• 04<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回も、『医療問題』 の記事である。

『医師不足』 『産科医不足』 『小児科不足』 『お産難民』 などの
記事を書いてきたが、今回は、医師の 『労働条件』 についてである。

 『病院勤務医の過酷さ』 『当直について』 も参照

他の記事については、『医療問題について 目次』 参照して頂きたい。



 ↓ クリックで救える命もあります。宜しくお願い致します。
    

---------------------------------------------------------------------------------

医療クライシス:忍び寄る崩壊の足音/2
過労死基準超える残業

                                       毎日新聞 2007.1.24
    http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/archive/news/2007/01/20070124ddm002100022000c.html


◇『次世代が増えないと限界』

横浜市立大母子医療センターの産科主任、奥田美加医師(40)は、
夕方過ぎに病院から自宅へ電話を入れるのが日課だ。
小学1年生の長男(7)からは、決まって同じことを聞かれる。
『ねえ、今日帰ってくるの?』

月7-8回当直し、連続36時間勤務や土日の呼び出しは当たり前
自宅で食事中に呼び出され、泣きそうな顔の長男を残して出勤することも
しばしばだ。予定外の手術も多く、学会発表の準備などもある。
勤務時間は 週75時間以上 に達する。

奥田さんは 『何とかやれているのが本当に不思議。
次世代が増えてくれないともう限界』 と話す。
しかし、産科は研修医から敬遠 されている。
神奈川県で06年春に初期研修を終えた600人のうち、
産婦人科医を選んだのは 10人 だった。

厚生労働省の 『医師の需給に関する検討会』 の調査では、
医師は 平均で週に63.3時間 働いている。
平均的な医師でも月90時間以上は時間外労働 をしており、
同省の 過労死認定基準 が目安とする 『月80時間の時間外労働』
を超えている。

           ---------------------------------------

『医者なんてろくな職業じゃない』。
小児科医を目指し、神奈川県の病院で研修医生活を送る千葉智子さん(25)は
高校3年だった99年春、小児科医の父、中原利郎さんから医師への道を猛反対された。

その夏、『父は過度のストレスを感じている』 との心配が的中してしまう。
白衣姿で勤務先の病院の屋上から飛び降り自殺した。44歳だった。

自殺の半年前、小児科部長代理になった。責任が重くなる一方、
退職や転職で半減した医師の補充もなく、当直日数が増えた。
遺書には 『経済大国の首都で行われるあまりに貧弱な小児医療。
医師を続ける気力も体力もありません』 とあった。

智子さんは、医師の労働条件を整備しようと、厚労省の医系技官を目指した。
しかし、小児科の講義で 『小児には発達があり未来があり、
病気が治る可能性がある』
 と聞き、
父の思いの原点を感じて心が動いた。父親に認めてもらえるような医師が目標だ。

労災認定を求めて薬剤師の妻、のり子さん(50)が起こした行政訴訟の判決が3月、
東京地裁である。のり子さんは、
『夫のような悲劇が二度と起きない医療現場になって欲しい』 と訴える。


一方、大阪高裁では2月、看護師の過労死認定を巡る訴訟の控訴審判決が
言い渡される。

原告は、01年3月にくも膜下出血で亡くなった国立循環器病センターの看護師、
村上優子さん(当時25歳)の遺族。当時、村上さんが友人に送ったメールには
『日勤が忙しくて、帰ったのは22時前でした。寝る時間がほとんどなくって
そのまま深夜(勤務)に突入。もう始まったときからふらふらでした』 とあった。

1審判決は遺族側全面敗訴だったが、裁判を支援する会の仲村幸治事務局長は
『看護師の職場環境は劣悪。村上さんの例は氷山の一角だ』 と訴える。


05年秋の米国医師会雑誌に、過労による医師の能力低下を調べた論文が掲載された。
週80-90時間働き、夜間の呼び出しもある小児科研修医の注意力などの能力は、
週44時間勤務の小児科研修医が 飲酒した状態 と同じ程度
に落ちていた。

医師不足による過労は、患者の安全も脅かしている。  =つづく

---------------------------------------------------------------------------------

『ねえ、今日帰ってくるの?』

胸が苦しくなる・・・。

自分も子供と妻にこういう思いをさせた覚えがある・・・。


『月7-8回当直し、連続36時間勤務や土日の呼び出しは当たり前』

『月7-8回』 の当直は、かなりキツイ。

当直の次の日も外来、手術、緊急の呼び出しがある。

『連続36時間勤務』 なんて、他の職種では無いのではないか?

