• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



日本医療労働組合連合会による約1000人の 勤務医 を対象にした調査で、
『過酷な勤務』 と 『医師不足』 が改めて浮き彫りになった。




 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

勤務医の5割 『職場辞めたい』 医労連が千人調査
                          asahi.com 2007.2.20
               http://www.asahi.com/life/update/0220/004.html

病院の勤務医の 9割が医師不足 を感じ、5割が職場を辞めたい
と考えている。

日本医療労働組合連合会(医労連)が19日発表した約1000人の勤務医を
対象にした調査で、過酷な勤務と人手不足で疲弊する勤務医の実態が
改めて浮き彫りになった。

昨年11月から今年1月、医労連加盟の医療機関や自治体病院など
全国150施設の勤務医1036人から、前月の労働状況などを聞いた。

1人あたりの労働時間は1日平均10.5時間で 4割以上が12時間以上
宿直勤務は平均2.9回だったが、4回以上がほぼ4分の1 に上り、
大半は宿直前後も通常勤務に就く 32時間労働 だった。

休んだ日数の平均は3.3日で、1日も休めない医師は4分の1を超えた
連続で勤務した日数は最長で 平均19.5日間 だった。
健康状態に 『不安』 『病気がち』 と感じているのは半数近く。
翌日や休日後も疲れが抜けない 『慢性疲労』 を訴えたのはほぼ6割だった。

過酷な勤務状況から、『職場を辞めたい』 と考えた勤務医は、
『稀に』(20.8%)を除いても 52.9% に達し、働き盛りの30~40代では約6割に上った。

isi


『医師不足』 を感じている勤務医は全体の 90.0% だった。

対策として、『賃金・労働条件の改善』 が最も多く、
『診療科の体制充実』 『看護師などの充実で医療体制のレベルアップ』
『医療事故防止対策の充実』 などが続いた。

------------------------------------------------------------------------------

医師不足:病院の勤務医9割が実感 妊娠時に異常、6割経験
  ―医労連調査―

                           毎日新聞 2007.2.19
 http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20070220ddm003100096000c.html

病院の勤務医の 90.0%が 『医師不足』 と感じ
9割以上の人が 『疲れを感じている』 ことが、
日本医療労働組合連合会のアンケート調査で分かった。

時間外労働は月平均63.3時間で、過労死認定基準の目安である
『月80時間』 を超える人が31.2% に達していた。
女性医師の97.9%は生理休暇を取れず、6割近くが妊娠時に 『切迫流産』
などの異常を経験していた。

日本医労連加盟の医療機関の勤務医らを対象に、昨年11月~今年1月に調査。
回答を寄せた神奈川、愛知など25道府県約150施設の計1036人について分析した。

宿直の月平均は2.9回で、当直明けの勤務は 『ある』 人が74.5%
最長の連続勤務時間は平均32.3時間に上り、36~41時間が36.8%で最も多く、
30時間以上が71% を占めた。
出産経験のある女性医師のうち、妊娠の状況が 『順調』 だったのは
42.6%しかなかった。

『疲れの回復状態』 については、『別に疲れを感じない』は
わずか6.5%にとどまり、『疲れが翌日に残る事が多い』(40.2%)が最多。

自由記載欄には 『患者の要求の高まる中で医師不足、労働条件が改善
されておらず、医師への責任、負担が増していることが医師不足をさらに
悪化させている』、『こんな状態でミスが起きないほうがおかしい』 など、
改善を求める声が寄せられている。

---------------------------------------------------------------------------------

これが、勤務医の実態である。

過酷な当直を月何回もこなし、当直明けも仕事があり、長時間連続勤務、
休み無しの生活、夜も24時間体制で呼び出される・・・。

これ程、休めない、辞めたい、と、皆が思っている職業はあるのだろうか?


何かあると過失が無くても患者さんからは訴えられ、マスコミに叩かれ、
逮捕される事すらある・・・。


何のために働いているのだろうか・・・?


こう考える医者があとをたたない。

そして辞めていく・・・。

誰かが辞めると、残った医者はさらに業務がきつくなり、潰れていく・・・。


今の医者はあまりに報われない職業である。




その他の、『医師不足』 『地方医療の崩壊』 の記事についても、
参考にして欲しい。

 ・医師不足①
 ・地方医療の崩壊
 ・医師不足②
 ・全国の8割 『産科医不足』 小児科、へき地医療も深刻
 ・日本の医療が崩壊する?!
 ・医師の偏りまざまざ 東北不足深刻
 ・医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②


当直については、

 ・『当直』について
 ・病院勤務医の過酷さ         参照。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
う~~ん
私達が思ってる以上に相当大変なんですね。
私達一般人からすれば、医師は高給取りで感謝させていい職業だなぁ~なんてイメージがありますが、それは開業医だけなんでしょうか^^;。
勤務医はほんとに過酷なんですね。
もっと改善されれば私達患者側も安心して過ごせるのに。。
このことが原因で助かる命も助からないなんてことがないように願うばかりです。
2007/02/21(Wed) 21:01 | URL  | すもも #-[ 編集]
> すもも さん

ありがとうございます。

僕自身は、歯科医、IT関係、金融関係の仕事の方のほうが高給取りで羨ましいと思ってます。転勤が多いので退職金も少ないですし。

ただ好きでしている職業なので。

しかし、労働環境は改善しないと、皆潰れてしまいます。何とかして欲しいものです。

今後も応援宜しくお願い致します。
2007/02/22(Thu) 21:13 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
トラックバックさせていただきました。
こんにちは
同じ記事を題材にして書いたエントリーをトラックバックさせていただきます。
2007/02/24(Sat) 09:19 | URL  | いなか小児科医 #mQop/nM.[ 編集]
> いなか小児科医 先生

ありがとうございます。
今後も宜しくお願い致します。
2007/02/24(Sat) 23:04 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
2007年2月21日 晴れ 医師の勤務は過酷です。今日も、午前中の外来。トイレに
2007/02/24(Sat) 09:16:42 |  いなか小児科医
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。