• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日は、『はしか・風しん混合ワクチン』=『MRワクチン』 についてである。

はしか・麻疹については、『麻疹の現状』 も参照。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

-----------------------------------------------------------------------------


予防接種:昨年開始 『はしか・風しん混合ワクチン』、
2回目接種率わずか30%

                              毎日新聞 2007.3.5
  http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070305ddm013100050000c.html


◇今春、流行の懸念

国が定めた予防接種の方法が変わり、昨年6月から各地で、はしかと風しんの
混合ワクチン(MRワクチン)の 2回接種 が始まった。
1回目が1歳、2回目が小学校入学までの1年間に受けることになったが、
国立感染症研究所が全国調査した所、2回目 の接種率がわずか 約30%
と伸び悩んでいる。今年は、はしかの流行が懸念されており、同研究所などは
『入学式まであと1カ月。無料で受けられる31日までに接種を
と呼びかけている。


◇免疫、1回では不十分

『予防注射の案内状が来たけど、うちの子は前に1回受けたから、いいんですよね』。
こうした母親からの問い合わせ電話が、同研究所に頻繁にかかってくるという。
2回必要な理由が十分知られていないためでは
と多屋馨子・感染症情報センター第3室長は話す。


◇安全性も確認

多屋室長によると、1回の接種では免疫がつかない人が 数% いるほか、
接種から数年で 免疫力が落ち、発症する人もいるという。
特に最近は患者自体が減ったため、接種後にウイルスに触れて免疫力が
増強される機会も減り、免疫力の低下が目立つようになった。
これが2回接種に改められた理由だ。欧米は2回が一般的 で、
日本小児科学会も安全性を認めている。

ところが、同研究所が全国の1843市区町村を対象に調査したところ、
80%以上の自治体が接種時期の子を持つ保護者に個別に通知したにも関わらず、
2回目の平均接種率は昨年10月現在、約30% にとどまった。
都道府県別では、トップの徳島県42.2%から、最下位の沖縄県12.1%まで
ばらつきが大きかった。


◇自治体も対応混乱

中には、調査で初めて接種方法の変更を知ったという自治体も幾つかあった。
はしかか風しんにかかり、混合ワクチンではなく一方の予防接種だけが
必要な人の扱いなどをめぐって制度変更が二転三転した混乱を理由に挙げる
自治体があったほか、年度途中のため予算補正に時間がかかり、接種開始が
遅れた自治体もあった。

対象年齢を過ぎても接種はできるが、費用は 個人負担 になる。
接種率は昨年末段階でも 50%程度 とみられ、一時的な措置で対象を
7歳半まで延長 する自治体もある。


◇毎年数十人が死亡

はしかは、熱や発しんなどの症状のほか、肺炎や脳炎などの合併症が悪化して、
毎年数十人が死亡 している。昨秋から今年にかけても、関東、東海地方を
中心に発生が目立っており、『卒業式や入学式を機に感染が広がり、4~5月に
流行の危険がある』 と多屋室長は指摘している。


◇多種実施の欧米--日本は予防対策に遅れ

世界保健機関(WHO)によると、はしかによる全世界の死者は05年に
34万5000人 で、WHOは日本を含む西太平洋地区で2012年までの
『排除(根絶に近い状態)』 を目指している。日本は1歳児のはしか単独の
ワクチン接種率が00年の45%から05年に82%まで伸びた が、
予防のために必要と考えられている 95%以上 の接種率には届かず、
予防対策の遅れが目立っている

米国でははしか、風しん、おたふくかぜの3種混合(MMRワクチン)が
使われるほか、水痘やB型肝炎、肺炎球菌など、小学校入学前により多くの
予防接種がある。生後2カ月で両腕、両ももに計5本の注射を受けるという。

ミシガン州では全住民の接種歴を登録。転校やスポーツクラブ加入の際に
証明書を発行 するほか、学校に接種率の向上を促す という。
米医師会のロナルド・デービス次期会長は2月の来日時、
『米国はこれらの対策で 20世紀に10種類の感染症を制圧 した』
と強調した。

