• 01<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『我々は福島事件で逮捕された、
産婦人科医師の無罪を信じ支援します』


この記事は、『新小児科医のつぶやき 2.18企画』 に賛同した記事である。





 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------


『大野事件』 については、下記の2つのサイトが非常に詳しい。

『周産期医療の崩壊をくい止める会のホームページ』

『ある産婦人科医のひとり言』


簡単に書くと、

2006年2月18日、福島県立大野病院 産婦人科医師が福島県警に逮捕拘留された。
逮捕のきっかけは全前置胎盤のため帝王切開を行った所、癒着胎盤となっており、
担当医師は最善を尽くしたが、妊婦さんは亡くなられたというものである。
癒着胎盤は稀な疾患であるが、その対処法を誤った訳ではない。

当初、死因は出血が多い事によるものと思われていたが、どうも手術中に
突然起こった致死性不整脈により亡くなられた可能性が高いようである。

この事故について、予見が不可能である、胎盤を剥離する事は適切な処置、
大出血に際して適切な処置を行っている、などの理由により、医療関係者の
間の意見では、過失は存在しないと考えてられている。

この事件により、少ない人数の産婦人科では分娩を中止する、産婦人科の
希望者が減る、医療への不信感が高まる、などにより、『お産難民』 が
多くなる事態が加速している。


産婦人科 分娩休止一覧が、『健康、病気なし、医者いらず』
に書かれているが、これも一部である。


この事件により、明らかに 『医療崩壊』 が加速度的に増している。






その他の、医療問題についても、たくさん書いてあるので参考にして欲しい。

 ・日本の、これから 医療 安心できますか?
 ・医師不足①
 ・地方医療の崩壊
 ・初期臨床研修:医師1年生は大学病院敬遠
 ・女性医師働きやすく:宿直、呼び出し免除
 ・『奈良の妊婦死亡問題』 から
 ・医師不足②
 ・『奈良の妊婦死亡問題』に対する個人的な意見』
 ・医療機関整備で県外派遣産科医の撤収へ
 ・小児科医の新人、2県で0人 26都府県で減少
 ・『新医師確保総合対策』 について
 ・全国の8割 『産科医不足』 小児科、へき地医療も深刻
 ・ 日赤和歌山医療センター、医師の乳幼児の預かり開始
 ・『奈良の妊婦死亡問題』 についてのコラム①
 ・『奈良の妊婦死亡問題』 についてのコラム②
 ・ 出産時事故:患者に『無過失補償』導入へ
 ・日本の医療が崩壊する?!
 ・医師の偏りまざまざ 東北不足深刻
 ・産婦人科医希望2割減
 ・産科医不足、大阪の都市部でも深刻
 ・分娩取り扱い終了のご案内 オーク住吉産婦人科
 ・奈良・大淀病院、分娩対応中止へ
 ・『お産ピンチ』 首都圏でも
 ・崩壊の瀬戸際 減る産科医
 ・医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音②



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
このことがきっかけになることを願って
この運動に私も強く賛同致します。
自分はblog発信していないのでこういったコメントでしか協力できませんが、blog持っている方のこういった努力が実ることを期待致します。
2007/02/18(Sun) 23:23 | URL  | お弟子 #-[ 編集]
お久しぶりです
コメント、そしてブログ紹介ありがとうございます。

ブログの流れが、もっと広がってくれると良いのですが。
2007/02/19(Mon) 00:23 | URL  | Dr. I #sSHoJftA[ 編集]
> お弟子 さん
> Dr.I 先生
ありがとうございます。
少しでも良い方に転がっていく事を期待してます。

僕自身の方は、最近、少しずつアクセスは増えつつありますが、ランキングは上がりません。上のほうにいけば、もっとアクセスが増えれば、力になるかも、とコツコツ記事を書いてます。
ぼちぼち頑張ってますので、応援お願い致します。
2007/02/19(Mon) 20:41 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
トラックバックさせていただきました。
こんばんは
ドロロンえん魔くん 先生

私も賛同いたします。
拙ブログよりトラックバックさせていただきました。
2007/02/19(Mon) 21:31 | URL  | いなか小児科医 #JalddpaA[ 編集]
> いなか小児科医 先生
いつもありがとうございます。
少しずつ進んでると信じてます。
またいろいろ教えて下さい。
2007/02/19(Mon) 22:20 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
2.18企画(新小児科医のつぶやき) 共通メッセージ: 我々は福島事件で逮捕され
2007/02/18(Sun) 21:53:27 |  ある産婦人科医のひとりごと
歴史に、そして私たちの心に刻まれた日、2.18。逮捕、起訴された医師の無罪を信じ
2007/02/18(Sun) 22:14:53 |  道標 Guideboard
我々医療に従事する者からみたら、まさに「悪夢」としか思えない出来事から、今日でちょうど一年がたちました。そうです。このブログでも何回も取り上げた事のある、「福島、大野病院。産科医不当逮捕事件」
2007/02/19(Mon) 00:26:49 |  健康、病気なし、医者いらず
2007年2月18日 曇り 追記します(2007年2月18日):新小児科医のつぶ
2007/02/19(Mon) 21:28:45 |  いなか小児科医
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。