• 03<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



非常に理解し難い医療関連のニュースがあったので、紹介する。

-------------------------------------------------------------------------------


出産時事故:患者に『無過失補償』導入へ 民間保険を活用
                                   毎日新聞 2006.11.17
              http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news


政府・与党は17日、新生児が脳性まひで生まれてくるなど出産時の事故に関し、
医師の過失を立証できなくとも患者に金銭補償する 『無過失補償』 制度を、
07年度に創設する方針を固めた。
民間保険を活用、保険料負担は 医師 に求めるが、
負担増対策として健康保険から支払う、
現在35万円の出産育児一時金を2-3万円増額する。
新生児1人につき2000万-3000万円の一時金を補償する方向で調整する。
財源に関し、日本医師会は税負担を求めているが、
与党は 『国が直接関わる話ではない』 として、
親に支払う出産育児一時金を活用することにした。
一時金を増やせば、やがて 出産費がアップし、
その分医師の収入増につながるため、医師に保険料を負担してもらう構想だ。
民間保険会社に新たに 『無過失補償』 の商品を企画してもらい、
産科医が任意加入する形をとる。保険料の決め方などの詳細は今後詰める。
先天性異常の場合は、補償対象としない。
将来的には、自動車損害賠償責任保険のような強制加入
の制度に移行することを想定している。
政府は、出産育児一時金を37万円にアップすれば、医師全体で約200億円程度の
増収となり、事故一件につき2000万円の補償が可能になるとみている。
政府は補償金に税投入はしないが、民間保険会社の支払い審査、
原因分析といった事務費の半額、数億円を 『少子化・医師不足対策』
名目で税負担する。

医療事故に絡む民事訴訟件数は年々増えており、
04年は1110件と 10年前に比べ倍増 している。
なかでも産科(143件)は、件数こそ内科などに次ぐ4位だが、
医師1000人当たりでは 11.8件 と最も多い。
このことが 産科医のなり手不足を招いている、との指摘がある。
無過失補償をすることで、被害者の救済に加え、
医師不足対策にもなる というのが政府・与党の判断だ。

-----------------------------------------------------------------------------

理解不能な点が幾つかある。

『医師の過失を立証できなくとも患者に金銭補償する』 制度は素晴らしく、
大いに賛成 である。

患者さんの負担が少しでも減る制度をどんどん作って欲しい。

問題は、何故、産科医が保険を支払うのか、
何故 『国が直接関わる話ではない』 のか、である。

保険額の検討は付かないが、出産育児一時金を2-3万円増額するのなら、
その増額分をそのまま 『保険』 とすれば良いのでは無いか。

それが、『自動車損害賠償責任保険』 と同様なのではないか?

勤務医にとって、『分娩費の増収』 は、『産科医の給料増加』 ではない。
勤務医は、病院から給料を貰っている。
病院が保険を払ってくれるなら、それでも良いのかも知れないが。

産科医のモチベーションがまた下がると思われる。

『医師不足』 対策になど、なるはずも無い。


非常に忙しく、訴訟が多い、全く報われない 『産科医』 の成り手を
少なくしたのは、ほかでもない、『医師不足』、『地方医療の崩壊』 を招いた
行政のせいである。

 『全国の8割 『産科医不足』 小児科、へき地医療も深刻』
 『医師不足①②』『地方医療の崩壊』   参照。


そういう自分も、既に崩壊している 『小児医療・新生児医療』 に携わっている。



 ↓ぼちぼちと頑張ってます。応援お願い致します。
   

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
私も、制度そのものには、賛成ですが。
何故、産科医個人に負担させるのか、意味不明です。
だいたい、無過失なんですから。
悪くないんですよ、産科医は。

パイロットや電車の運転手は、自分で保険料を払っているんでしたっけ。
2006/11/20(Mon) 21:09 | URL  | Dr. I #sSHoJftA[ 編集]
> Dr.I 先生

いつも、ありがとうございます。

制度は良いのですが、行政は患者さんにとって良い方法をもっと考えられないかと疑問です。

またお願い致します。
2006/11/20(Mon) 22:33 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
出産時事故が起こった時に患者に金銭補償をする「無過失補償」というのが、産科の医師負担で導入されそうですが。騙されちゃいけませんよー。医者が保険料払うんだから、私には関係ないや、なーんて思ったら駄
2006/11/20(Mon) 21:30:00 |  健康、病気なし、医者いらず
出産予定日を計算する方法ってどんなのがあるか、色々調べてみました(笑)少しでも妊婦さんのお役に立てたらと思っています。
2006/12/21(Thu) 16:46:11 |  出産予定日 計算法あれこれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。