欧州では接種回数を減らすため5、6種の混合ワクチンが使われ、
韓国でもB型肝炎や細菌性髄膜炎など、日本より多い予防接種を求めている。

           ==============

◆MRワクチン2回目の接種率◆ (国立感染症研究所調べ)

【上位】
1位 徳島県 42.2%
2位 香川県 40.9%
3位 石川県 40.2%
4位 新潟県 40.1%
5位 福井県 39.5%

【下位】
47位 沖縄県 12.1%
46位 大分県 18.0%
45位 宮崎県 19.2%
44位 北海道 20.7%
43位 秋田県 20.8%

----------------------------------------------------------------------------------

麻疹は怖い病気である

インフルエンザなどとは比べものにならない重症度・死亡率を誇る。

特効薬もない。

予防接種の効果は非常に高い


とすると、予防しない理由が解らない。

行政・マスコミがもっと叫ばない理由も解らない。

麻疹については、日本は明らかに 『後進国』 である。

健康者には自然に治る可能性が高い 『インフルエンザ』 には、
莫大な医療費をかけているのに。


2回打つことで個人個人の麻疹の感染の可能性が減るが、集団として、
最低1回の接種率を 95%以上 に上げる必要もある。

それにも、まだまだ遠い。


1歳過ぎたら1回目小学校入学までの1年間に2回目
をしっかり受けて頂きたい。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
勉強させてもらってます。
こんにちは。
いつも見させてもらってます。
はしかと風疹の混合ワクチンの件ですが、2回目は幼稚園の年長さんでうければいいということですか??前までは1回受ければよかったはずですが、これからは2回目打つまでははしかにかかる可能性があるってことでしょうか??
うちは長男が4歳で三男が今3ヶ月です。この4年間でも日本脳炎が打たなくてもいいといわれるようになったり、集団接種のものが個人接種になったりといろいろ変わってしまってわかりにくいですよね。
母も結構大変です。
またいろいろ教えてください。
2007/03/06(Tue) 18:32 | URL  | かんこうママ #-[ 編集]
初めまして。いつも見せて頂いています。
質問ですが、よろしいでしょうか?
ウチの長男は現在中1なのですが、この子の時には風疹が定期接種に入っていなかったので、注射をしていません。今からでも接種した方が良いのでしょうか?
また、これから受ける場合はMRを希望した方が良いのでしょうか?(麻疹は1回接種していますが、当地域でも麻疹が散発しているようなので…。)
2007/03/06(Tue) 22:47 | URL  | min #SFo5/nok[ 編集]
> かんこうママ

ありがとうございます。
2回目は年長さんの1年でします。はしかのワクチンの効果は高いのですが、2回打つ事でさらに高く、長く、続く事になります。是非打った方が良いと思います。
日本脳炎も打った方が良いのですが、まだ新しいワクチンが出ないので困ってます。このまま打たないこどもが増えていくといつか日本脳炎患者さんが多数出るでしょう。日本脳炎は治らない病気ですので・・・。
またお願いします。
2007/03/06(Tue) 22:48 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
> min さん

ありがとうございます。
風疹は女の子は妊娠の時に関係しますが、男の子でも奥さんにうつす媒体になったりで悪影響を及ぼす可能性があります。風疹かMRかと言われるとMRの方が良いと思いますが、無料とはならないですので、地域での優遇措置は多少差もあるので1回市役所で相談されると良いでしょう。
2007/03/06(Tue) 22:57 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
さっそくのお返事、ありがとうございました。
奥さんにうつす可能性までは考えておらず、とても参考になりました。
2007/03/07(Wed) 23:57 | URL  | min #SFo5/nok[ 編集]
お返事ありがとうございました。
日本脳炎って治らないんですね。
どんな病気かとかその病気の怖さもあんまり知らずに予防接種をうけてた自分が情けないです。
三男はうけないのがあたりまえの世代になってしまうのではやく新しいワクチンができることを期待します。
2007/03/09(Fri) 23:20 | URL  | かんこうママ #-[ 編集]
> min さん
> かんこうママ さん