休日もない・・・。


頼みの 『次世代』 も増えない。

勤務の過酷さ・訴訟の報道などが、成り手を更に少なくしている。


『平均的な医師でも月90時間以上は時間外労働 をしており、
過労死認定基準が目安とする 『月80時間の時間外労働』 を超えている』


平均で過労死が認定される基準を超えているのであるから、
医者が過労死しても、何の疑問もない 世の中なのである。


医療問題とは関係ないが、『小児には発達があり未来があり』
と言葉は、小児科医である自分も共感出来る。

こどもの可能性の偉大さ、強さに惹かれる人は多い。


そういう想いで小児科医になっても、労働条件がきつ過ぎて、
こどもとまともに向き合う時間も無く、飲酒した状態 のような状態で
勤務している医者が多いのは、悲しい事である。


まさに、患者の安全も脅かしている



 
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
想像以上にはるかに壮絶なんですね・・。医療現場って。。
医師と結婚して玉の輿にのった友人を「うらやましい・・いいな~」って思っていたけれど、実際は大変なんでしょうね。
肝心な時に居てもらえない。
約束は一切できない。
家にいない分子供がなつかない。
などなど・・。

日本は医療に関しては遅れてるのかもしれないですね。
もっと医師も看護士も増やし、勤務体制を柔軟にして安心して治療に専念できるようになればいいですね。

安心して子育てできる環境が整えば、もっと子供は増えると思います。
2007/01/27(Sat) 21:35 | URL  | すもも #-[ 編集]
> すもも さん

ありがとうございます。
開業医さんは儲かってますが、勤務医はサラリーマンですので、給料もさほどです。銀行などの金融業、IT関係の方が給料は良いです。
時給計算するとさらに悲しい事になりますが。

医療事情がこのままでいくと、困るのは患者さんであり、国民です。その辺、国は理解していません。

医者になろうと思う人が居る内に何とかして欲しいものです。

こどもは増えて欲しいですね。
2007/01/28(Sun) 20:56 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
最近よく行く病院の待合室に「ブラックジャックによろしく」が置いてあって、長い待ち時間に読んでいます。
病院の問題が分かりやすく載っていますね。
今5巻を読み終えたのですが、丁度小児科の問題が載っていました。
最初は「本当のこと?」と思いましたが、こちらのブログと照らし合わせると、現実はそうなのかな・・・と。
お医者さんって本当に大変ですね。
あの漫画全てが正しいんではないんでしょうが・・・

ところで・・・あの研修医がブラックジャック?なんでしょうか?
ご存知ですか?
2007/01/30(Tue) 08:07 | URL  | ダルマ #-[ 編集]
> ダルマ さん

ありがとうございます。

『ブラックジャックによろしく』は最初の何巻かは買って読んでました。現実的な医療問題と漫画的なキャラで面白いと思います。

誰が『ブラックジャック』かではなくて、医学部を卒業したての研修医が、理想とかけ離れた日本の医療に苦悩しつつも一生懸命頑張ろっていく・・・。それをカリスマ外科医の『ブラックジャック』と対比させてるのかなって思ってました。医者のみならず、しがらみも圧力も無く、腕も超一流の『ブラックジャック』に皆憧れるものでしょう。違いますかね?

また続きが読みたいと思いますが、連載の週刊誌の方はお引越ししてしまったみたいで、何か複雑な事情がありそうです。
2007/01/30(Tue) 20:48 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。