• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『咳が続く』 ために受診される事は多い。
恐らく 『発熱』 の次であろう。

今回は、『咳が続く時』 について、である。




 ↓毎日ポチッとお願い致します。
  

--------------------------------------------------------------------------------

そもそも、『咳』 とは、痰などの異物を体外へ排出するための
反射であり、全ての咳は生理的ともいえる。



しかし、実際、咳が続く事、咳がひどく出る事自体による体への悪影響も強く
(体力の消耗、睡眠不良、咳き込み嘔吐など)、見ている親御さんもつらいため、
ひどい咳は早めに治してあげたい所である。


しかし、『咳が続く』 には、実に様々な理由がある。


普通のカゼ、肺炎・気管支炎、副鼻腔炎などの 感染症
喘息、咳喘息、アトピー咳嗽などの アレルギー的な疾患
胃食道逆流症、気管支異物、心因性、薬剤性、結核、肺腫瘍・・・・。


咳の性状も 『湿性咳嗽』 (こもった咳、痰絡みの咳)、
『乾性咳嗽』 (乾いた咳)、などあり、強さ、持続期間、なども
様々である。


医学的には、3週間以上続く咳を 『遷延性咳嗽』
8週間以上続く咳を 『慢性咳嗽』 というが、
そんなに長い期間、病院にも行かず待ってる人は居ないであろう。


『湿性咳嗽』 は肺炎・気管支炎、副鼻腔炎、などの感染症で痰を伴う咳、
『乾性咳嗽』 は 『咳喘息』 『アトピー咳嗽』 などのアレルギーの咳に多いと
言われているが、『喘息』 でも、いわゆる 『カゼ』 でも
『湿性』 『乾性』 のいずれの咳をも呈する 事があり、
咳の性状だけで区別は難しい。



いわゆる 『湿性咳嗽』 は、『去痰剤』 を用いて 痰の排泄を促す
事や病態改善に伴い、咳も少しずつ治まる事が期待される。


感染絡みの咳は昼も夜も出る事が多い。


当然夜の方が若干多くはなるが、その差は少ない事が多い。


アレルギー的な咳の場合
夜間・朝方の時間帯、運動時・はしゃいだ時、
などに特に多く出る事が多い。



『喘息』については、
喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)が無いと
喘息の診断基準に当てはまらない。



『咳喘息』 という病態については、別項を参照して頂くが、そもそも、
どの程度の咳が喘息の 『発作』 に当てはまるのか、
明確な基準は無い。



家族にアレルギーの人が居る、本人にアレルギー体質がある、
咳が夜中・朝方に悪化する、天候の変化で悪化する、
梅雨時・秋に悪化する、気管支拡張剤で症状の回復が顕著、などがあれば、
喘息の可能性が高い。

 『喘息とは』 参照。


かつ、長期間咳が続く・同様のエピソードを繰り返す 場合には、
『喘息』 という診断として良いと思うが、
長く続いてない児・繰り返してない児では診断は難しい。


呼吸機能検査などの詳しい検査も小さいこどもでは出来ない。


しかし、『診断出来なければ治療出来ない』、と言ってる訳ではない。


まず治療を始めてみて、薬剤の反応を見て、診断に近付く事が多い。
(抗生剤の反応、気管支拡張剤・抗アレルギー剤の反応)


咳の薬については 『咳の治療について』 の所を、
咳については 『咳喘息について』 などの項目も参考にして欲しい。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。