• 07<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『ギザ十』 の事について書いたので、ついでに他の硬貨の事も。

ただ、硬貨については、あまり詳しくないので、あしからず。


財布の中を見てみよう。



『1円』
少ないのは、昭和64年、平成11-14年

平成13年の1円硬貨は行枚数は約800万枚で、
平成2年の27億6800万枚の346分の1と少ない。

平成12年、14年の1円は5-7円、コインショップでは30円程らしい。 
未使用の平成12-14年の1円硬貨がコインショップでは、
『500円』 で販売されている事もあるよう。



『5円』
少ないのは、昭和24-28年、32-36年、42年、64年、平成12年

昭和32年のものの価値は、400-500円。
文字がゴシック体ではなく、楷書体(=通称:フデ五)の5円である。
コインショップでは1000円以上する事もあるらしい。

最近のものでは、平成12年で価値は30-45円。



『10円』
少ないのは、昭和26-34年、61年、64年

 『ギザ十』 も参照。



『50円』
少ないのは、昭和57-62年、平成12-15年

昭和35年は600円、昭和62年 は7000-8500円の相場らしい。



『100円』
少ないのは、平成13年、14年

平成13年は150円、平成14年は135-140円。



『500円』
少ないのは、昭和62年、64年

昭和62年は、1500円程らしい。

これは、1枚持っている。
実は、家庭教師をしていた 『少年Z』 からもらった。

時間があれば、『家庭教師 少年Z』 シリーズも読んで欲しい。
また、思い出したら。追加で書こうと思っている。


発行枚数などは、http://www.mint.go.jp/data/page01-1.html 参照。




 ↓FC2ランキングは病気ランキングで 1位 です。
  1日1クリックにて、更なる応援宜しくお願い致します。
   



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。