ありがとうございます。
これからも応援宜しくお願い致します。
2007/03/10(Sat) 00:07 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
予防接種について
こんにちは。今回は予防接種を受ける際の質問事項欄にある内容についてお尋ねします。どんな予防接種を受ける際でも、必ず『1ヶ月以内に病院にかかりましたか?』『1週間以内に薬は服用していましたか?』という質問がありますが、私の子ども達は今まで受ける数日前まで薬を服用した事がなく…『副作用とか出る恐れがあるからダメなのかな?』と思うのみで医師に聴く事もなくきましたが、受ける予防接種ワクチンに服用していた薬が何らかの影響を及ぼすものなのでしょうか?
ある方の子どもさんはてんかんもちで、熱性けいれんも発熱する度に起こされていて、第二期のMRワクチンを受ける時期でしたが、薬を服用されていたので、『また体調が落ち着いてから…』と思われていたのですが、風邪で診察した際、行き付けの看護師さんに『MRワクチンは受けないの?』と聞かれた様子で『質問事項に服用されていた薬はありますか?とあったので、延期しようかと…』と言われると看護師さんが『薬が予防接種になにか影響あるのかしら?』と言われたそうです。『念のために1週間以内は避けた方が良い』という理由ですか?
お願いします。
2007/10/19(Fri) 13:56 | URL  | 三児のママ #kzqR.Vaw[ 編集]
> 三児のママ さん

ありがとうございます。

『病院にかかった』『薬を飲んでいる』という質問は、体調が安定しているかの判断のためだと思います。

定期通院していれば主治医の先生から予防接種が可能か指示がありますし、急に受診した場合は既に改善傾向かで接種の判断が出来ます。

飲んでいて接種を避けた方が良い薬はあまりありません。ステロイドなどがそれにあたります。
カゼ薬などは問題が無いのですが、薬を飲まないといけない状態なら接種が可能か判断する必要があるでしょうという意味です。

つまり、その質問は薬単独の影響を知りたいというよりは、病気・体調が安定しているかどうかの確認です。

お大事にして下さい。
2007/10/19(Fri) 22:51 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
ありがとうございます
安全に予防接種を受けるための問診内容なんですね。有り難うございました。
2007/10/20(Sat) 23:07 | URL  | 三児のママ #-[ 編集]
6ヶ月での麻疹の予防接種について
いつもいろいろと参考にさせていただいています。

もうすぐ6ヶ月になる長女なのですが、上の子がいるため外出する機会も多く=感染の機会が多いと思うので、6ヶ月になったら自費で麻疹の予防接種を受けようかと思っています。

ただ1年未満だと母体からの免疫が残っているため抗体が付きにくいということを読みました。そうなると接種してもあまり意味がないのだろうか?とも考えたりします。

6ヶ月で打った場合も、1歳になってから受ける公費のMRワクチンを普通に接種できるのでしょうか?もし6ヶ月ですでに麻疹の接種していることで、公費MRワクチンの接種に制限が出るようなら1歳まで待ったほうが良いのかなとも思います。

また6ヶ月で接種した場合のデメリットは何かありますか?

どうぞよろしくお願いします。
2008/08/19(Tue) 10:35 | URL  | トンカツ #3SYz8yHE[ 編集]
> トンカツさん

ありがとうございます。
特にデメリットは無いですよ。
接種の意味もあります。
保育園に入る子などで時に打ってますよ。
自費になるのでお金がかかりますが。
抗体は付き難いので、1歳過ぎに公費で再度打つ事をお勧めします。
お大事にどうぞ。
2008/08/21(Thu) 22:21 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
ありがとうございます
上のこの幼稚園への送迎時が心配なので、お話を伺ってやはり接種しておこうと思いました。

また何かありましたらよろしくお願いします。

どうもありがとうございました。
2008/08/21(Thu) 23:41 | URL  | トンカツ #Hu2sa0M2[ 編集]
> トンカツさん

ありがとうございます。
またどうぞ。
2008/08/27(Wed) 22:13 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。