• 04<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



しつこいが、今回も 『医師不足』 、特に 『産科医不足』 
『お産難民』 関係のニュースである。

  『医師不足①②』『地方医療の崩壊』 
  『全国の8割 『産科医不足』 小児科、へき地医療も深刻』 なども参照。


 ↓毎日ポチッと応援宜しくお願い致します。
   

------------------------------------------------------------------------------

産婦人科医希望2割減 研修必修化以降、
  特に男性が敬遠

                                 asahi.com 2006.12.17
                 http://www.asahi.com/life/update/1217/007.html


全国的に産婦人科医不足が問題となる中、2年間の臨床研修を終え、今年度、
日本産科婦人科学会に入った医師は、これまでより、2割以上 減った
ことが16日わかった。学会のまとめでは、例年350人前後の医師が入会して
産婦人科で働いていたが、今年度は285人になっていた。
特に男性医師の落ち込みが激しいという。

臨床研修が04年度から必修化され、研修医は2年間、各科を回った後、
専門科を選ぶ制度になった。学会が02-04年度に国家試験に合格した医師の
学会入会者数を調べたところ、02年度346人、03年度366人だったのに対し、
研修1期生の04年度(今年度入会)は285人に減少した。うち男性医師は、
02、03年度は130人台だったが、04年度は82人しかいなかった。

こうした状況が続くと、お産を担う医師が、さらに不足するため、
学会は、医師勧誘のDVDをつくるほか、他の診療科に比べて高い訴訟リスクを
低くするために診療ガイドラインを整備する。
学会理事の吉川裕之・筑波大教授は 『出産に、男子医学生の立ち会いを
拒否するケースも増えており、希望者が減っているのだろう。女性医師を
活用した働き方を検討しなければならない』 と話している。

--------------------------------------------------------------------------------

小児科も足りないが、産科はもっと深刻である。

  『小児科医の新人、2県で0人 26都府県で減少』 も参照。


このような背景には、当然 『医師不足』 があるが、
産科の場合は、さらに 『福島事件』 『奈良事件』 も絡んでいる。

『福島事件』 は、本ブログ立ち上げ前の事件であり、本ブログでは、
取り上げた事がないが、今の 『お産難民』 のきっかけになっている。



福島事件
2006年2月18日、福島県立大野病院産婦人科の医師が逮捕抑留された。
この事件は2004年12月17日に起きた、帝王切開中の出血による患者の死亡に
関して、業務上過失致死罪および、異状死の届出義務違反(医師法違反)
の疑いがあるとする刑事事件である。医師は一人医師体制の下で通常通りの
帝王切開に臨んだが、『癒着胎盤』 という稀な合併症のために結果として
輸血が追い付かず患者が死亡した。
予測が不可能な合併症、一人医師という困難な状況下で発生した、
医療ミスでない 事故に対して逮捕が行われた事は産科医を動揺させた。
日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、各地の地方支部からも
医師逮捕に対する抗議が表明された。

産科医一人でのお産 は、訴えられる可能性がある、
24時間体制でお産を取り上げる頑張りはあまりに報われない、
という事で、これにより、産科を撤退した病院が増えた


そして、今年の 『奈良事件』 で とどめ となった。

 地方医療の崩壊
 『奈良の妊婦死亡問題』に対する個人的な意見』 
 医療機関整備で県外派遣産科医の撤収へ 参照。


歯止めがきかなくなってきている・・・。

何とか、良い風が吹いて欲しいものである。


さらに、『産科医不足、大阪の都市部でも深刻』 に続く。



 
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。