• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『花粉症』 についての記事の続きである。

今回は、『花粉症』 対策は早めにする事が重要である、という事についてである。

その他の花粉症の記事は、『アレルギー 花粉症 目次』 参照。



 ↓ クリックで救える命もあります。クリック宜しくお願い致します。
   応援のクリックもお願い致します。
    

--------------------------------------------------------------------------------

花粉症対策は早めに 


花粉は、『花粉飛散開始日』 より前に、微量の飛散が始まっている。

 『花粉飛散開始日』=1平方㎝当たり1個以上の花粉が連続2日以上観測された初日


花粉症は、吸い込んだ花粉がある 許容量を越える と発症するため、
吸い込む花粉量を少しでも減らすよう早い時期から予防をする事が重要である。

また、一度乾燥や抗体・異物で損傷を受けてしまった粘膜は、
アレルギー症状を起こし易いため、花粉シーズン前から粘膜の保護に
心掛けることも重要である。

無症状の時期から、粘膜の過敏性の亢進を防ぐために、
花粉の本格的な飛散の前から、薬物の投与を開始する
『初期療法』 が定着している。

kahun4



喘息の治療と同じで、予防 が大切である。



花粉症の対策・治療については、 『花粉症の対策』『花粉症の治療』 も参照。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。