成、海老澤元宏:平成14年度厚生労働科学研究報告書』 より



乳幼児の即時型食物アレルギーの主な原因は、鶏卵、乳製品、小麦が多く、
その後加齢とともに 80-90%は耐性を獲得 していく。

学童・成人で新規発症してくる食物アレルギーの原因は、
甲殻類、小麦、 果物、魚類、ソバ、ピーナッツ が多く、
耐性は得られにくい

つまり、乳幼児期に発症した食物アレルギーは加齢とともに耐性を獲得し
食べられるようになるケースが多いのに対し、成長してから発症した
食物アレルギーは治り難い。

学童・成人の甲殻類・小麦アレルギーに食物依存性運動誘発アナフィラキシーの
関与する例が存在する。




アレルギー情報センター
ガイドライン 『食物アレルギー』 の項 参考
http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/05/index.html

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。