• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



早くも12月になったので、クリスマス色に街が染まってきた。

しかし、公認サンタクロースが居るなんて、知らなかった・・・。

 『公認サンタクロース②』 も参照。

------------------------------------------------------------------------------

本物のサンタクロースが語る、世界の面白サンタ事情
http://www.asahi.com/shopping/special/xmas06_sa01.html

santa1
↑クリックすると拡大します。

『サンタは本当に居るんだよ!』 日夜世界中の良い子のために奮闘する、
『グリーンランド国際サンタクロース協会の公認サンタクロース』
パラダイス山元氏が語る、知られざるサンタクロース会議&世界のクリスマス事情


あなたはサンタクロースをまだ信じているだろうか。
この年でサンタ?バカな、と思うかもしれないけれど、サンタは存在する。
パラダイス山元氏はグリーランド国際サンタクロース協会公認 の
本物のサンタクロース なのだ。

世界各国には 現在129人 の公認サンタクロースがいる。
世界中から届く子供からの手紙に目を通したり、クリスマス当日、
病気で家に帰れない子供のもとを訪ねたりと、
世界中のよい子のために日夜働いているのだ。

『毎年夏にはデンマークで 『世界サンタクロース会議』 という
のが開かれて、世界中の公認サンタクロースが集結します。
会議に行くときは家から会場までサンタの服装です。
最初は成田空港で“なんでそんな格好をしているんだ”と、
止められて参りました(笑)』

世界サンタクロース会議では、どこを見ても赤と白のサンタ服を着た
サンタたちで埋まる。みんなで一体何を話し合っているのだろう。

『議題は年ごとに違いますけれど、
『女性サンタのスカートの丈が短かすぎる』 とか、
『トナカイの数が減ってきているから、
サンタが太っているとトナカイの負担 になる。
世界中のサンタは体重の10%のダイエットをするべきだ』
といったテーマが3日間会議の間、激しく議論されます。
たぶん世界一平和な会議でしょう(笑)』

世界の公認サンタクロースの男女比は、6:4 の割合と、
女性サンタクロースの数もけっこう多い。

『ドイツの夫婦サンタクロースは、夫が赤いサンタ服、妻が黒いサンタ服。
ドイツのサンタクロースはいい子にはプレゼントをくれるけど、
悪い子のところへは 動物の内臓 をベッドの上に置いていったり
という怖い言い伝えがあるんですよ。それから、クリスマスのごちそうは
日本ではチキンだけど、ヨーロッパは豚を食べます。
これは豚が山からプレゼントを体中に巻き付けてやってくるという伝説が
あるからでしょうね』

クリスマスの伝承、愉快なサンタ会議、今年のイブにはこんな話を
お子さんにして、クリスマス気分を盛り上げてみてはいかが?

------------------------------------------------------------------------------


公認サンタクロース
グリーンランド国際サンタクロース協会(本部デンマーク)が、
煙突登り、クッキーの早喰いなどの体力測定、HoHoHoの発声試験、
長老サンタクロースとの面接など、4日間に渡る過酷な試験を経て公認する。


過酷な試験・・・・?


現在、世界で180人 いるらしい。

毎年、真夏のデンマークで開かれる 『世界サンタクロース会議』 に、
自宅からサンタクロースの衣裳で向かい、公認サンタクロースの
ライセンス更新 が義務づけられている。
北欧には、女性の公認サンタクロースも多数存在する。


世界サンタクロース会議
santa2


日本人では、1998年にマンボミュージシャンのパラダイス山元が、
アジア地域から初めての公認サンタクロースとして認定された。


サンタクロースサイト
http://www.santaclaus.jp/index.html

日本人唯一の 『グリーンランド国際サンタクロース協会』 公認
サンタクロースである 『パラダイス山元』 さんによるサイト

『サンタクロースのお話』 、『公認サンタクロースになるためには』 、
などが書かれている。


サンタクロースは本当にいる

実際、北欧諸国にはサンタクロースが住んでいる村がいくつもあって、
有名な所では、フィンランドの『サンタクロース村』
スウェーデンの『サンタワールド』 などがある。
その他、ノルウェー、アラスカにもある。

これらの村のサンタクロースからは日本に居ながら、手紙をもらえる。


一度、サンタさんに会ってみたい。


今回の記事とは関係無いが、『サンタクロースはいるんだ』 も参照。




 ↓1日1クリックにて、更なる応援宜しくお願い致します。
   


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
サンタさん、見たことあります!
昔ホテルで働いている時に、お客様として来ていました。
夏だったので、半袖といういでたちで。
他のお客様がサンタさんと気付いて、近づいて行ったら、A4サイズの写真入りお手紙を貰ってました。
確かにそのサンタさんは太ってましたo(*^▽^*)oあはっ♪
2006/12/02(Sat) 07:05 | URL  | ダルマ #-[ 編集]
> ダルマさん

ありがとうございます。

ある意味、サンタさんは太っていないとサンタさんっぽくないですよね。

また何か質問があればどうぞ。
2006/12/02(Sat) 21:37 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
カナダでは「サンタさんに手紙を書こう」キャンペーンを郵便局がしているようです。手紙を書くとお返事がくるそうです。カナダの郵便番号はアルファベットと数字からなるのですが、サンタさんの住所の郵便番号はH0H 0H0(ホーホーホー)になっています。なんとこのサンタさん、手紙だけではなくe-mailも受け付けているそうです。日本から手紙を書いても返事をくれるかしら・・・。

http://www.canadapost.ca/personal/dec/santa/writesanta/default-e.asp
2006/12/04(Mon) 13:54 | URL  | kitty #-[ 編集]
> kitty さん

ありがとうございます。

カナダではそうなんですか?
サンタさんは、なぜ、HOH OHOなのでしょう?

またいろいろ教えて下さい。
2006/12/04(Mon) 21:47 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。