• 01<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『咳』 には様々な原因がある事は、『咳が続く時』 で触れた。


診断は難しいため、まず治療を始めてみて反応を見る事も多い、と述べた。

喘鳴が無く、咳のみの場合、『喘息発作』 なのかどうかの区別も難しく、
また 『咳喘息』 という病態もある。

特に夜間の咳の場合は、気管支収縮によるのか、痰によるのか、
鼻水が喉の奥に流れ落ちる事によるのか、などの区別は難しい。


では、『咳』が出る時にどういう治療をするか。


『武器』 としては、
『抗生剤』  『気管支拡張剤』  『去痰剤』
『鎮咳剤』  『抗アレルギー剤』
 などがある。


『抗生剤』 は、ばい菌に効く(カゼ=ウイルスには効かない)。

いわゆる 『肺炎・気管支炎』 という状態になれば高い熱が出るが、
『百日咳』  『副鼻腔炎』 などでは熱が出ない事も多い。


『マクロライド系』 と言われる苦い系統の抗生剤は 『マイコプラズマ』 にも効く。


『マイコプラズマ』 とは、
ばい菌とウイルスの中間のような病原体で咳症状が強く出る事が多い。

熱は出る事も出ない事もある。


感染絡みの咳の場合は、抗生剤の恩恵が被れる。



『気管支拡張剤』 には、
交感神経作用剤(β刺激剤)、テオフィリン製剤、などがある。


β刺激薬には、ホクナリンテープ、吸入薬などがあたる。

 『β刺激剤について』 参照


テオフィリン製剤は副作用の問題があり、小さいこどもには使い難い。

 『小児でのテオフィリンについて』 参照。


『去痰剤』 (痰切り)、『鎮咳剤』 (咳止め)は、
いわゆる 『カゼ薬』 の仲間に入っている。


カゼやばい菌などによる感染絡みの咳は、『去痰剤』 を用いて、
痰の排泄を促す事や病態改善に伴い、咳も少しずつ治まる事が期待される。


脳に作用するタイプの強い 『鎮咳剤』 は小さいこどもに使う事は少ない。



『抗アレルギー剤』 には、
『抗ヒスタミン剤』  『ロイコトリエン受容体拮抗薬』 などがこれに含まれる。


特にアレルギー的な要素の強い咳の場合、
オノンなどの 『ロイコトリエン受容体拮抗薬』 は良く効く。

副作用も極めて少ない。

 『ロイコトリエン受容体拮抗薬について』 参照。




さて、夜間の咳が続くこどもが受診されたとする。

熱があれば、感染絡みの咳である。

感染絡みの咳は昼も夜も出る事が多い。

当然夜の方が若干多くはなるが、その差は少ない事が多い。


アレルギー的な咳の場合、
夜間・朝方という時間帯、運動時・はしゃいだ時に、特に多く出る事が多い。

過去に同様なエピソードを持つ事が多い。

いつものカゼの時より熱が続く、咳が多い時にはばい菌を疑い、
『抗生剤』 を飲んでもらう。



ところが、初めてこんなに咳が続く、
家族・本人にアレルギーがはっきりしない、熱も無い、

となると、なかなか診断は難しい。


そうなると、上記の薬を試してみて、咳の反応を見るのだが、
全部飲んだら何が良かったのか分からない。

また小さいこどもは、薬自体も苦手である。



カゼの咳なら 『去痰剤』 位で待てば治る。

ある意味、『時間薬』 であり、薬を飲まなくても治る病気とも言える。


気管支炎などのばい菌などによる痰の咳なら、
『抗生剤』 『気管支拡張剤』 『去痰剤』 『鎮咳剤』 などで治療すれば、
少しずつ咳は改善する。


それで、なかなか治ってこない時に 『抗アレルギー剤』 を追加する。

アレルギーによる咳の場合だけでなく、
気管支炎などで既に気管支が傷んでしまって、
気管支のむくみがあるような場合、

『抗アレルギー剤』 による抗炎症作用・気管支拡張作用は効果が高い。

『抗アレルギー剤』 『気管支拡張剤』 が効くから 『喘息』 という訳では無い。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
咳について
先生、この前はリレンザのことについていろいろ教えていただきありがとうございました。咳が続く咳喘息についていろいろこちらでも書いてあるので参考にさせてもらっています。中学1年の息子ですが、小学6年の秋よりずっと咳が続き、冬場寒い体育館で運動したりすると咳き込むなどの症状で、現在喘息の治療中です。なかなか全く症状がでない、などのきれいに治る状態にはいかずに、今また風邪を引いてまた悪化。これからも長い付き合いになるのかな、と不安にも思っています。いろんな情報をこちらから見ることができ助かっています。かんばってください!
2007/05/19(Sat) 18:03 | URL  | カレン #-[ 編集]
> カレン さん

ありがとうございます。
咳はいろいろな原因があり、なかなか診断するのは難しいものです。
お役に立てて光栄です。
お大事にして下さい。
2007/05/20(Sun) 23:17 | URL  | ドロロンえん魔くん #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/03(Sat) 11:10 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。