• 04<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は、『インフルエンザ菌ワクチン』 についてである。

インフルエンザウイルスとは全く異なるばい菌で、髄膜炎を引き起こす。



 ↓順位が大幅に低下中です・・・。
  ポチッと宜しくお願い致します。
   

-----------------------------------------------------------------------------

     細菌性髄膜炎、日本もワクチン承認へ
                           asahi com 2006.12.24
                  http://www.asahi.com/life/update/1224/008.html


厚生労働省は、重症率が高い乳幼児の病気、細菌性髄膜炎の主原因である
インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン(商品名アクトヒブ)を承認する方針を固めた。
26日の専門家による会議をへて、1月下旬にも承認される見通し。
Hibワクチンは 世界100カ国以上で承認 されており、
先進国で未承認なのは日本だけだった

厚労省などによると、細菌性髄膜炎の約6割 はHibが原因。
国内では年間、5歳未満の乳幼児1万人に1人程度がHibによる細菌性髄膜炎に
かかると推定される。このうち 5%が死亡し、
25%に聴覚障害、てんかんなどの後遺症 が残るという。

初期診断や治療が難しいため、予防効果が高いワクチンが80年代後半から
欧米を中心に承認され始めた。98年には世界保健機関(WHO)が乳児への定期接種を
推奨する声明を出し、現在は、90カ国以上で公費負担などによる
定期予防接種
 が実施されている。
米国では予防接種の導入後、罹患率が 100分の1 にまで減ったという報告もある。
重い副作用は実質的にない。

日本では罹患率が欧米の数分の一とされ、ワクチンの必要性がなかなか
広まらなかった。03年3月にようやく、サノフィパスツール第一ワクチンが
新薬の承認を申請したが審査が進まず、05年6月には、日本小児科学会が
厚労省に早期承認を要望していた。


承認に時間がかかった理由について、専門家は 『審査体制の人員不足に加え、
製造過程で牛由来成分が使われることに極めて慎重だったのでは』 とみる。

承認後は当面、任意による接種 となる。
計4回の接種が必要で、3万円程度 かかるとされる。

----------------------------------------------------------------------------

細菌性髄膜炎は、早期診断・早期治療が必要な病気、である。

発熱した時に、最も心配する病気、である。

現在は、5%程度の死亡率であるが、一昔前は30%程度だった・・・。


90カ国以上で公費負担などによる定期予防接種が実施されているのに・・・。

100分の1に髄膜炎が減るのに・・・。


さらに、細菌性髄膜炎のもう一つの主要細菌は、『肺炎球菌』 であるが、
欧米では、『Hibワクチン』 に加え、『肺炎球菌ワクチン』 も、
定期予防接種に含まれる。

細菌性髄膜炎はかなり抑制される。

そうなると、親御さん、小児科医の不安はかなり削減されると思われる。


日本はいかに遅れているか。

今回の事態も小児科医の署名が多数集まって、やっと進んだ気がする。

早期に定期予防接種に組み入れて頂きたい。




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
前に何度か質問していたものです。
相変わらず咳が酷いですが吸入や加湿器をフルに使っています。
コレは祖父が心配しているコトなのですが、私は小さい時(つかみ立ちの時期)に1度『肺炎』になり2週間ぐらい入院していたそうです。
気管支が弱くて風邪を引きやすいのは、そのせいでもあるんですか?
なにか・・・菌が残るとか・・・?
2006/12/26(Tue) 12:36 | URL  | のぞみ(苺) #-[ 編集]
> 苺 さん

ありがとうございます。
当時、気管支が弱くて風邪を引きやすかったのは、肺炎になったせいもあったかも知れませんが、現在まで引きずっているとは思えません。RSウイルスなどによる肺炎ならそうかも知れませんが・・・。それよりは喘息などの気管支の炎症によりウイルス・細菌が入りやすく、感染を繰り返しているのではないかと思います。傷口からはばい菌が入るけど、普通の皮膚なら防げるのと同じです。やはり喘息などの気管支の炎症性の疾患がメインだと思いますが。

主治医の先生と良く相談し早く落ち着くと良いですね。

お大事にどうぞ。
2006/12/27(Wed) 18:41 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
以前にかきこさせていただいたぐぐといいます。

