• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1ヵ月健診で聞かれる事が多い質問が幾つかある。

『赤ちゃんの頭の変形』 について、めやにについて、湿疹について、などが多い。

今回は、結構多い質問 『赤ちゃんの嘔吐』 について、である。



 ↓ポチッと、クリックにて応援宜しくお願い致します。
   

-----------------------------------------------------------------------------

赤ちゃんは、食道と胃のつなぎ目の締まりが緩く
胃の機能も未熟 なため、また、ミルクを飲む際に一緒に 空気 も飲み込むため、
『溢乳』 (いつにゅう)といって、口の端からタラタラとミルクが流れ出たり、
ゲップと共に勢いよく吐いたりする事がある。

これらの多くは 生理的 なもので、成長とともに改善していく。

吐いた後に 機嫌が良く、発熱など他の症状がなければ、問題の無い事が多いが、
元気がなく、ぐったりしていたり、頻回に吐いて水分が摂れない時は、注意が必要である。

赤ちゃんは 容易に脱水 に陥るためである。

 『嘔吐・下痢時の対処法について』『こどもの脱水について』 も参照。
 ただし、これは主に幼児についての記事である。


当然、赤ちゃんでも胃腸炎にはかかる


グッタリする場合、発熱などを認める場合は、
髄膜炎などの 重症な病気 の可能性があり、小児科にかかる方が良い。

急に嘔吐の回数が増えた場合、噴水状に勢い良く吐き出す場合、嘔吐が続く場合、
血液・緑色のものを吐いたりする場合、なども、放っておけない 外科的な病気 
の可能性があり、すぐに病院にかかる方が良い。


また、乳児で突然激しく泣いて嘔吐するものに 『腸重積症』 という病気もある。

 『腸重積について』 参照。


空気を飲み易い赤ちゃんの場合は、途中で何回かゲップをさせながら哺乳する、
飲み終わった後ですぐに寝かさず、しばらく立て抱きにする、
上半身を起こし気味にして寝かせる
右側を下にして寝かせる
などによって嘔吐の回数が減少する。

胃から食道への 軽度の逆流は殆どの赤ちゃんにある が、
上半身を起こし気味にして寝かせる、右側を下にして寝かせる、
事で、逆流もしにくくなって、溢乳も減る。

『右を下にして寝かせる』 のは、体の右側に 胃の出口 があるためである。

 i


右側を下にする事で、胃の出口にミルク、入り口に空気、となり、
ミルクの腸への流れがスムーズになる、空気が戻る時にミルクを道連れにしなくなる、
などとなるためである。

胃から食道へのミルクの逆流(胃食道逆流)・溢乳も程度を超えると異常である。

その目安は、体重が増えているかどうか、である。

体重が良く増えていれば、必要な1日分のカロリーは取れているため、問題無い事が多い。

生理的な胃食道逆流は大きくなるに連れて、改善する。


1回に哺乳する量が多すぎる場合もある。

この場合も、体重増加は良好であれば、そのままもペースで様子を見て良いが、
改善が悪い時・気になる時は、1回量を減らし、少量ずつ頻回に
ミルクを飲む事で嘔吐は減る。


生まれて数日以内の嘔吐は、『初期嘔吐、新生児嘔吐』 の事が多く、
分娩時に飲み込んでしまった羊水・血液が胃の刺激になる、
まだ胃腸の働きが十分でないため、などのためである。

嘔吐が頻回の時は、NICUに入院し、点滴となる事もあるが、数日で改善する。


外科的な病気には、『肥厚性幽門狭窄症』、『腸閉塞・腸閉鎖』、『腸捻転』、
などがある。

肥厚性幽門狭窄症は、胃の出口である幽門が周りの筋肉が肥厚する事で
徐々に狭くなる病気で、典型的には生後2-3週頃から始まる、
噴水状の嘔吐が主な症状である。

1日から数日単位で悪くなる 病気である。
突然嘔吐が悪化した時には要注意である。

『腸閉鎖』、『腸捻転』などは、数時間から1日単位 で悪くなる病気である。





スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
一勤務医さんのコメント情報です。http://ameblo.jp/med/entry-10023368487.html#c10037091999 いつもいつも、ありがとうございます。聖地 福島県 (1)。癒着胎盤の大量出血で、医療行為としてはベストを尽くしたと思われるK
2007/01/14(Sun) 11:19:51 |  勤務医 開業つれづれ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。