• 04<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



以前、何となく、『ギザ十』 を集めていた。

いつの間にか集めなくなったが、まだたくさん貯金箱に入っている。


『ギザ十、ぎざじゅう』 とは、現在の50円玉・100円玉のように、
硬貨の周囲にギザギザの溝が入った10円玉の事である。

そんな 『ギザ十』 は自動販売機が受け付けないことから、
『不便な硬貨』 という人も居るが、
希少価値のある硬貨として収集している人も多い。

『ギザ十』 が発行されたのは、
1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)までで、
発行されていない1956年(昭和31年)を除く、
7年間しか製造されていない

少ないといっても、およそ17億7千万枚が発行されていて、
希少価値が生じるレベルのものではないようである。

それでも 昭和33年の 『ギザ十』 は2500万枚と発行数が少なく、
希少価値がある。


発行枚数は、http://www.mint.go.jp/data/page01-1.html 参照。


なぜ、ギザギザが付いているのか?


金貨・銀貨といった貴金属を貨幣に使用した場合、
硬貨の周囲を削って売ったり、材料にしたりという事があったために、
周囲にギザギザをつけて削ると分かるようにしたためである。

今では、他の貨幣と区別するため と、
偽造防止 といった意味が大きいようである。

当時、最高金額の硬貨であったために、ギザギザが付いていたようである。

当時は、10円玉が硬貨としては最高金額であったが、
1955年(昭和30年)に50円硬貨が、その2年後には100円硬貨が発行され、
10円玉は高額硬貨の座をおりた。

ちなみに、記念硬貨には全てギザギザが付いているが、
昭和天皇在位50年記念硬貨のギザギザは、天皇・皇后両陛下の年齢である
75と73に、50を足した合計数、198個あるそうである。


『ギザ十』 の相場は、11-20円。

昭和33年のものは、50-70円 らしい。
コインショップによっては、100-200円になるらしい。


また集めてみようかな。
価値の追求ではなくて、何か楽しいし・・・。


その他の、希少な硬貨については、『希少硬貨』 参照。




 ↓FC2ランキングは病気ランキングで 1位 です。
  1日1クリックにて、更なる応援宜しくお願い致します。
   



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。