保育園に通う1歳4ヶ月の息子が中耳炎を繰り返しており、先日検査の結果が出てBLNARという事が判明し、いろいろ調べているところでこの話題を拝見しました。
このワクチン、我が家にとっては吉報なのでしょうか?既に保菌者である?息子が打てば、この髄膜炎のリスクが減るのであれば、承認次第すぐにでも接種させてあげたいです。
このBLNARの結果が出て、保育園に預けて息子に負担をかけている状態を脱する為に仕事を辞める決意をいたしました。親の都合でこうなってしまったなんて息子に申し訳なさすぎて、せめて今できる事(脱保育園と予防接種)をしてあげたい。
今後は近所のお友達とのお付き合いが始まるわけですが、このBLNAR保菌者?である場合は、他の子との接触はできないんでしょうか?1歳以下の乳児とのお付き合いはどのようにしたらよろしいですか?
教えていただければ、大変ありがたいです。
2007/01/09(Tue) 12:19 | URL  | ぐぐ #-[ 編集]
> ぐぐ さん

ありがとうございます。

ただ単に抗生剤の効き難いインフルエンザ桿菌というだけですから、隔離の必要は無いですよ。結核とかではないですから。

ワクチンはかかっても重症にならないようにするものですから、もう既に抗体がある子供にはワクチンの効果は低いでしょう。

お大事にして下さい。
2007/01/10(Wed) 01:16 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
お返事、ありがとうございます。
隔離とまでは思ってませんでしたが、耐性菌と聞くと怖いので他の子と遊ばせてはいけないかと思いました。アドバイスが聞けて安心できました。
菌というものは、どういう時に人に移るものなのですか?息子も保育園からもらってしまったはずなので、どのような状態で移るものなのかと疑問に思いました。
ワクチン、無意味なんですね。もっと早く受ける事ができたなら、インフルエンザ菌の中耳炎からも守ってあげられたのかなと思うと残念です。

今後このブログでも、中耳炎やその耐性菌についても話題に上げていただけたら、心強いです。
これからもいろいろな情報を発信していってください。お願いします。
2007/01/10(Wed) 14:44 | URL  | ぐぐ #-[ 編集]
> ぐぐ さん

ありがとうございます。

病原性のある菌がうつるのは、ウイルスと同じように、感染症時の咳とか、からが中心だと重いますが、もともと体には『常在菌』と言って、普段から細菌が住み着いています。

BLNARも感染時にうつってきて、常在菌化している事が多いと思います。

サルモネラ、などの病原性の強い細菌では、すぐに症状が出ると思いますが。

『中耳炎』、『耐性菌』については、また記事にしたいと思いますが、なかなか幅広く難しいので、もう少し待って下さい。

お大事にして下さい。
2007/01/11(Thu) 21:25 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
Hibの予防接種
はじめまして。
Hibの予防接種について調べていて、こちらのサイトを知りました。

結局今年の夏には販売と言われていたのに、その見通しも立っていないようで・・・。

近隣の小児科に輸入製剤でHibワクチンに対応しているところを探しましたが見つからず、都内のクリニックに問い合わせてみましたが遠方ということで断られてしまいました(当方埼玉に住んでいます)。

先生は埼玉県内でHibワクチンの接種を現在行っている医療機関をご存知でしょうか?

あと話しは違うのですが、当方“育児でゴキゲン?!”というサイトを運営しております。そちらのリンク集にサイバーキッズクリニックを入れさせていただきました。もし不都合がある場合はおっしゃってくださいませ。

またもし相互リンクしていただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。
2008/06/07(Sat) 16:05 | URL  | トンカツ #-[ 編集]
> トンカツ さん

ありがとうございます。
質問の答えは解らないですね。
ただ大きい病院なら対応してくれると思いますが、結構高いはずです。
お近くで御相談下さい。

リンクは構いません。ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
2008/06/10(Tue) 21:08 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
ありがとうございます
大小いろいろな病院に電話してみましたが、大きいほうが話を通さなければならないところが多くて(院内の倫理委員会みたいなもの?)、かえって小さいところのほうが院長の判断で出来るのかな?という印象をもちました。

とはいえ結局は実施しているところを見つけられなかったのですが・・・。

承認しているのだから早いところ販売できるようにしてくれればこんなふうに悩まなくて済むのにと国がうらめしいです・・・。
2008/06/14(Sat) 01:01 | URL  | トンカツ #eJp9m9U6[ 編集]
> トンカツ さん

ありがとうございます。
なかなか大変ですね。
お大事にどうぞ。
2008/06/17(Tue) 21:07 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
日本小児科学会がホームページを作ったのを知っていますか?私が救急病院で働いていると、よくお母さん、お父さんから子供を病院に連れて行った方がいいのか、というご相談の電話をいただきます。大切なお子さんですから、お母さん、お父さんがご心配になるのだと...
2006/12/31(Sun) 13:29:36 |  子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。