• 04<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『花粉症』 についての記事の続きである。

今回は、『花粉症の治療』 について、である。

これまた、一般的な事だけであるが。

その他の花粉症の記事は、『アレルギー 花粉症 目次』 参照。



 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

花粉症の治療

①アレルゲンの回避
②薬物療法
③特異的免疫療法
④手術療法



①アレルゲンの回避
『花粉症の対策』 を参照して頂くが、
花粉症情報を参考にしながら、花粉の飛散が多い時は外出を控える、
外出時には、マスク・メガネ・帽子を使用する、
帰宅したら洗顔・洗眼、うがい、鼻かみを行い、出来ればシャワーをあびる、
衣類を着替える、
窓や戸を閉めておく、洗濯物や布団を外に干さない、
部屋の掃除をこまめにする、などがある。


②薬物療法
抗ヒスタミン剤などのアレルギー物質抑制剤の内服・局所投与(点鼻・点眼)、
ステロイド剤の内服・局所投与(点鼻・点眼)、などがある。

 『抗ヒスタミン剤』 も参照。

無症状の時期から、粘膜の過敏性の亢進を防ぐために、
花粉の本格的な飛散の前から、薬物の投与を開始する
『初期療法』 が定着している。

『初期療法』 は、『季節前投与』 とも呼ばれ、『予想花粉飛散開始日』 の
2週間前から 薬物の投与を開始する事が多い。

『花粉飛散開始日』 は、1平方cm当たり花粉が1個飛散した日が連続2日続いた時、
はじめてその1日目を花粉飛散開始日と定義するため、開始日前の花粉が
鼻粘膜を少しづつ刺激して鼻粘膜の過敏性を亢進させていく。

『初期療法』 は、この鼻粘膜過敏性亢進を抑制する目的がある。

第2世代の抗ヒスタミン剤、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、
抗ロイコトリエン薬、などが使用されるが、長期にわたって使用するため、
眠気の少ない薬が望まれる。

また、抗ヒスタミン剤の服用により、 『眠気』 を自覚しなくても、
作業効率の低下など中枢神経機能の抑制による認知機能の障害がみられる。

この事を、『インペアード・パフォーマンス(impaired performance)』 と呼ぶ。

 『抗ヒスタミン剤と眠気』 参照。

インペアード・パフォーマンスは、多忙な現代社会において、
仕事、学業、家事に多大な影響を及ぼすという点で十分に考慮すべき事である。

抗ヒスタミン剤を飲むと、『グラス4杯分のウイスキー』 を飲んだのに
匹敵するほどの能率低下をもたらす、と指摘する専門家もおり、
その弊害は私達の想像以上に大きいと認識しなければならない。


③特異的免疫療法
いわゆる 『減感作療法』 であるが、以前に比べ、治療成績は向上している。

長期に渡るので稀に副作用が出る事と、効果が出るまでに時間がかかる、
事が欠点である。


④手術療法
レーザー治療・下甲介粘膜切除などがある。

レーザー治療は、鼻粘膜の表面を焼くため、花粉が飛散するまでに
鼻粘膜が修復されていなくてはならない。

そのため、12月の終わりから1月の初めまでにやっておかなければいけない。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
先日コメントをさせていただきました。悩みがあったのも理由の一つですが、ブログを拝見してちょっと嬉しく思ったからです。アンパンマンの歌のお話です。「何のために生まれて~」私も同じように感じていたので単純に感激?しました。ところで、花粉症の季節になりましたね。子供の花粉症の治療(投薬)はどの程度の症状で始めますか?また、私は何度かアナフィラキシーショック(あってます?)を起こした事があるのですが、その直前に子供に母乳をあげていたことがあるのです。そのせいで子供がアレルギー体質になったりはしませんよね。過去のことなので気にしてはいませんが、一度聞いてみたかったのです。
2008/02/04(Mon) 14:04 | URL  | アンパンマン #-[ 編集]
> アンパンマン さん

ありがとうございます。
こどもでも花粉症はつらいものです。最近では小さいこどもでも結構出てくるようになりました。
薬が出来るか、との兼ね合いもありますが、やはり困っているかどうかが一番でしょう。
症状で日常生活がどれ位困るか・・・大人だとくしゃみ何回、鼻咬み何回、とかで大体の重症度が測れますが、こどもはなかなかそうはいきません。

母乳については関係ないと思います。
が、母がそういうアレルギー体質が強いとなると、アレルギー体質は遺伝的に似てくるのでこどもも出る事が多いですね。

お大事にして下さい。
2008/02/04(Mon) 22:24 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
今年は事前の準備をしなかったため、かなり苦しませてしまったので、来年は準備して花粉の時期を迎えさせてあげたいと思います。

参考になりました。
2011/03/04(Fri) 18:27 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。